「この仕事って意味あるんですか?」って部下に聞かれたら…?

こんにちは!ラクです。

今回は…「この仕事って意味あるの?」と疑問を持つ部下への対応について!

 

 

いきなりですが、ちょっと例えを出しますね!

今、上司のトクコさんと、部下のマナコさんが話をしています。

 

Tokuko
Tokuko
来週、海外支店の支店長がウチの部署のこと知りたいって見学に来るらしいから、1時間ほどのプレゼンしてあげてくれへん?

 

え・・・私、来週は締めが3つもあるんで、そんな時間が・・・
Manako
Manako

 

Tokuko
Tokuko
あーそうか。でもマナコさんが一番現場詳しいからなぁ。簡単でもいいから、じゃあまずたたき台だけでも作ってみてくれへん?

 

え・・・なんで海外支店の人に私たちの部署を紹介する必要なんてあるんですか・・・それ、やる意味あるんですか?
Manako
Manako

 

Tokuko
Tokuko
・・・・・

 

この例からもなんとな~く分かるように・・・

「これって意味あるんですか?」…とは、面倒だからという気持ちもありますよね。

 

でも…「これって意味あるんですか?」…の真意が、

これって私にとって意味あるんですか」になったら、ダメ

 

では、詳しく見ていきましょう!

 

全体から見る

 

突然ですが・・・ちょっとを考えてみましょう。

 

例えば・・・「これって絶対意味ある!」って、

自分で信じて何かを成し遂げたとします。

 

そーですね・・・

ではある業務プロセスについて、パワーポイントで「まとめ」を作ったとしましょう。

 

 

これだけ分かりやすい資料なんだから、

きっとみんな喜んで見てくれるはず!使ってくれるはず!

だから、この仕事にはきっと意味がある!

 

…と思ったけれど…

 

だ、誰も使ってくれない・・・

 

ここで何が言いたいかと言うと・・・(笑)

 

「自分だけが意味のある仕事」って思うだけでも、

他の人がそれに対して価値を見出してくれていなければ、

それは残念ながら「意味のある仕事」にはなりません。

 

そして皮肉なことに・・・

 

多くの場合は「自分としてはその仕事の意味を疑問に感じているけれど、

他の人たちはそれで助かっていることがある」ということ。

 

そして・・・

ちゃんとそこに「需要」がある以上、

それを満たすことは立派な仕事と言えます。

 

なぜ「意味が無い」と考える?

 

残念ながら私を含めた多くの人たちが、

給料を得るために仕事をしている」状態です。

 

ですので・・・会社から「仕事をさせられている」感覚にあります。

 

当然ですが会社としても最も効率の良い方法を選ぼうとするため、

そこそこ人数のいる会社では、特に分業になりがち…なんですよね。

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
確かに…大手の自動車工場で働く人たちとか、自分はある部品を専門に作っているけど、それがどう全体の仕組みに関わってるか分からないとか…実際聞くしな…

 

そうすると、自分が「車を作っている」って意識が薄れてきちゃいますよね…
Raku
Raku

 

そうすると、ある一定の分野においてはめちゃくちゃエキスパートになれるのですが、

逆に「今までやったことの無い仕事」に対しての心理的障壁が高くなります。

 

だからこそ・・・「これって意味あるの?」って考えがち。

 

今、自分が行っている仕事が本当に意味があるのか、

そこを把握できている人は、案外少ないのかもしれません。

なので、部下の気持ちも分かります。

 

上司として出来ることは

「この仕事は実は全体から見ればちゃんと価値がある!」

 

・・・そこをどう部下に伝えていくか?

ここが課題です。

 

部下への対応

 

先ほどのトクコさんとマナコさんの会話の続きをやってみましょう!

 

え・・・なんで海外支店の人に私たちの部署を紹介する必要なんてあるんですか・・・それ、やる意味あるんですか?
Manako
Manako

 

Tokuko
Tokuko
確かに現場で働いているマナコさんたちにはちょっとイメージしづらいかもな。でも実は、そこの部署とウチは似たような仕事してるんよ。だから、お互いに紹介し合って、良いところを真似していかへん?って話になってるんよー

 

うーん・・・なるほど・・・
Manako
Manako

 

Tokuko
Tokuko
だから現場を良く知ってるマナコさんにお願いしたいっていうこと。忙しいとこホントごめんやねんけど、お願いできる・・・?

 

はい・・分かりました
Manako
Manako

 

・・・という具合に。

 

ただ、注意するべき点として「意味があるのかどうか分からない」という気持ちを持つのは悪いことではないので、

そこはまず一旦、部下の気持ちを受け入れてあげましょう。

(トクコさんも、「現場の人たちには見えづらいかもね」と言っています)

 

このような共感と、説明と・・・最後にお願い・・・が大切です。

 

ちなみに・・・

 

「意味のない仕事」…は、残念ながら時々あると思います。

 

なので・・・

「これって意味あるんですか?」という質問があった際に、

毎回毎回部下に対して自分の正当性ばかり主張するのではなく、

本当に意味が無さそうであれば、「やめる」という勇気を上司として持つことも大事ですね。

 

まとめますと、こんな感じです・・・

★「意味があるかどうか」の判断基準★
✅ 部下の主張が、「これって私にとって意味あるんですか?」ということであれば、他の視点からも検討が必要。
✅ 部下の主張が、「これって皆さんにとって意味あるんですか?」ということであれば、止めることの検討も必要。

 


今回はここまでです!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

 

カテゴリ別の記事は以下から!

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

 

 

Follow me!