会議の冒頭のコメントの絶大な威力!8つのテクで先制攻撃!

こんにちは!ラクです。

今回は…会議の冒頭のコメントの絶大な威力!8つのテクで先制攻撃!…という話!

 

 

例えば、会議で皆さんに話してほしいなと思って…

 

「なんでも話してくださいね!」

 

…って言ったところで…

 

なんか余計にしゃべりづらい空気になってしまう…

そんなご経験、ありませんか?(笑)

 

Gaaan
Gaaan
まぁ・・・これはあるな・・・
・・・・
Bow wow
Bow wow

 

Gaaan
Gaaan
あ、人事のバウさんか。ラク先生、バウさん何が言いたいか分かる?
君がいるだけで会議で話しづらそーだなって・・・
Raku
Raku

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
やかましいわ!そんなこと無いわ!

 

大事なのは冒頭!

 

なぜ冒頭が大事かと言うと・・・

 

そこでその会議のルールが全て決まるから

 

なので、ちゃんとルール作りを行うこと!

それがその後の会議の「話しやすさ」にも直結します。

 

では冒頭で何を話せばいいか…

 

それはズバリ以下です!

 

8つの先制攻撃!

1.今回の話し合いの目的はxxxです。

2.多数決などはしません。

3.場に出た意見は否定しないようにしましょう。

4.すべての人の要望には応えられないかも知れません。

5.すべての意見を踏まえ、私が最終的に決定します。

6.ではまず、皆様が過去に聞いたことや見たことを教えてください。

7.教えていただく際には、ポストイットを使ってください。

8.1~2分くらいでお願いできますでしょうか?

 

それぞれについて説明しますね!

 

 

目的を話す

たとえ会議に皆さんを招待したメールの件名などに書いてあったとしても、

再度会議の始まる時点でまず目的を伝えれば、そこで空気が引き締まります。

逆に言うと、

なんとな~くダラダラと始めてしまうのはNG!

 

「これから会議が始まりますよ!気を引き締めて!」

…っていう代わりに、目的を話す感じです(笑)

 

多数決にしない

皆さんのアイディアを聞きたい会議にも関わらず、何かを決めるときには多数決…

そんな風にしてしまうと、結局場の空気が「多数派」に流れがちになってしまいます。

 

なので、会議の冒頭でしっかりと「多数決にはしない」ということを伝えておくこと。

あくまで個人個人の考えを聞きたいんだという意思表示にもなります。

否定しない

たとえ「言いたいことを言って欲しい」会議であったとしても…

他の人の意見の粗を探して、そういうことばかり言う…

そんな風にすると会議全体の空気が悪くなりますよね。

 

さらに「否定する」ことを誰かがしてしまうと、

それを見ている他の人たちも、「自分も否定されるかも」と感じ取って、

それが発言を抑止してしまいます。

 

会議の主旨から完全に逸れてしまいますね。

 

なので、「否定的な表現、禁止!

 

要望について

会議で意見をたくさん出してもらうということは…

「こうしたらいいのでは?」「こんな風にしたいです」など…

個々の希望や要望などもたくさん出てくるもの。

 

でも、当然全部を行うわけにはいきません

 

後々…「あれだけ発言したのに、自分のアイディアが全然採用されなかった!」って、

へそを曲げられてしまうかも??

 

なので冒頭でちゃんと、「全部はできませんよ!」って、言ってしまいましょう(笑)

最終決定について

たくさん意見が出た後で、もちろんそこには「派閥」が出てきます。

カンタンな例を出すと、賛成派・反対派・保守派・革新派…などですよね。

 

…でも結局そこで、どういう決断を下すかというのは、

マネージャーが決めること

 

もちろんその会議の場で判断する必要は無いですが、

「最終的にマネージャーが決めたこと」については、

組織として従ってもらう必要があります。

 

後になって、「私、あの会議ではその案には反対って言いましたよね?」と言って従わない…

そういう空気にしないためにも、会議の冒頭で

私が最後には決めます」って言ってしまうこと!

 

過去に見聞きしたこと

これをまず皆さんに聞く目的としては・・・

 

「皆さんはどう思いますか?」とか、

「ご自身はどういう経験をされてきましたか?」とか、

 

そんな風に本人の意見や経験を聞くのは、

発言のハードルがちょっと高い・・・

 

やっぱりそこでいきなり自分自身のことを暴露するということになると、

当然周りの反応も気になります。

 

なので、ご本人自身のことではなく、

あくまで過去に聞いたことや見たことなど、第三者的な観点から発言できる内容にすれば、話しやすくなります。

 

 

ポストイット!

皆さんにちゃんとご意見伺うには、やっぱりこれ(笑)

 

逆に言うと、

「最初から挙手などの発言形式にならないように」

…ということ。

 

会社の会議では特にパワーバランスがあります。

当然、力のある人が発言してしまえば、周囲はやっぱりそれに対して気遣ってしまい、

いいアイディアがあっても発言できずに終わってしまったり。

 

アイディアを気兼ねなく出してもらうには、まずポストイットに書いてもらう。

 

そうすれば、手元にあるポストイットに書いた内容をそのまま話してもらうので、

他の人の意見に引っ張られることなく、発言してもらえます。

 

また・・・このように、「まず皆さんの話を聞く」というのも実は狙いです。

たとえば、いきなり理論の話をしたり理想論を語ったりすると、反抗的に

 

やっぱり人間誰でも、「人に言われたことに、すぐに従いたくはない」(笑)

まずは全員が考えていることを「共有」するのが大事です。

 

考えるのは1~2分

これはもちろん、悶々と考えるのに会議の時間を長々とは避けない…というのもありますが。

「長く考えて出たアイディアが良いか」というと、必ずしもそうではない(笑)

 

むしろ逆に、短い時間で集中して出してもらったアイディアの方が、よっぽど良質なことが多いんです。

 

だから、ちょっと皆さんには脳の負担にはなってしまいますが、

効率の良い&効果の高い会議にするために、ご協力をお願いしましょう(笑)

 

まとめ!

 

こういったことを踏まえて、ぜひ以下を会議の冒頭で皆さんに話してみてください!

もちろんそのときの状況に応じて、追加・削除・修正していただいて結構ですよ!

 

8つの先制攻撃!

1.今回の話し合いの目的はxxxです。

2.多数決などはしません。

3.場に出た意見は否定しないようにしましょう。

4.すべての人の要望には応えられないかも知れません。

5.すべての意見を踏まえ、私が最終的に決定します。

6.ではまず、皆様が過去に聞いたことや見たことを教えてください。

7.教えていただく際には、ポストイットを使ってください。

8.1~2分くらいでお願いできますでしょうか?

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
ここまで冒頭で言われると…「あ、このマネージャー準備してきたな」って思われるな…
そうですね(笑) でもそれがちゃんと会議の空気を引き締めることに繋がって、効率的な会議に出来ますよ
Raku
Raku

 


今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!ラクとトクコの順位は以下から!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら10日間無料お試し…

 

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

Follow me!