部下を「ブランド化」して仕事をラクにする!

こんにちは!ラクです。

今回は…部下の「ブランド化」が仕事をラクにする…という話!

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
なるほど。部下に高級なものを買ってあげて、モチベーションを上げようと…

 

全然違います(汗)
Raku
Raku

 

まずは…よくある逆のケースを見てみましょう。

 

よくある「逆ブランド化」
●あいつは頭の回転が遅い。

●あの人は英語が下手。

●彼女は人付き合いがうまくない。

●彼は何かと批判ばかりする

 

Gaaan
Gaaan
う、うーん…これは残念な例やな。でもまぁ「逆」を出してくれて分かったわ。つまりは「いいイメージ」を売り出していくってことね

 

はい!そのとおりです!
Raku
Raku

 

まぁここでは「逆ブランド化」という言い方をしましたが…

つまりは「レッテルを貼る」というやつですね。

 

これは…マネージャーが自分の部下に対して時々やりがちです。

 

でも、自分が逆にレッテルを貼られたら…嫌ですよね?(笑)

 

だって・・・

必ずしも他人が貼ったレッテルが正しいとは限らないから。

 

いや、むしろ多くの場合、誤解や早とちりだったりしますよね。

自分が相手にされるとそれを否定したい!

 

でもなぜか…

いつの間にか自分がその「レッテルを貼る」側に回っている…

これは悲しいですね。

なぜレッテルを貼る?

 

ビジネスの世界では、いわゆる「以心伝心」はほぼあり得ません。

 

しかも表面的に発せられる言葉の「裏」に、

何があるかを読み取ることは非常に労力を使います。

 

そもそも…「裏」を読もうにも、お互いの過去の経歴や現在の状況、

将来のビジョンなどが全く異なるということがほとんどです。

 

例えば・・・

以下のひとつの箱について、Aさんは「A」という側面しか見えていないと仮定します。

そしてBさんは「B」という側面しか見えておらず…Cさんも同様だと仮定します。

そうすると、実は三人とも同じ箱について話をしているのに…

 

●Aさん=「これは太陽のマークが入った箱だ!」

●Bさん=「いやいや、これはスマイルマークの入った箱だ!」

●Cさん=「えー…これは月のマークが入った箱でしょ…」

 

…となってしまいます。

 

ビジネスでは残念ながら結構こういうシチュエーションが存在します

不毛なんですけどね(笑)

 

特に「人のこと」に関しては、多面的に見るのは意外と難しいです。

 

しかもマネージャーは…

仕事が出来る人間か」「出来ない人間か」という非常にシンプルな括りで人を見てしまうことが圧倒的に多いので…

余計に多面的に見ようとしません。

 

その結果が…

マネージャーによる部下のレッテル貼り

…になってしまいます。

「逆」ブランド化の重要性

 

ここからが大事!

 

よーく考えてみてください。

自分の部下に悪いレッテルを貼るということは、

要は対外的にも「あいつの部下は無能だ」みたいな感じで広まってしまいます。

 

挙句・・・

 

あなたのチームは無能

 

…という風に結論付けされてしまう可能性をはらんでいます。

そうすると、結果として自分にとって不都合な状況を生み出しかねません。

 

自分が部下に貼った悪いレッテルが、

いつの間にか自分にとって悪い状況を生み出してしまう…

 

ぜひここで自問自答したいのは…

 

部下それぞれ良いところがあるのにも関わらず、それをちゃんと全面に出して、周りにアピールしていないのでは!?

 

Gaaan
Gaaan
ぐはっ!

 

これはマネージャーとして耳が痛い人、きっと多いですよね…
Raku
Raku

 

部下のブランド化をしよう!

 

部下を悪く言うことで、自分を追い込んでしまわないためにも…

ぜひ部下のブランド化を始めていきましょう!

 

もし性格的に部下の「悪いところ」が目に付きやすいのであれば…

その逆を是非考えてみましょう

 

部下のブランド化

●あいつは頭の回転が遅い➡じっくり物事を考える研究者タイプ

●あの人は英語が下手➡苦手なんだけど頑張って話そうとする努力家

●彼女は人付き合いがうまくない➡数字を扱うことがとても得意

●彼は何かと批判ばかりする➡物事の両面をよく見てる

 

…という具合に。

 

Tokuko
Tokuko
ちなみに…「あいつはよくレッテルを貼るやつだ」っていうレッテルを貼られてたら、それはどうブランド化するん??

 

うーーーん…「あの人はそれだけ人に興味があって、人のことを良く見ている」…ですかね…
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
な、なるほど…物は言いようやな…

 

ほんの少しだけでも視点をずらすだけで、

物事の見方が大きく変わります。

 

そしてそれを他の人に積極的に伝えていくことで、

その本人自体にもゆくゆくは間接的に伝わり、本人の自信にもつながっていきます。

 

原石をうまく見つけ、磨いて、ちゃんと「売る」ことも忘れずに!

 

 


今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

Follow me!

部下を「ブランド化」して仕事をラクにする!” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。