仕事も人生も変わる!感情と行動を切り離すたった1つの質問

こんにちは!ラクです。

「あぁ~…なんでこんなことやっちゃったんだろ…

バカだったなぁ…」

…と思ったこと、ありませんか…?

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
うぐっ…!色々思い当たるわ…特に仕事とか…職場での人間関係でも…
でもこれは、どんな人にでもやっぱり起こり得ることなんですよね…
Raku
Raku

感情と行動を切り離すことは、難しいです。

しかし、決して不可能ではありません。

このブログでは、「行動」を性急に取ってしまう際の「感情」への対応をご紹介します。

株やデイトレードを行っている際にも利用されている感情コントロール方法です。

これからお伝えする考え方を知っているだけでも、仕事や人間関係の見方が変わります。

感情は結果に結びつかない

たとえば職場で仕事をしていて、上司とケンカになったとします。

それでカッとなって、勢いに任せて会社を辞めてしまう…

もし、そのことで良い転職先に入れるといったような結果に結びついたとしても、

それは「たまたま」です。

良い結果になった場合、「やっぱり辞めてよかったぁ」と思うかもしれませんが、

それは運が良かっただけです。

もしかすると転職先の方が環境が悪かったかもしれません。

あるいは、転職先すらうまく見つかっていなかったかも知れません。

感情優先=ギャンブル優先

自分の感情によって取った行動と、それに伴って生じた結果は、無関係です。

むしろ「人間関係」という観点からは、

感情によって取った行動が良い結果を生み出すということは、あまり無いでしょう。

つまり、限りなくギャンブルに近い行為をしてしまっていると言えます。

でも…意外とそのことに気づけない人は多いです。

というよりも…

ギャンブルだと気づいていても感情を優先してしまうんです。

結果なんてどうでもいいから…ついつい感情に任せて行動したくなるんですよね。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
え?でも「行動」に移せることはいいんじゃないん?

いえ、行動する前に、本来であればちゃんと考えるべきです
Raku
Raku

Gaaan
Gaaan
ぐっ!まぁそうなんやけど

なぜ感情に任せて行動したくなるか

感情に委ねることが良い結果を生み出すかなんて、分からない。

ましてや人間関係においては、多くの場合悪い結果を持たらしてしまう。

 

それなのに、なぜ感情に任せて、後先考えず行動したくなるのか。

 

それは、その時点で生じているネガティブな出来事から来る感情に対し、

心のバランスを取りたくなるからです。

例えば…

屈辱的な思いをする…

周りから惨めに思われている(と、自分で思いこむ)…

理不尽な扱いを受ける…

そういったことに対して、バランスを取りたくなります。

先ほどの例で言えば、キチンと考えずに会社を辞めてしまうような行為ですね。

 

しかし…

「ちゃんと冷静に考えて行動していたら得られていただろう結果」と、

「感情に任せて行動して得られた結果」とは、全く違ってきます。

 

なぜなら、

そもそもその行為の目的は「心のバランスを取る」ことです。

いい結果を得よう」というものではありません。

結果はともかく、その場で心のバランスを取ることを優先してしまうんですよね。

しかしそうすると、結局自分が損をすることになり、本当の意味でのバランスが崩れます。

 

でも、それが分かっていても、止められない…

それで後から思ってしまったりするんです。

あぁ、やってしまったと(笑)

Tokuko
Tokuko
あはははは!…って、私も人のこと笑えへんけど、なんかもう笑うしかないわ(笑)
そうですね(笑)
Raku
Raku

どうすればいいか

結論から言いますと・・・

感情的になるようなことがあれば、

まず行動しないことです。

 

これが実は難しいです。

でもめちゃくちゃ大事。

 

巷ではよく「行動しろ!」と言いますが、

それは、「グズグズ悩んでいるくらいなら、行動をして調整しろ」という意味合いでしょう。

 

しかし、感情的になって盲目的に行動をすることは、次元の違う話です。

行動しないことを敢えて選択してみることが、大切なこともあります。

Gaaan
Gaaan
うーん・・・それは確かに難しそう。私、できるかな…
やっぱりついつい、「損」を「取り返したい」という気持ちになるんですよね
Raku
Raku

 

例えば先程の例の様に、上司とケンカした。

それで、その心のバランスを取るために、ギャンブルにお金を投じてしまった。

結果・・・

お金が減った。

 

一時的な心のバランスを保つことはできたかも知れないけど、

後から悔やんでもお金は戻ってこないですね(涙)

自分に問いかける質問

もし自分が感情に任せて行動しそうになったら…

こう考えてみて下さい。

 

「自分がこれからしようとしていることは、自分にとって心地いいか」

 

そしてその答えが、「自分がこれからしようとしていることは、自分にとって心地いい」という結論であれば、

それは正しい行動ではありません。

 

Gaaan
Gaaan
え…???

