無駄だな、バカだな…が職場をラクにする

こんにちは!ラクです。

今回は、楽に職場を明るくする話です!

Tokuko (Oni)
Tokuko (Oni)
ラク先生・・・
だ・・・誰ですか?その声はトクコさん?
Raku
Raku
Tokuko (Oni)
Tokuko (Oni)
そうや…私、怒ると鬼みたいって言われんねん…今の上司を鈍器で殴りたいねんけど、ええかな…
お…鬼みたいっていうか、もう鬼そのものですね(汗)落ち着いて落ち着いて…
Raku
Raku

「らくとくマネジメント」を目指すにあたり、避けて通れない問題があります。

それは…

人間関係です。

…やっぱり(笑)

厚生労働省の調査結果でも、職場のストレスの多くは人間関係だそうです。
http://kokoro.mhlw.go.jp/nowhow/nh001/

以前、産業カウンセラーの方からメンタルヘルスについてお話を伺う機会があり、そのときに仰っていたことは…

「上司とは、職場環境そのものです!」

…だとか…

つまり…どれだけオフィスがきれいで、通勤も便利で、給料が良くても…

私がつまらなさそうにしてたら、部下も仕事がつまらないってことですね。

まぁでもそれについては思い当たるところは色々ありますね(笑)

自分の上司がずっとピリピリしてたら、それだけで部署全体の空気が悪くなってしまいますもんね。

特に職場でのネガティブなエネルギーは、蔓延しやすいです。

もともと仕事なんて、会社にやらされているものですから…。

お給料の対価として、会社の言いなりになってて当然なんです。やりたくないこともたくさんやっています。

つまり、そこにはそもそもネガティブなエネルギーが発生しています。

そこに、ネガティブなマネージャーが更にネガティブなコメントをしたら・・・

それはまるで・・・

Tokuko
Tokuko
一発屋芸人がいきなり新ネタをやるようなもの…?

…うーーーん…?(やばい、理解できない…汗)
Raku
Raku

ここはマネージャーとして、大いに気を付けないといけません。

らくらくマネジメントを目指すにあたり、ポジティブである必要はありません。

ただし、なるべく周りの空気とは逆の立場を取り、バランスを取る存在である必要があるんです。

例えば…

●みんなが緊張している雰囲気でいるときには、自分は堂々と落ち着いた様相でいる。
●逆にみんなが弛緩しきっているときには、自分はクールに注意深くいる。

などなど…

それがチームとしての全体的なバランスを取ることになり、チームの雰囲気を良くすることに繋がります。

よって、大体ネガティブな空気が蔓延しやすい職場においては、上司は明るくいてくれる方が、ちょうどバランスが取れて良くなることが多いです。

無理に明るくなる必要はありませんよ(笑)

でも一見無駄だなと思えるようなことをやってみればいいんです。

あまり時間とお金をかけず、手っ取り早くやれるものがあればいいですね。

例えば…

Raku
Raku
みんなのためにスイーツを買ってくる
ランチミーティングでビンゴをする
時々席替えをする
…といったようなことでしょうか。

私の職場で実際にあったことは…仕事でみんながピリピリしてきた時のこと。

「アイス買ってきたよ!」と上司の気遣い。

でもまだ真冬。

「いやいや寒いでしょ(笑)」と。

でも、職場の雰囲気は暖かくなったんですよね。

ちょっとくらいバカだな~と思えるようなことが時々ある方が、楽しかったりするんですよね!

Tokuko
Tokuko
やっぱり笑いは世界を救うんやね!
そうですね!
Raku
Raku
★らくマネAdvice★
✅ そもそも職場は放っておいてもネガティブになる
✅ ネガティブを打破するには、マネージャーが「逆」のことをしてみる
✅ 時々「無駄だな」「バカだな」と思えることも、笑えていい

Raku
Raku
以下リンクより、マガジンぺージをご覧ください

》ラクとトクコのマネジメント学校


管理職ランキング


2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です