「アイツはもっといい役職でもいいのに」くらいが丁度いい

こんにちは!ラクです。

今回は、「アイツはもっといい役職でもいいのに」くらいが丁度いい…というお話です。

Raku
Raku
以前、私の会社に残念な人事部長がいました…
お?なんや珍しいやん。ラク先生がこぼすなんて。ええでええで。聞いたげるよ。いつも聞いてもらってるしなぁ。
Tokuko
Tokuko
Raku
Raku
入社してから6年目くらいだったと思うのですが…まさに「人事部長」という役職の威光を笠に着て、偉そうな態度を取る人がいらっしゃたんですね…
あー…いますよねぇ。そういうしょーもないヤツが…
Tokuko (why)
Tokuko (why)

私はその頃、関西の方の支店で働いていまして…

時々東京の本社に出張することがありました。

そのたび、本社の人事部長と話すと…

「東京の本社に出向いてくるときは、必ず私に挨拶に来るように。

それがステークホルダーマネージメントでしょ」

…みたいに毎度言われまして。

実はその方、かなりお若くて…

まぁ言ってみたら、たまたま部長ポジションが空いた時に、

うまいこと役職取れたなっていうような感じだったんです。

私は内心…

「なんだこいつ、めちゃくちゃ偉そうだな!

こんな風には絶対ならないでおこう…」

…と、毎回思っていました。

もともとウチの会社はアッサリした雰囲気なだけに、

この人のこういうやり方は、多くの方の反感を買うことになってしまいました。

そして結局、お辞めになられました…

Tokuko
Tokuko
お、じゃあ良かったやん!
そうですね。結果的には。でも私自身も、いい教訓になりました。
Raku
Raku

そもそも肩書は何のためにあるか

肩書は便宜的に会社から与えられたものです。

会社を効率よく運営するために肩書があるのであって…

肩書を以て運営するのではないです。

先ほどの人事部長のようにその辺りを誤解して…

もし肩書に頼った発言や行動をしているようであれば…

それは「私は肩書の力を借りてないと組織運営できません」って…

そう暗に言っているのと同じです。

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
せやなぁ。「私が課長だ!」って言っても、周りはドン引きするなぁ。
そう。そんなプライドは、人に見せなくていいんです…
Raku
Raku

そして更に…

肩書に依拠していた本人のみならず…

その命令に従うことを強いられた人たちまで弱くなっていってしまいます…

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
え??どういうこと!?
つまり…部下が自分で考えることをしなくなってしまいます。
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
し、指示待ち人間か…

上司が「肩書」の威光を笠に着て周りを軽く見るような人であれば…

これはやっぱり組織としては大変残念です。


マネージャーは役不足くらいで丁度いい

あの人は人格的にも能力的にも、もっといいポジションにいてもいい!

…そう周りから思われるくらいが、ちょうどいいです。

自分の気分もラクですし、謙虚さを忘れずにもいられます。

Tokuko
Tokuko
せやな!「トクコさんやったら、もっと出世できるやろ!」って言われると、嬉しいな
その方が、トクコさんも部下もお互いに心が楽なはずですね。
Raku
Raku

 

★らくマネAdvice★
✅ 肩書は自分の信頼度を示すものではない
✅ 肩書に依拠したチーム運営をすると、チームの力が弱くなる
✅ 役不足くらいな環境が自分の気分もラクだし、謙虚さも保てる

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました。もしこのブログが少しでもお役に立てたようでしたら、以下をクリックしていただけますか?


管理職ランキング

皆さまのお役に立てるブログを配信していきたいと思っています!コメントもお待ちしております!
Raku
Raku

》コメントはこちら

》ラクとトクコのマネジメント学校