他部署との連携が常に重要なカギ!

こんにちは!ラクです。

今回は、他部署との連携が常に重要なカギ!…という話!

 

 

トクコさんの部下、マナコさんがトクコさんに相談を持ちかけています・・・

Manako
Manako
トクコさん、このシステムなんですが…社内の人たち、誰もちゃんと入力してくれなくて…

 

うーん…そうやなぁ。でもちゃんと入力してくれないと、データ分析できなくてお客さんも困るしなぁ…
Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)

 

Manako
Manako
どうしたらちゃんと入力してくれるようになりますかね…海外の人たちが入力することもあるし…

 

うーーーーん・・・
Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)

 

よく会社で見かける光景・・・

 

困難に直面したとき・・・すぐに解決しようとして、他の人や部署に対して・・・

 

「こんな風にやってください!」

「どうしてできないんですか!?」

「前にちゃんとメールで頼みましたよね!??」

 

・・・なんていうような命令口調というか、一方通行的なコミュニケーションを取る人・・

・・・いますよね?(笑)

 

焦る気持ちも無理はないんです。当人も追い詰められているので。

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
あ、あたしもあるわ・・・残念ながら・・・
私もですよ。きっとマネージャーやリーダーをしている人は、一度は必ず経験することではないでしょうか・・・
Raku
Raku

 

多かれ少なかれ・・・他の人に対して「なんでそんなカンタンなことが出来ないんだろう」とか、「どうして言ったとおりにやってくれないんだろう」とか、思いがち・・・

 

 

しかし・・・

自分の部署が抱える「困難な問題」に対応するには、いかに他の部署を巻き込んで仕事をすることができるか…が、重要なカギになってきます!

つまり・・・この点こそが、マネージャーやリーダーとしては大いに力を入れないといけない点です。

 

他部署へのアプローチ方法3つ!

 

自分にとってはカンタンな仕事に見えても、相手も当然相手の事情や環境があるので、

そうそうすぐにこちらのお願いに応えてくれたりはしません。

 

そこで、他部署を動かす方法が必要。

 

大きく分けて3つ!

 

[su_box title=”他部署を動かす方法” style=”soft” box_color=”#dff0c9″ title_color=”#383e3b”]●上から命令してもらって、やってもらう
●共通の目的の為、協力しませんかと持ち掛ける
下手に出て、お願いしてやってもらう[/su_box]

 

もちろんどの方法を使うかはケースバイケース。

以下がそれぞれのメリット・デメリットです。

 

【上から命令してもらって、やってもらう】
◆ メリット:会社の命令なので、即効性がある
◆ デメリット:やる気や自主性には繋がりにくく、改善や持続性は微妙

 

【共通の目的のため、協力を要請】
◆ メリット:やる気や自主性には繋がっていく
◆ デメリット:時間も労力もかかる

 

下手に出て、お願いしてやってもらう
◆ メリット:プライドの高い相手には効果的?(笑)
◆ デメリット:持続性、即効性ともに中途半端かも?

 

この3つの選択肢について、持続性・即効性と言う点でまとめると、このようになります。

 

 

オススメの方法!

 

個人的にオススメの方法は・・・

まずは即効性を確保すること!

 

結局、やらないといけないということであれば、

何をウダウダ言おうとも、会社なんでやらなきゃいけないんです。

 

Gaaan
Gaaan
な、なんか身も蓋も無いけど、まぁその通りかな・・・
はい、そうですね(笑)
Raku
Raku

 

なので、もし上層部からの協力が得られそうだったり、

あるいは既に会社の大きな方針として利用できそうな大義名分があれば、

まずはそれをしっかりと利用しましょう!

 

そしてその後で、ちゃんと協力をお願いする!

 

Raku
Raku
これはおトクなこともあって…「会社がこう言ってるから・・・お互い大変だけど、まぁいっしょにやりませんか?」と、うまく持っていけることです
うーん・・・一緒に被害者意識を共有・・・みたいな・・・
Gaaan
Gaaan

 

そのうえで、お互いに意見交換をしあって、いい方向で臨めればベスト。

 

ただ・・・当然時間が経ってくると、相手も会社の大義名分を忘れ、手を抜いてきたりしんどくなってきたりして、質が落ちてきます。

そんな時には、一旦下手に出て、お願いしてみる!

ただ・・・お互いに仕事としてやっているはずなので、そこまで下手に出る必要もあまり無いと私は思います。あくまでコミュニケーションの潤滑油として…という程度でいいかと。

 

そしてそれでもまた質が落ちてきたら・・・

最初に戻ってまた上司に掛け合う・・・あるいは会社の大義名分を思い出させる(笑)

この3つをうまくバランスよく使っていきましょう。

 

まとめると以下のような感じ:

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
な、なるほど。まぁ手を変え品を変え・・・って感じやな・・・
そうですね。あとはまぁ・・・相手のことをもっとよく知ったうえで、相手のメリットになりそうなことを探るっていうのもアリですね・・・
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
誰かに何かやってもらうって、やっぱり大変やなぁ・・・

 

何を言うんですか。こんなオトクな情報を教えてあげてるんですから、ラクできてるんですよ!?
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
えーーー・・・ホンマかな・・・

 


今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

ドラゴンボールから「習慣化の大切さ」を学んでトクする!
◆部下の眠る力を引き起こす方法を知ってトクする…!
◆コーチングがラクになる4つの要素(GROWモデル)
◆「自分の部署を守りたい症候群」は、回りに回ってトクしない??
◆感情と行動を切り離す方法を知ってトクする
◆最新記事の一覧へ
Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!ラクとトクコの順位は以下から!


管理職ランキング

 

マネジメントの勉強、まだ間に合います!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

Follow me!