上司目線から見る「上司と合わない」という部下の悩みについて

こんにちは!ラクです。

今回は…よくある「上司についての悩み」について…

それを上司目線から見たらどうか??…という話です!

 

すなわち…

このブログは「上司」の方へ向けて書かれています!

上司の方々は、これからご紹介するケースを反面教師にして、ぜひ気をつけましょう…!

 

もしあなたが部下の立場であれば…

まずは「あーこれは、あるある・・・あのアホ上司も同じだ・・・」などとと思ってください…。

でもこのブログを読み終わった時には、「そういえば上司も人間だったな」などと心の片隅で思ってもらえれば幸いです・・・

 

端的には…

多くの場合、「上司」と言う立場に知らず知らずのうちに溺れて(甘えて?)しまい、

部下のことを人間的に扱うことをしなくなる… そこが原因なのかなと思います。

 

では早速ケースをご紹介していきますね!

 

ケース①
私が事務所にいるとき、たまたま私の上司が会議している声が聞こえてきました。そこでは他の管理職の人たちも集まっていて、「あいつはマナーに欠けるよな~」「あぁー分かる~」など、部下の人たちの文句を言い合っていました…

 

Gaaan
Gaaan
これは・・・アカンやろ!

 

うーん…そうですね~…やっちゃいましたね
Raku
Raku
ケース①の考察

上司たちの立場からすると、やっぱり自分たちの抱えている問題を誰かに聞いて欲しい…という思いがあります。

それだけ「管理職」というのは孤独で、リーダー達が集まるようなタイミングでしか、愚痴をこぼしたりすることが出来ないのも確か。

上司は仏でも菩薩でもないので(笑)

そりゃあやっぱり不平不満は溜まっていますよ。

しかし・・・

「部下の人たちに聞かれてしまった」のは、やはり最悪。そのリカバリーはかなり難しいです。

上司の方々は、このケースを反面教師に、軽率に部下の方々の悪口を社内で言わないようにしましょうね…

 

 

では次のケースをご紹介・・・

 

ケース②
私の方が会社からの評価もよく、仕事もできるのに…相手が上司だからということだけで、偉そうなことを毎日言われています…が、もう限界です!

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん・・・部下の方が仕事ができるようになるってこと、たまにあるやんね

 

はい、これはむしろ喜びたいところなんですけどね…
Raku
Raku

 

ケース②の考察

特に管理職を長く続けていると、現場のことには疎くなってきます。

なので、特に部下の立場からしてみると…「なんでこんなことも分からないんだろう」と思われることもしばしば。

でも、これは仕方ありません・・・

 

管理職と部下の視点からは、そもそも物の見方も違います。
つまり、管理職の仕事や、その辛さを部下が分かることは出来ないんです。

・・・と言う風にまぁ自分自身の心を落ち着かせて…(笑)

おー!なるほど!そういう考え方があるのか!」と、

ちょっとやっぱり大人なところを見せて、部下の考えを受け入れてください。

そうやって何でもオープンに話せる雰囲気を作ることで、
上司であるあなたにも相談しやすい空気が出来て、知識のシェアが活性化されます。

辛さを分からない人に、どう思われたっていいじゃないですか。

それにきっとその部下にも、分かる時が来ます。

 

 

 

ケース③
以前、上司のミスを指摘したことで嫌われてしまい、それ以降まともに口をきいてくれません・・・しかし嫌いとか好きとか、仕事に持ち込むのってどうなんでしょうか…

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーーーん…なんでこうも私情を挟んでしまうのか…

 

口を利かないってのは、まるで子供ですよね
Raku
Raku
ケース③の考察

これ・・・もちろん子供っぽいんですけど・・

でも上司の立場から見たとき、ホントもう話すらしたくないっていう部下もいるのも確か!

 

例えば部下から・・・「課長、その考え方古いですよ」みたいに言われたら・・・

はぁ~~~~???」って…つい言いたくなったりしますよね(笑)

 

上司だって人間です・・・が、「上司だったらもっと心を広く持つべきでしょ?」とか、
「自分が上司だったらそんな態度取らないのに」とか・・・

特に上司になったことの無い人間が言うセリフ

上司側としては腹立たしい限りですが、これももう放っておきましょう・・・

だからと言って全く話さないのはあまりに大人気ないので、以下をおススメします。

■ なるべく会話は必要最低限にする
■ 敬語を使って話す
■ 無理に雑談に付き合う必要は無い
■ 仕事だと割り切った関係を維持する

 

 

ケース④
私の上司は気分によって態度が変わります。良いときは柔しく丁寧に色々と教えてくれたりするのですが、悪いときは無視されたり、あからさまに嫌そうな顔をされたり・・・そういった態度に毎日振り回されるのがもうイヤです

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
な、なんかもう世の中、最低な上司しかいない気持ちになってくるな・・・

 

決してそんなことは無いんですけどね…(笑)
Raku
Raku

 

ケース④の考察

もちろん管理職というのはストレスフルな職業です。

ただ、ここはやっぱりちょっと気を付けたいのが・・・

 

「人によって態度を変えていないか?」

…ということ。

自分の気分が悪いからと言って…
例えば自分の上司や顧客に対して、同じような態度を取るかどうか‥

もしかして、自分の部下にだったら多少辛く当たっても大丈夫とか
無意識に思ってしまってはいないか…

なぜなら…
上司が人によって態度を変えるところを結構部下は見ています

でも、部下だろうが何だろうが… 肩書なんて会社に与えられただけのもので、
結局のところお互いただの他人‥なので。

自分から相手のことを尊敬し、大切にしてあげないと、
あなた自身も尊敬されないし、一緒に仕事したいって思ってくれません…

気を付けたいところですね。

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
な、なんか今回は勉強になったわ…部下の目線から見れたし…
自分が上司になってしまうと、「上司としての辛さ」を自分は分かってしまうので…でも上司の辛さは「上司になったことのある人しか分からない」ということを、ついつい忘れちゃうんですよね…
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
う・・・うーーーん・・・そーーかも・・・

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

 

Follow me!

上司目線から見る「上司と合わない」という部下の悩みについて” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。