「上から目線の人」の人がウザイとき、手玉に取るコツ

こんにちは!ラクです。

「上から目線のあの人、うっとおしい…イライラする。

黙らせたいけど、相手にしても時間の無駄だし…」

そんな風に思うこと、ありませんか?

Tokuko (why)
Tokuko (why)
せやなぁ…そもそも、なんでそんなに上から目線になる必要があるんやろな…
そこを知れば、うまく自分の味方(フォロワー)になってくれる可能性があります!
Raku
Raku

実際にあったケース

上から目線のコメント例としては、以下のようなものが挙げられます。

上から目線のコメント例
「この仕事をするときって、Aの手順からするのが常識だよね?」
「そういうのって今まであんまり考えたことない?」
「もうちょっと勉強した方がいいんじゃない?」
「まぁあなたでもそれくらいは分かるんじゃないの?」

 

Gaaan
Gaaan
ま、まぁ似たようなセリフは言われたことあるけど、改めて聞くとやっぱり腹立つな…
そうですね(笑) 逆にこういうセリフを言えてしまう人の気持ちが謎なんですが…
Raku
Raku

そもそもなぜ「上から目線」?

「上から目線」というと、自分より社会的地位が低い人たちからエラソーに言われるような場合です。

でも…じゃあ「上司」や「先輩」という立場なら、エラソーになっていいものなのでしょうか?

確実に言えることは、いい人間関係を築いていくうえでは、本来不要ですよね。

それでもなぜ上から目線になってしまう人がいるのか…

カンタンには以下2つの理由があります:

上から目線になる心理
● 相手に対して:自分の方が優秀と見せつけることで、優越感に浸りたい
● 周囲の人に対して:誰かを蹴落とすことで、自分の存在意義を確立したい

Gaaan
Gaaan
はぁ?見捨てられたら怖い??
説明しますね
Raku
Raku

恐怖心の裏返し

プライドが高く、優秀で、何でもできる…

そんな「イメージ」を周囲に持ってもらおうと努力してるのが、「上から目線」である理由です。

実は「属している組織から離れたくない」…という心理が、他の人に比べて高いとも言えます。

つまり…突き詰めて言えば…単細胞のめんどくさがり屋です。

相手の気持ちとか、他の考え方とかを考えることが面倒なんです。

自分の持っている権利とか、役職とか、既得権益とか…

そういったものをフル活用して、「心地いいポジション」にしがみつこうとしている…

それが「上から目線」という行動に繋がっています。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーむ…ホンマは相手のことを考えられる人の方が、よっぽど組織で重宝されるんやけどなぁ…
はい、そのとおりですね…
Raku
Raku

そしてこのことは…

心地いいポジションを失うことが、人一倍怖いという心理に繋がっています。

自分の今のポジションが危機に陥った時には、何が何でも守ろうとします。

どうやって切り返す?

では、上から目線のコメントについて、どのように切り返せばいいでしょうか?

以下の例を以て考えてみましょう。

上から目線のコメント例
「この仕事をするときって、Aの手順からするのが常識だよね?」

 

ここで感情的に返してしまうと、相手も感情的になってしまいます。

たとえば、次のように返したら相手はどう思うでしょう?

NG例:「いや、別にそれが常識とは思わないですけど…他に方法があるとか逆に考えないんですか?」
Gaaan
Gaaan
う…うーん…これをやると、なんか話が長引きそうやなぁ…
そうですね…相手はより強固に自分を守ろうと、あなたを攻撃してくるでしょうね
Raku
Raku

「自分の今の立場を守りたい」という欲求が達成できず、余計に「上から目線」がエスカレートします。

話が長くなってしまうと、結局損をするのは自分です。

そこで、大事なポイントは3つ!

!ここがポイント
① 相手のことを、一応ホメる
② 「自分の事情」も伝える
③ 「あなたのようになりたい」…とでも言っておく

 

特に大事なのは②です。

それは…あまりナメられすぎても、今度は甘く見られて過ぎて今後こちらが困るからです。

よって、ある程度は自分の考えがあることをハッキリ示しつつも、相手を敬っているという態度を取ると効果的。

これらを踏まえ、このように返したら、どうでしょうか?

OK例:「あ、本当ですね!ありがとうございます。勉強になります。実はこの方法、部長から学んだんです。でも,●●●さんのように頭が切れるような人になりたいので、頑張ります」

 

まとめ

実は上から目線の人… あまり褒められ慣れていません。

(だからこそ、褒められたくて「上から目線」という部分もあります)

「あなたのようになりたい」と伝えると、

その人が今守っているポジションを擁護するコメントになり、勝手に優越感に浸ってもらえます。

そうすれば、あなたのフォロワーになってくれたりします。

こちらから何も言わなくても手伝ってくれるようになったり…(笑)

なぜなら、あなたは「自分の地位を擁護してくれるサポーター」という位置づけになり、あなたが大事な存在になるからです。

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
な…なんじゃそりゃ…単純というか、なんというか…

案外…ただの「構ってちゃん」なんですよね…逆にうまく利用してください(笑)
Raku
Raku


今回はここまでです!以下からぜひフォローしてくださいね!


職場のトラブルランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。