自分の意見が通りやすくなる!英語会議での3つのコツ!

こんにちは!ラクです。

今回は英語で会議を行うときの話についてです!

 

英語で会議が行われることも…

最近では珍しくないですよね。

それだけ世界中に展開している会社も多いでしょうし、

逆に日本にいる外国人の方に向けてビジネスをしていらっしゃる方もきっと多いですよね。

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
せやねん。そして話す人の出身によって、分かりやすかったり、分かりにくかったりするしなぁ

 

ネイティブでも分かりづらいなと思うこともありますよね
Raku
Raku

 

会議をするときに大切な3点について、お話ししたいと思います。

 

これができるだけで、全然違います。

あなたの意見が通りやすくなります。

 

 

…ズバリ!

 

●ゆっくり話す
●結論を先に言う
●相槌をうまく打つ

…です!

一つずつ見ていきましょう!

 

ゆっくり話す

 

時々英語を話すのに

非常に早口で話す人がいます。

 

でも・・・

 

率直に申し上げますと、これはお勧めしません。

 

よく大学のESS(English Speaking Society)のサークルで、

早く喋れたもの勝ちみたいな雰囲気があるところもありますが…

 

発音も文法も綺麗ならまだしも、そうでない日本人がほとんどです。

 

その状態で早く話されても、正直聞いている側は全然分かりません。

 

Raku
Raku
トクコさん、コミュニケーションで大切なのは何ですか?

 

えぇ!?なんやろな。分かりやすく話すとか…?
Gaaan
Gaaan

 

Raku
Raku
もちろんそれも大事ですね。でも、つまりは、「相手に伝わること」なんです

 

コミュニケーションの本質は

相手に伝えることではなく…

 

 

相手に伝わって…

相手が動くこと…

 

なので、自分が「伝えた!」という風に自分が思っていても…

最終的に相手が動かなければ、残念ながら意味がありません。

 

早くしゃべった本人は…

「あぁスッキリ!」

みたいな感じを見せていたりしますが(笑)

 

 

でも、聞いている人は…

「なんのこっちゃ…さっぱり…」

…みたいに内心思っているケースは少なくないはず…(笑)

 

日本人であれば英語が話せなくて当然です。

文法は枝葉末節にこだわり過ぎず、

何よりゆっくり話せばOK!

結論を先に言う

 

例えば日本語で話す順番は…

①大阪ではたこ焼きやお好み焼きなどが食べられる。
②大阪にはこういったおいしい食べ物が数々存在する。
③だから大阪は人気がある。

…という順番で話すことが多いです。

 

しかし英語では…

 

<結論>⇒<理由>⇒<具体例>等という順番で話すのが一般的です。

つまり…

①大阪は人気がある(結論
なぜなら大阪にはおいしい食べ物が数々存在するから(理由
例えばそれはおいしいたこ焼きやお好み焼きなどである(具体例

もちろん普段の英会話はこんなこと気にしません。

でも、英語では特に文章やパラグラフの構成について、

公式なものは、日本語よりもよっぽどシビアです。

Raku
Raku
この方が確かに「何が言いたいか」がすぐに分かり、スッキリしますね。

 

うまく短く切り返す

日本人は往々にして ahaや、reallyなどという表現を使いがちなように思われます。

 

でも例えば…

日本語で話しるときでも、相手の反応が…

Nice man
Nice man
あら、そう!
とか、
Hiyoko shock!
Hiyoko shock!
マジで!?

…みたいな感じだけの反応しか示さなかったら、いかがでしょうか…(笑)

 

Tokuko (wonder)
Tokuko (wonder)
確かにこれやと全然会話を転がせてないな。おもんない…
本当に?って何度も聞かれても、「自分の言うことを疑っているのか?」って思っちゃいそうですしね
Raku
Raku

 

じゃあどうすればいいか・・・

例えば…

 

Gentle old guy
Gentle old guy
We are going to have a meeting next Wednesday

と言われたら、

Are we?

…と答えてしまうだけでもOKなんです。

 

他にも…短く返事するなら…

●What’s the agenda?
●What are we going to talk about?
●Do we need to prepare something?
●What time will it be?
●Who will be coming?

…と言う風にカンタンに返していく。

 

その方が会話をうまく続けていくことができます!

つまりオススメは、Reallyばかりを繰り返さないこと(笑)

 

そして相手の意見を上手く聞けることは…

自分の意見を聞いてもらいやすくなることにも、繋がります!

 

やっぱり誰でも、自分の意見を聞いてくれる人の方が、

親しみも感じますしね。

 

相手としても「自分の意見を聞いてくれた」ということで、

「じゃあ相手の話も聞いてあげようかな」と思えるわけですね。

 

★らくマネAdvice★
✅ ゆっくり話せばいい。相手に伝えることより、伝わることの方が大事
✅ 結論を先に言う。あれこれ思ったことから言ってしまうと、冗長的になる。
✅ 相槌をうまく打つ。これは相手の印象も上がって、オススメです!

 

今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

◆初心者マネージャーが勘違いしがちな3つのポイント
◆ラクに「会議を支配する」方法を知ってトクする!
◆お先真っ暗なときにチームを動かすコトバ
◆ファイル名ひとつで、チームに一体感を出せてトクする…!
◆したいことを必ず成し遂げるための強力なツール!
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です