決断の負担をラクにするコツ

こんにちは!ラクです。

今回は‥‥決断の負担をラクにするコツについてです!

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
うーーーーむ・・・
どうしました、トクコさん。お悩みですか?
Raku
Raku
Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
今、部下の人から「すぐに決断しないといけない問題がある」って迫られてて…
なるほど…それはそれは…
Raku
Raku
Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
ラク先生、代わりに決断してくれへん?
え!?わ、私が??なぜ…
Raku
Raku

実際、このように決断に迷うとき…

 

何を基準にしていいか判断が難しかったり…

 

そもそも正しい決断ができるかどうか、不安に思うことってありますよね。

複数の根拠を持つ

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
ふ、複数の根拠…?
そうです。まず視点を変え、その視点での根拠を探すことです
Raku
Raku
まず、「時間軸」から捉えてみます。

例えば、こんな形…

 

例を使ってご説明しますね。

 

まず、「今の問題」として、「東京で品物の配送が遅れていた」とします。

顧客は怒って、遅延損害金を払えと迫ってきています。

最近の類似の問題:千葉でも別の顧客への配送が遅れていた
将来の同じ問題:同じ地域で配送が遅れるかも
将来の類似の問題:他の地域でも配送が遅れるかも
Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん。なるほどなぁ…ちゃんと遅延の根拠を調べて決断しないと…
そうですね。今回迂闊に払ってしまうと全ての顧客に払わないといけなくなりますね
Raku
Raku

この例では時間軸を主にしましたが…

状況やトレンド、

関わる人間、

心理状態など…

様々な要素が複雑に絡み合います。

 

自分だけの視点や考えなどに縛られないようにすることがカギです。

 

他にも例を挙げますとこんな感じ・・・

先程の配送遅延の例を使って、ここでも考えてみます。

上司の考え:損害金は払うな。他にも払わないといけなくなる。
会社の戦略:今は顧客満足度が最優先。多少ならOK。
業界の傾向:市場は飽和状態。顧客の奪い合いが起こっている。

どうでしょうか・・・

Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
別の視点を持つと全然違うな!
やっぱり意識的に見ようとしないと、見えないものなんですよね…
Raku
Raku

もちろんこの4つの視点すべてが一致するわけではありません。

 

ただし、多くの場合、決断をする際には「外枠」が大事です。

なぜなら内枠は、結果的に外枠に含まれるからです。

それを考えていないと、事後的に修正を迫られることにもなりかねません…

特にマネージャーの決断というのは…

将来的起こる同一あるいは類似の問題について、

部下の方々の「前例」となり得ます。

決断を取るときは、それが「良い」「悪い」の観点で捉えるのではなく…

大きな「流れ」をつかむことが大事です。

曖昧さを享受すること

毎回考えるのは面倒なものの…

その場にあった最適な答えを探すということは大事です。

例えば…

常に顧客の電話が鳴り響くような慌ただしい部署においては、

毎回適用できる便利な答え」を欲しくなりがちです

それがラクだから(笑)

でも…

会社への影響が大きい案件については、決断に必ずしも正しい答えがない

そういう曖昧な状況を享受し、都度考える必要があると知っておく必要があります。

特に「現場」から離れて「管理職」の仕事になればなるほど、

曖昧さや不透明さを受け入れないといけない仕事は多くなりますしね。

✅ 今起きている問題を一歩引いてみて、上位概念を考える
✅ 決断には、複数の根拠や軸を持つとベター
✅ 曖昧さを享受し、案件の大きさによっては都度考える

 

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしこのブログが少しでもお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

皆さまのお役に立てるブログを配信していきたいと思っています!コメントもお待ちしております!
Raku
Raku

》コメントはこちら

Bow wow
Bow wow
以下から他のコンテンツも…見てね
社内研修はホントにおトクか…?
◆仕事を任せる部下を選ぶとラク
◆フィードバックのコツを知ってトクする
◆仕事にモットーを持つとラクになれる
◆「私のアイディア」を「みんなのアイディア」にすると部下は動く