【実践!ビジネス書】こんなレベルの低い人と話したくないなと思ったら…

こんにちは!ラクです。

あなたもやっぱり…仕事をラクにして、トクしたい?

話題のビジネス書を実際に使ってみたので、どんな感じだったかを教えるよ!

今回は…仕事で知らず知らずのうちに頼ってる「直観」をちょっと見直す話…!

「頭に来てもアホとは戦うな!

(朝日新聞出版発行、田村耕太郎著)

カンタンな自己紹介

端的には、顧客のためにマニュアルやKPIを組んで、オペレーションを回す役割。

私自身はプレイイングマネージャ―。直属の部下が3人(日本人・中国人・ベトナム人)でも実際に動かしているのは100人規模。

欧米含め色々な国のオペレーションをまとめて、貿易関係のパフォーマンス管理をしてる。

 

この本を買った理由

うーん…刺激的なタイトルだったから(笑)

「頭に来てもアホと戦うな」って…

 

おそらくなんだけど、「アホと戦うな」というタイトルを見て、

自分の職場環境に置き換えてイメージをした人は多かったはず(笑)

 

アホって… あぁ、うちの会社のxxxか!

 

…みたいな(笑)

 

…で、大体確かにそういう「アホ」のせい困る経験をした人は多いよね。

 

なんであんなの人の気持ちを考えることができないんだろうとか、

なんであんなに自分勝手なことばかりするんだろうとか。

 

本書で取り上げている「アホ」の定義とは…

意外と組織で幅利かせる人。

 

そして、そこそこ組織の上から気に入られているというか…

あんまり自分にとっても無視できない存在。

 

さらに…

自分のことを嫌っている人。

 

Gaaan
Gaaan
お…おるなぁ、そういうヤツ…なんでなんやろなぁ
ひとつは…こちらも相手のことを良く思っていないことを見抜かれているということもあるかもですねー…
Raku
Raku

ただ…

実はこの本を読んだ後、ちょっとだけこういった人たちが自分の周りにいたことに

少し感謝する気持ちすら出てきた。

まずちょっと…これまでの自分を振り返ってみるよ…

これまでの自分①

一番こういうアホに対して自分がやりたいこと…

攻撃するっていうのもまぁあるけど、

どちらかっていうと個人的には「無視したい

 

もうこのアホと関わりたくないから、放っておこうって。

こちらからは積極的には話しかけないようにする。

特に若いころはそうだったなぁ(笑)

 

でも、この本を読んで改めてやっぱり思ったんだけど…

完全な無視は、逆に相手に「攻撃」として捉えられてしまう。

そうすると余計に関係が悪化してしまうんだよね~…

しかし会社ってのは厄介なもんで。

働いている限り、その人のことをこれからも避けて通れない。

関係が悪化すると、仕事がやりにくいことこの上ない…よね。

これまでの自分②

その「アホ」と自分を無意味に比較してしまうがゆえに、

当然相手の悪いところばかり目についてしまう。

 

しかし…自分にとって無視できないってことは、

相手は自分にない能力を持っている可能性がある。

まぁ…中にはあまり褒められたものではないこともあるんだけど。

 

たとえば、陰でコソコソと誰かの悪口を言って周りの共感を得て、

自分の信用を高めていくようなやり方だったり…

 

あるいは組織の上の人に気に入られるために、

うまくその人のコメントに乗っかるような行動を取っていたり…

どれもこれも…「オマエ自身の能力じゃねーな!」って思う…

だからマジメでプライドの高い人ほど、余計に腹立つことが多くなっちゃう。

(自分もそうだった……恥ずかしい)

 

だからこそ、余計に関係が悪化しやすいんだろねぇ。

 

これまでの自分③

ちょっと自責の念も込めて…(笑)

自分の役職が上がってたり、いくつかの成功を収めると、周囲の環境も変わってくる。

 

自分にあまり真っ向から意見してくる人もいなくなるし、

自分のことを頼ってくるような人も増えてきたり。

 

そうすると、何だか色んなことが急にめんどくさくなる。

そんなこと、無い?(笑)

 

例えば、

こんなレベルの低い人と話したくないな」とか、

こいつ全然分かってねぇな」とか、

そもそもこの仕事が自分に向いてないんじゃ」とか。

 

まぁ最後のは… ホントに向いてない可能性もあるんで何とも言えないけど。

 

自分の妙なプライドの高さが、自分のモチベーションを勝手に自分で下げていたり…

本来であれば努力しないといけないのに、それをしなくなってきたり。

 

妙なプライドが、怠け癖になり…

怠け癖が、自己否定を避けるようになり…

自己否定を避けると、事実が見えなくなる。

つまり、直観に頼った判断になりがちなんだよね。

 

でも直観って結構間違ってるというか…

自分にとって都合のいい解釈になること、多いよね。

 

なので、自分が「アイツ、アホだな」って思っていても、

そもそも自分自身の直観が、アホな直観になってないか

 

いや…厳密には、

直観ってアホなんです。

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
そんなアホアホばっかり言わんでも…
なんか気が抜けてきますよねw
Raku
Raku

自分の役職なんて…タイミングと縁だし、

自分の成功だって、運と周りのサポートがあってこそだったはず。

自分だって大したことない。

これまでの自分を振り返ってみたとき、自分に当てはまる部分があるなぁと反省。

 

気を付けてること3つ

私の中に在る大事な信念は、「仕事をラクにしてトクすること

でもそれは決して、避けて通れない人を無視し続けたり、褒められたやり方をしていない人を非難することだったり、アホな直観に頼ることじゃない。

 

むしろ…逆なんだろねぇ。個人的に気を付けてること3つはこんな感じ。

 

①無視は止めよう。でも感情の入ったやり取りは面倒だ。事実ベースや第三者を交えて話そう。相手の知りたそうな事実を積極的にあげるようにして、「いつでも話ができる」関係は保とう。

②非難することは止めよう。自分基準で相手の価値観を非難することに意味はないし、答えも出ない。時間がもったいない。基本スルーだ!

③直観に気を付けよう。特に自惚れた直観になってしまっていないか。特に頭に来た時、直観で返答するのは危ない。ちょっとカッコ悪くても、後で返事するようにした方がいい。

 

逆にこれらが出来ていないと、仕事がしんどくなってくる。

Raku
Raku
頭に来た時戦うべくアホは、自分かもってことですかねー
ガーーーン・・・・・・
Gaaan
Gaaan


今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

大人も楽しみながら頭を鍛えられる!


買っちゃった本、おいしく売っちゃいたいなら…


 

そもそも本を読むのも面倒なら…


 

Follow me!