英語が出来れば「グローバル人材」?

こんにちは!ラクです。

今回は、「英語が出来ればグローバル人材?」…という話!

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!?そ、そうじゃないん??…
うーん…どうでしょうね(笑)
Raku
Raku

 

ふと辺りを見回すと、「グローバル」って言葉、たくさん見かけますね!

 

グローバル学部!

グローバル戦略部!

グローバル企業!

グローバル人材!

 

・・・色々あります!

もう20年くらいは似たような言葉を聞き続けている気がします。

 

過去には「インターナショナル」という言葉を使っていた気がしますが、

今や「グローバル」の方が多く使われていますね。

 

 

英語が出来れば「グローバル人材」?

 

英語が話せればグローバル人材…?

 

でもそう改めて聞かれると…

「違う!」って、なんだか言いたくなりませんか…?

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…でもじゃあ逆に英語がしゃべれなくても「グローバル人材」??
あ、いいポイントだと思いますよ。人事部のバウさん、お願いします!
Raku
Raku

 

Bow wow
Bow wow
ワンワン・・・・
えぇ!??このワンコロ人事、しゃべらへんやん!
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
Raku
Raku
「君はいつもコメントが厳しいね。でもその鋭いツッコミがチームを助けてくれていて、とても助かっているよ」…と言ってます
ホンマかい!えらいたくさんしゃべってたんやな!
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)

 

…まぁこの会話は極端ですが(笑)

 

でも、「グローバル」であるということの第一歩として、

絶対に大事なのはこの点。

 

つまり・・・

 

言葉になっていない「違い」を受け止めること

 

時々あるのですが、

「英語ができても、会話が出来ない」

そんなことがあります。

 

ちょっと例を出しますね。

 

[su_box title=”ラクの失敗例” style=”soft” box_color=”#dff0c9″ title_color=”#383e3b”]社内の海外支店との電話会議を行っていたら・・・。相手が冗談を言ったものだと思って笑っていたら、会議の後で「さっきのはれっきとした質問だから答えて欲しい」と言われた…[/su_box]

 

つまり!

 

英語とか日本語とか、そういう言葉のことではなく、私が相手のニュアンスを理解できていなかった・・・

いやでも、「明らかにあんたも笑ってたじゃん・・・」って、こっちも思ったんですけどね。

 

 

どうすればいいか?

 

ではどのようにすれば相手の意図を理解できるようになるのか?

 

 

結論から言うと・・・

 

「あなたと私は違う」

 

・・・ってまずちゃんと認識すること

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!?そ、それは当たり前やんね…
そうなんですが…意外と意識のレベルではそれが出来ていないことって結構ありますよ
Raku
Raku

 

日本の中でもあります。

 

例えば・・・関西のエスカレーター!左側を空けます。

関東の人にとってはビックリです(笑)

 

でもそういった「違い」を理解し、受け止めるというところから始めないと・・・

いくら言葉を交わしても通じるわけが無いんです。

 

まとめ!

 

会話風にすると、以下のような感じですね。

 

「私とあなたは、違うね」

「何が違うんだろう。」

「なぜ違うんだろう。」

「どうすればお互いにとって良い方向に行くんだろう。」

 

Tokuko
Tokuko
まずは、違いを認める・・・やね

 

もちろん言葉自体も、相手の意図をくみ取るための有効なツールです。英語も大事ですね。
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
ま、まぁ確かにな。頑張るわ・・・(汗)

 

 


 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ラクとトクコの初心者マネジメント学校

 

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!ラクとトクコの順位は以下から!


管理職ランキング

 

マネジメントの勉強、まだ間に合います!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

Follow me!