モヤモヤと決断に悩むストレスをラクにする!

こんにちは!ラクです。

今回は‥‥モヤモヤ決断に悩むストレスをラクにする!…という話!

 

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
うーーーーむ・・・

 

どうしました、トクコさん。お悩みですか?
Raku
Raku

 

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
今、部下の人から「すぐに決断しないといけない問題がある」って迫られてて…

 

なるほど…それはそれは…
Raku
Raku

 

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
ラク先生、代わりに決断してくれへん?

 

え!?わ、私が??なぜ…
Raku
Raku

 

マネージャ―やリーダーである限り、原因や理由、背景など、そういった情報が不足しているにも関わらず、決断を求められる場合があって、辛いですよね…

 

実際どういったケースがあるか?

結論から言うと、出来ることであれば、決断に必要な情報がしっかり集まるまで…

最終決定しないことをおススメします。

 

でもどうしても決断がすぐに必要になる場面ってありますよね。

例えば、こんな時…

 

現状: 品物の配送が遅れているが原因は不明。顧客はすぐに遅延損害金を払えと迫ってきている

 

検討要素: 原因は分からないが、支払いに応じるか応じないか?

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…これはやっぱり顧客に迷惑をかけているから、払った方がいいのでは…?

 

そうですか…その理由は…?
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!?だって実際迷惑かけてるんやろ??

 

まぁ迷惑かけてるといえば、かけてるんですけどね
Raku
Raku

 

決断のための根拠その①

 

一つの考え方としては…関係者にフォーカスする。

例えば・・・。

顧客の考え:さっさと損害金を払ってほしい
上司の考え:損害金は払うべきではない。他にも払わないといけなくなるから。
会社の戦略:今は顧客満足度が最優先。多少ならOK。
業界の傾向:市場は飽和状態。顧客の奪い合いが起こっている。

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!?なんか上司だけ考え方ズレてへん??

 

まぁこういうことも良くありますよねー…( ;∀;)
Raku
Raku

 

もちろんこの4つの視点すべてが一致するわけではありません。

ただし…多くの場合、決断をする際には外枠」が大事!

 

図に示すとこんな感じ… 

(図では「あなたの考え」となっていますが、ここは顧客の考え方でもOK!)

個別の事案として決断の根拠を見出すのではなく、より大きな観点から今の状況を俯瞰する

 

つまり、外枠を意識すること。

 

結果的に内側にある事柄は、外枠に含まれることになる…

そういうイメージを持っておくことが大事です。

 

決断のための根拠その②

 

一方で、全く別の観点から、この問題を見てみましょう。

例えば「時間軸」で捉えたとします。

 

以下3点を考えることにしてみましょう。

 

最近の類似の問題:別の顧客への配送が遅れていることは分かった
将来の同じ問題:同じ顧客で、他の配送が遅れるかも
将来の類似の問題:他の顧客への配送も遅れるかも

 

今回「損害金を払う」ということは、あくまで「個別案件」ではあるのですが…

その決断自体が結果として「将来の類似の問題に対する決断」にまで影響を及ぼしかねません。

 

極端な話、今回「損害金を払う」という決断を下してしまうと、

将来的に類似の問題が発生した時に、

 

「あぁ、あの時、払ってしまった…今回断りにくい

 

 

…という状況に自分で自分を追い込んでしまいかねないかも…

これも先ほどと同じですが、図に表すと以下のような感じ…

 

どういう決断を下すか?

Gaaan
Gaaan
えぇ!?じゃあさっきの上司の判断は正しかったと??結局払うん?払わないん?

 

あ、いいツッコミですね(笑) ここでは「何が正しかったか」なんて分からないんです。
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
はい!?どういうこと??

 

だって情報も不足しているじゃないですか…(笑)そんな中で、いかに自分の決断に妥当な根拠を見出すか…そういう話なんです。
Raku
Raku

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
う・・・うーん…情報が足りない中で決断する方法なぁ…

 

 

ロールプレイ

 

Raku
Raku
では今回はトクコさんにロールプレイをお願いしましょう
えぇ!?今、答えはないって言うたやん??
Gaaan
Gaaan

 

Raku
Raku
大丈夫です。正しい答えは無いですが、今回はこのテーブルがヒント!

 

 

な、なるほど。それぞれの観点で方向性を出すか…じゃ、じゃあ例えば、「今回分の遅延はお支払いしますが、次回以降はお支払いいたしかねます」とか…?
Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)

 

Raku
Raku
いいと思います!そして、そのトクコさんの主張の「根拠」も、上のテーブルでしっかりしてますよね!

 

結論

ちなみに…

この例では「自分の中での根拠」のために「関係者」と「時間軸」を主にしましたが…

 

状況やトレンド、関わってくる他の会社、心理状態など…

実際には様々な要素が複雑に絡み合うもの。

 

必ずしも「関係者」と「時間軸」が軸では無いんです。

 

なので、「根拠の軸」をまずは探してみてください。

 

そのうえで、決断に大切なのは、

ひとつだけの根拠だけにとらわれないようにすること!

 

できることであれば、2~3のこういった複数根拠は、ぜひ考えてみてくださいね!

 

これさえできれば、あなた自身の気持ちも、「モヤモヤ」から「スッキリ」に変わり、

ストレスもグッと小さくなりますよ!

 


 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら10日間無料お試し…

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

Follow me!