マネージャーとして得点を稼ぎやすいのは、コレ!

こんにちは!ラクです!

今回は…マネージャーとして得点を稼ぎやすいのは、コレ!…という話!

 

Gaaan
Gaaan
マネージャー業務って毎日不安や・・・誰も答え教えてくれへんし…
そのうえ失敗したら後から「やっぱりな」って周りから思われますしね…
Raku
Raku

 

例えば…

このままだと目標達成できませんよ!」とか言われても…

 

「もう万策尽きた…」

こんな感じ、しょっちゅうですよね(笑)

 

自分の役割は…?

特に結果を求められすぎてしまうと、手あたり次第に何かを始めてしまう…

そして更に、自分で全部やってしまいがち。

 

でも…

自分で全部やろうとすると、そのうち優先順位がブレてきます。

あれもこれもやらなきゃ…となってくるので。

 

そこでちょっと自問自答してみる…

 

「自分には出来て、部下の方々にできないことは…何だろう?」

 

自分の体と時間だけで、全部やることなんてできない…

「マネージャーの自分にしかできない」仕事こそが、最優先で取り組むべき課題…ですよね?

今回お話しするのは、まさにそこのポイント!

 

得点を取る!

 

さて!

今回お話しする「マネージャーが得点を取りやすい方法」とは、ズバリ・・・

 

コスト削減

 

です!

 

Gaaan
Gaaan
け、結構王道やな!なんかフツーなことというか…
おや?ではトクコさんはどんなコスト削減、最近できました??
Raku
Raku

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
そ・・・それはあれや!ひ・・・秘密や!
正直じゃないですね・・・💦
Raku
Raku

 

社内でありがちなのは…

 

「自分の部署は営業だから、コストは見てない」

「上司から特にコストを割り出せとは言われていない」

「今は費用削減は求められていない」

 

…などなど。

 

不思議なのですが、結構こういうことありませんか?

コストって最もこだわるべきところですよね?

…にも関わらず、案外この辺りって不透明というか、不明確なことって結構多い…

 

案外これは、当たり前のようで、落とし穴。

 

先ほど取り上げた以下の点にご注目・・・

「自分には出来て、部下の方々にできないことは…何だろう?」

 

ここを突き詰めた時にも、

コスト削減というのはマネージャーには出来て、部下はできないこと。

(厳密には、部下が「積極的にはやらない」という部分ですね)

 

また、「売り上げを伸ばす」ことよりも、「コスト削減」を目指すほうが、

対社内でのやり取りになり、自分にとっても管理がしやすい。

 

…コスト削減には、そういったメリットがあります。

 

金額にする!

 

コスト削減って一言で言っても、ハードル高そうだな―と思うかもしれませんが…

 

そんなことはありません。

 

例えば自分の上司や会社に対して功績をアピールするとき…

 

◆「追加予定だった業務をxx個、ナシにできました!」

◆「業務時間をxxx時間、削減することができました!」

◆「無駄な業務を止めて、xx人分の仕事を減らせました!」

 

…という感じで報告するかと思いますが…

 

これを、お金に換えてみる!

金額に置き換えること。

 

例えば…

◆今回の業務短縮で、大体3000万円のセーブになります!

こう言うほうが、よっぽどしっくりきますよね。

 

つまり、「コスト削減」ということばかりを考えてしまうと、ついつい経費削減とか、人員削減とか、お金に直結しそうなところばかりを考えてしまいがちですが…

 

業務時間の削減だって、十分コスト削減。

 

まさに、「時は金なり」ですねー

 

 

ただ削減するだけはダメ

 

ここで注意が必要なのは…

何となく「経費減りました!」じゃダメ。

 

売り上げに対してのコストを考えること

 

ここも以下の考え方が活きてきます。

 

「自分には出来て、部下の方々にできないことは…何だろう?」

 

つまり、部分最適化になってしまわないで、マネージャーとして全体を見渡すこと。

そうしないと、やみくもにコストを下げることに躍起になってしまうので…

 

大事なのは売り上げとのバランス。

 

とてもカンタンに示すと以下のようになります。

(数字は、「考えるべき優先順位」です!)

 

 

以下でカンタンに説明しますね!

 

売り上げが伸びそう

売り上げが伸びそうだというときに最も効果的なのは、「伸びそうだからといって、無駄に支出が増えていないか」というところ。

会社も勢いに乗ってイケイケドンドンなムードなので、ついついお金を使ってしまいがち。

でも、「それって本当に必要?」というところは、マネージャーとしては自問自答すべき…

逆に、一度試算として挙げておいて、「これは不要なので削ります!」ということを後から言えれば、「自分が費用削減した」ということを主張しやすく、自分の功績にもできますね(笑)

 

売り上げは前期と同じ

この場合に会社として考えたいのは、「売り上げはせめてこのままにして、コストを下げたい…」という気持ち。

つまり、「顧客に対するサービスレベルは維持しつつも、何とかコストを下げることは出来ないか」ということを考え始めるんですよね。

なので、ここでは「効率化」ということが重要になってきます。

ただし、あまりに「効率化」にこだわり過ぎて「この業務は廃止!」みたいに過激な判断をしてしまうと、サービスレベルの低下を招き、売り上げを下げるといったことにもなりかねません。

売り上げが前期と同じであれば、売り上げを左右するサービスは死守したいところ。

なので、顧客へのサービスレベルなどは維持しつつも、コストを下げるといった方法が効果的です。

 

売り上げが下がりそう

この場合はもう何が何でもコストを下げたい。つまり、なるべく無駄な業務を廃止し、トントンな状態に持っていきたい…というムードになるはず。

ここではもう「効率化」なんて悠長なことは言っていられません。

止められるものはすぐに止めて、資金であれ労働力であれ、最低限の売り上げを確保できるビジネスの領域に集中すべき。

その判断をするのも、マネージャーの仕事ですね。

 

数字はどう示すか?

もちろんホントに収入とコストを割り出そうとするのであれば、

自社の会計基準などを知る必要がありますね。

 

でも…

形式的なところばかり気にしすぎると、

自分の部署の実情に即さない数字になってきたり。

数字を算出するのに時間がかかり過ぎたり…

なので!

まずは分かりやすい形で!

 

最初のアピールのときには、それでいいんです。

 

たとえば以下のような計算式で出せます。

 

ケース①
「必要労働人数x平均給与」

(例)新しい商売のために3人追加予定だったが、1人でいけそうなので800万円のセーブになった。

 

ケース②
「削減可能な労働時間÷1日辺り労働時間x平均給与」

(例)1日あたり20時間の業務時間が削減されたので、500万円のセーブになった。

 

Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
おぉ!これだけでも確かに他の人が興味をもって聞いてくれそう!
そうですね。管理職としての業務を認めてもらうのには、コスト削減を金額にして示すというのは、取り組みやすい方法のひとつですね!
Raku
Raku

 


 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!ラクとトクコの順位は以下から!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら10日間無料お試し…

 

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

 

 

 

 

Follow me!