どういうことか。

つまりそれは…

心のバランスを取ろうとしていることが目的になっている」んです。

「損をしたくない」感情と言い換えてもいいです。

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
難しい!これは難しいで!!
損をしたくないという感情は、人間当たり前に在るものですからね…でも、その感情は、心のバランスを保ちたいという短期的な「損の回避」なんです
Raku
Raku
Tokuko (wonder)
Tokuko (wonder)
なるほどなぁ…長期的に見れば、感情に任せた行為は確実に損やもんな

まとめ

  • 自分の感情に任せて取った行動と、それに伴って生じた結果は、無関係
  • 感情に任せて行動したくなるのは、衝動的に「心のバランスを取りたくなる」から
  • 行動をしないことが正解なときもある
  • 行動しそうになったら、「その行動をすることは、今心地よいか?」を自分に問う。
    (心地よいと思うなら、その行動は「間違った行動」のことが多い

心と向き合う

現代社会のストレスフルな生活において、

多くの人々が心と体のバランスを保つことに苦労しています。

「ついつい感情的になって、ダメな行動をしてしまう」

そんな衝動がストレスからくることも少なくありません。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

そこで、心理学…とりわけ、アドラー心理学を学ぶことも有効な手段のひとつです。

たとえば以下のような考え方を身につけることができます。

アドラー心理学の考え方

自己決定の重視

私たちは自分の感情に反応して即座に行動するのではなく、自分の価値観や目標に基づいて行動を選択することができると考えられる。つまり、感情が湧き上がったとしても、それに基づいて行動するかどうかは自分で選ぶことができる。

目標指向性

私たちの行動は、単に過去の経験や現在の感情によって決定されるのではなく、将来に向けた目標や志向によっても大きく影響される。目標に焦点を当て、感情に左右されずに行動することを学ぶことに繋がる。

社会的関心

感情的な反応に囚われず、他人との関係や社会全体の利益を考えて行動することを促す。これにより、衝動的な反応ではなく、より建設的で意味のある選択をすることができるようになる。

このような考え方を身につけるには、≫【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座が役立ちます。

講座の特徴

  • オンライン講座なので、いつでも受講可
  • 期間は最大3か月間
  • 日本統合医学協会が監修する講座
  • 受講料50,000円のところ、Web申込だと19,800円!(2024年2月現在)

アドラー心理学を学ぶことで、私たちは自分の感情を認識し、それに振り回されることなく、自分の価値観や目標に基づいて行動を選択する力を養うことができます。

心理学を学ぶ方法~Part 2~

心理学を学ぶのであれば、≫ヒューマンアカデミー の講座もおすすめです。

米国NLP協会認定NLP資格者排出数が国内No.1 であり、かつ受講生満足度も98%と非常に高く、実践的な勉強ができます。

同じ「心理学」であってもコースは多岐にわたりますが、一例を以下に載せておきます。

  • 米国NLP協会™認定 NLPプラクティショナー講座 月々8,800円から
  • TA(交流分析)カウンセラー養成講座 月々3,000円から
  • マインドフルネス講座 月々3,400円から

もしご興味があれば、無料のデジタルパンフレット無料体験セミナーもありますので、ぜひ見てみてくださいね。

感情に任せて行動しないために

もし、「心理学はちょっと…」と思うのであれば、

まずは自分の心理状況から知ってみるのはいかがでしょうか?

感情的になって我を忘れないため、重要なのが自分認識です。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

私は ミイダス という転職サイトを利用して、無料の「コンピテンシー診断」を受けました。

以下が結果内容で、このように1枚のPDF形式で分かりやすく数字やグラフで示してくれます。

 

本紙には丁寧に説明文もあり、この結果から以下が分かります。

この表から読み取れることの例

  • 私はどうも人当たりとチームワークが弱いらしい。周りがピリピリするような態度を私の方で取っているかもしれない。
  • 私は問題解決力とオーガナイズ能力は強いらしい。筋道を立てれば、困難な状況でも有利に話を運べるかもしれない。

自分の好き嫌い、得手不得手、自分の立場、考え方…

自己理解があれば、困難な状況を切り抜け、難しい状況をうまく扱うようにできるようになります。

自己認識によって、難局を切り抜ける

そのまさに実例とも言えるケースが、コンピテンシー診断の使用例13個と口コミを見ても同様に見受けられます。

 

ミイダスのこの診断は無料なので、「行動」しても損しませんよ(笑)

以下で応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村