今こそ小学校の道徳に学んで、職場をラクにする

こんにちは!ラクです。

今日は小学校の道徳の話をします!

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
えーー小学生のレベルの話?

 

じゃあトクコさんは、もう「大丈夫」ってことでいいですか?
Raku
Raku

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
う・・・なんかそう言われると不安になってきた

 

今更、「小学校の道徳なんて」・・・って思うかも知れません。

 

でも・・・

大人になっても同じことで悩んでるんです。

 

今回はあるストーリーをお話します。

似たような職場でのご経験も、あるはずですよ(笑)

ストーリーの内容

ここからはストーリーをご紹介しますね。

(もちろん私の方でかなり編集しております!)

 

ーーーここからーーー

たくや君は、バスケが得意でみんなのあこがれです。

「(たくや)今日、みんなで放課後バスケやろう!」

「(みんな)やった!たくや君と同じチームに入れてね!」

 

・・・その後、たくやさんが去って・・・

 

教室では、よしととまさるが話しています。

 

「(よしと)僕、本当は行きたくないな…

でもこの前、たくや君の誘いを断ったら、次から全然パスをもらえなくて…

あの時から他のみんなも僕に冷たくて。

たくや君っていじわるで怖い人だと思う…」

 

「(まさる)え?僕は今日塾があってバスケいけないんだけど…」

 

まさるはどうしたらいいか分からなくなり、不安になりました。

ーーーここまでーーー

 

あなたがまさるなら、どうしますか?

 

Raku
Raku
ちなみにトクコさんだったらどうします?

 

そりゃあ塾よりバスケやろ!
Tokuko
Tokuko

 

Raku
Raku
ポイントはそこじゃないんですが・・・(汗)

 

こちら・・・

 

なんとなく「考えるポイント」がどこか、お気づきの方も多いはず。

 

それを話す前に、大人の職場での類似事例も挙げますね。

 

大人の職場の例

今回もまた、トクコさんの部下のマナコさんに協力してもらいます。

Manako
Manako
トクコさん、あの、なんか隣の課の課長さんが…

 

うん、どうしたん?
Tokuko
Tokuko

 

Manako
Manako
この前、彼の頼み事を断ってから、ウチの課に冷たくて…嫌がらせですかね?

 

・・・・・・
Tokuko
Tokuko

 

ここで今回の話のポイントが分かった方!

 

さすがです(笑)

今回の話のポイント

ものすごく簡単に言ってしまうと…

 

「偏見」ですね。

 

つまり「偏った見方」です。

 

さらに細かく言えば…

 

今、手元にある情報だけを材料にして、自分で勝手にストーリーを作ってしまっている

 

…ということ。

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
これは…あるぞ!職場「あるある」…!
結局脳の負担が軽い方に考えちゃうんですよね…その方が楽だから
Raku
Raku

 

そう・・・

つまり、「ストーリとして流れがきれいで完結しているな」と思われる話は…

特に気を付けた方がいいんです。

 

今回のように「たくや君の誘いを断った」⇒「パスがもらえなくなった」⇒「みんなが自分に冷たくなった」

 

…と、勝手にストーリーを作ってしまっている。

でも…何となく「ストーリーとして整っている」ように思えてしまいますよね。

 

だからこそ危険なんです。

 

だって…

実際のところ、本人に聞かないと何も分かりません。

 

何より本人に「その気」が無かった場合、

たくや君にめちゃくちゃ失礼ですし、たくや君も傷つくことになります。

 

それなのに、たくや君のことを勝手に他の人に悪く言ったり…

それは残念ですね。

 

その後まさるはどうしたか

 

この道徳のお話では…

まさるは、たくやに確認します。

 

「(まさる)たくや君、僕は今日塾があってバスケいけないんだけど…行かなかったらパスもらえなくなるのかなって心配してる人もいるみたい。それって本当?」

 

「(たくや)え?全然そんなことしないよ!もしそういう風に思わせていたならごめんね。またじゃあ今度一緒にバスケしよう!」

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
なんや…たくや、めっちゃええヤツやん…

 

まぁ現実世界でどうなるかは分からないですが…少なくともまさるのような勇気は持ちたいですね
Raku
Raku

 

職場でも似たようなことが時々ありますね(笑)

もちろん「大人の世界はこうは行かない」かも知れませんが。

 

でも自分がどう在りたいかは、自分で判断して。

勇気をもって、正しいと思うことをする。

 

そうありたいですね。

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしこのブログが少しでもお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

皆さまのお役に立てるブログを配信していきたいと思っています!コメントもお待ちしております!
Raku
Raku

》コメントはこちら

Bow wow
Bow wow
以下から他のコンテンツも…見てね
◆自分の「売り」をチョコレート戦略から考える
◆「自分が正しい!」と過信する部下への対応を知ってトクする
◆外見の魅力がマネジメントをラクにする
◆出世したら人生バラ色ですか?
3種類の会議を知っておいてトクする
◆最新記事の一覧へ




1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です