「残業無し」を推進する会社は、ホントにいい会社…?

こんにちは!ラクです。

今回は…残業無しを推進する会社は、ホントにいい会社…?…という話です!

 

Tokuko
Tokuko
あたしの場合、仕事しないで帰ろうとする部下は「明日早く来るんやんね?」って嫌味っぽく聞いてんで
ははは。まぁそれくらい言うのがマネージャーとしては大事かも知れませんね。
Raku
Raku

 

残業無しによる弊害

 

残業を減らすことによる「メリット」…は、

ワークライフバランスや、労働費削減、

無駄な仕事を効率させるため…など、

色々挙げられますよね。

 

しかし、残業無しということを促進することによる弊害も当然あります。

 

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
あー…確かに。中には「私、この会社は残業無いって思ってたんですけど…」とか、愚痴る人いるな
なるほど…そういう期待を持ってしまうんですね…
Raku
Raku
Tokuko (why)
Tokuko (why)
なんかこう、「早く帰れるよう頑張ろう」じゃなく、「早く帰らせてくれない会社が悪い」みたいな…
そういう意識の人がいますよね
Raku
Raku
Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
あ!そうか!そういう人には敢えて仕事増やせばいいんや!
うーーん…(汗)
Raku
Raku

 

Silo(サイロ)という考え方

もうひとつ…

残業無しを推進することにより、起こりうる弊害として…

 

Silo(サイロ)があります。

 

サイロとは、そもそも家畜用の資料や、穀物の貯蔵庫のことです。

 

そこには窓がなく、外を見ることが出来ません。

 

その状況を比喩として用い…

 

組織内の各部署が自分の部署のことしか考えず、

他の部署のことや全体的なことを考えない状態のこと

 

それを「サイロ」と言います。

 

欧米ではこういった傾向は顕著で…

Catcat
Catcat
It’s not my job

…などと言います。

つまり、

自分の仕事は自分の仕事、他人の仕事は他人の仕事

そんな考え方が強いです。

 

私自身も北欧の方で働いていたことがあり、

4時過ぎくらいに別の部署の人にちょっとお願い事をしにいった際…

 

私のパソコンを見てください。その予定は入っていません。
Hamham hamster
Hamham hamster

…といった感じで突き返されました。

Raku
Raku
これには苦笑いせざるを得ませんでした(笑)
あははは。まぁハッキリしてんな。
Tokuko
Tokuko

日本の場合はここまで極端ではありませんが…

単純に「残業無し」を推進すると、

 

会社の業績や全体的な作業効率よりも、

自分の目の前の仕事を終わらせること…

そこにフォーカスしてしまいます。

 

さらに、そもそも企業で働いている多くの人にとっては、

「会社の成績」にはあまり関心が無かったりします。

 

なので…

 

従業員のために残業無しを推進した結果、

従業員各々の「全体意識」がさらに下がり…

結果業績が落ちる

 

そういった危険性まで考えられます。

 

どうすればいいか

大切なのは・・・

 

「何の残業を減らすか」

・・・ということ。

 

ただ、「残業を減らせ」じゃダメ。

 

例えば、無駄な仕事はただちに止めるべきです。

形式的な目的だけのために行っているミーティングや、

他の部署とのダブルワークになっているところなど…

ちゃんと見直すところはキチンと行うべきですね。

 

しかし…

やっぱり、やるべきことはやらないと

 

Tokuko
Tokuko
そうや!その通り!
さすがトクコさん、熱いですね(笑)
Raku
Raku

そしてこういった意識を促せるのは、マネージャーだけです。

 

会社としてやるべきことをやりながら、

残業を減らす方法としてオススメな方法なのは・・・

 

まずは「部署全体の残業時間削減を推進していく」という方法。

 

つまり、部署全体の残業時間を各自の人事考課に組み入れるのです。

そのために、他の部署の1日体験などを行っても良いと思います。

 

そうすれば…

「この人の仕事って、こんなことまで考えないといけないんだ…!」

…という風に、考え方が変わってきます。

 

何より、自分以外の人のことを考えるようになる、いいきっかけになりますよ。

★らくマネAdvice★
✅ 個々の残業削減を促すことは、全体的な視点を失わせる可能性がある
✅ 全体的な視点を促進するには、自分以外の人のことを考える仕組みを作る
✅ 仕組みがあれば、全体的な残業は減らせる

今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

ドラゴンボールから「習慣化の大切さ」を学んでトクする!
◆部下の眠る力を引き起こす方法を知ってトクする…!
◆「自分の部署を守りたい症候群」について
◆50代半ばに入った部下の方々と一緒に働く
◆プレゼンで大事なのは「見せること」よりも「遮断」!
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です