マネージャーの最終兵器!「マイクロマネジメント」を使いこなそう!

こんにちは!ラクです。

今回は…マネージャーの最終兵器!「マイクロマネジメント」を使いこなそう!…という話!

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!マイクロマネジメントって、フツーは否定的な意味で使えへん??
そうですね。でも実は…ふふふ…
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
えぇ!?なんか怖い!

 

確かにマイクロマネジメントというと、ネガティブなイメージがありますよね。

 

何だかずっと監視されているのか…

細かいことまで口出しされるのか…

箸の持ち方まで注意されるのか…

間違ったらスリッパで頭を叩かれるのか…

 

しかし!

 

決してそんな「悪いこと」ばかりではありません。

どうしても極端なことをやろうとすると、

物事のバランスを取りたくなって、ついついネガティブになりがち。

 

でも、マイクロマネージが必要な状況をきちんと見定め、

適切な形で行うことができれば、これほど強力なことはありません。

 

まさに、マネージャーとしての最終兵器!

 

 

 

上司の「鉄則」

ちょっと例えを用いてお話ししましょう。

今、マナコさんはプロジェクトリーダーで、例えば以下のような発言をしたとします…

Manako
Manako
えー例のプロジェクトの件です。期限は来月末ですが…まぁ別に1~2週くらい遅れても仕方ないです。皆さん疲れてるだろうし…

 

まぁ、こう言いたくなるのも分からなくはないですが…

 

「別にいいよ」みたいな雰囲気を作り出してしまうと、

それだけで「ダレダレモード」への加速が激しくなります。

 

特にリーダーやマネージャーが、期限に対してダレると、

まず間違いなく失敗します。

 

これは鉄則ですが・・・

マネージャーはチームと逆の雰囲気を作る

・・・これが大事!!

 

 

つまり…

ヘラヘラしている環境ではビシっとした態度で。

逆にピリピリした環境では落ち着いた態度で。

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
なるほど。バランスやね。
そのとおりです!
Raku
Raku

 

マイクロマネジメントはこの場面!

マイクロマネジメントが最も効果的に活きてくるのは、プロジェクトなどのように、

チームで働きつつ、かつ自分達で締め切りを作る必要がある

…というようなケース!

 

 

ここでマネージャーやプロジェクトリーダーが、

締め切りに対して甘い発言をしてしまうと・・・お分かりですね・・・

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
ま、まぁ誰もやる気にはならんよなぁ…

 

そうですね、残念ながら・・・
Raku
Raku

 

 

そういった環境においては特に、

徹底的に、細かく、細かく、見る

 

自分の「本気」の気持ちや感情と言うのは、

まず間違いなくチームに影響します。

 

逆に言うと・・・マネージャーやリーダーがそうやって本気を示さないで、

部下やプロジェクトメンバーが本気で動くなんて、ほぼ間違いなく無いんです。

 

つまり、マイクロマネージとは…

マネージャーやリーダーの本気度を示すこと

 

…とも言えます!

 

マイクロマネジメントの例

では具体的に見ていきましょう!

どんな方法が良いか・・・

 

ここまで「本気になれ!」とか、「リーダーはダレるな!」とか

色々と偉そうに申し上げてしまいましたが…

 

マイクロマネジメントの方法は、型に当てはめて行うことができるので、

実は思ったよりもカンタンなんです。

 

むしろ、逆にカンタンにしておかないと、マイクロマネージなんて続きません(笑)

 

単純だからこそ継続できる、継続しないといけないから単純にしておく

…ということですねー

 

5W1Hをご存知の方は多いと思いますが、

それに倣った方法で「当たり前のこと」を確認していくだけです。

 

そのうえで、こんな風にログ(記録)を取っていきます。

 

大切なのは、質問!

ログを取ることはもちろん大切ですが。

このログを取るにあたって、どういった質問をチームに投げかけるのか。

ここが「マイクロマネージ」の最も大事なところと言えます。

 

例は以下の通りです:

●昨日は何をしたのか
●今日は何をする予定か
●明日や今後はどういう予定か
●誰が担当なのか
●どうやって処理していくのか
●なぜそもそもxxxできなかったのか
●結局、問題は何なのか
●次のアクションはいつまでにやるのか

 

中でも取り分け大事なのは、

いつまでにやるのか…と、今日何をするのか

 

ここをやっぱりどうしても明確化できない場合が多い。

 

けれど・・・

別に「いつまでに解決する」じゃなくてもいいんです。

 

次に繋がるアクションであれば、

「いつまでに何をやる」ということを決めるのが大事。

 

逆にチームの方々に質問をして、ログを取って・・・など行っても、

何も行動を取らなければ何の意味も無い・・・

 

つまり

「で、今日あなたは何をするんですか?」

…ということ。

 

チームのメンバーに質問して、ログをして、当日のアクションの確認を行う…

 

たったそれだけのことですが、チームが大きく変わってきます!

 

今回のまとめ!

少し長くなってきたので、今回はここでまとめますね!

 

★Advice★
✅ マイクロマネージは「チームワーク」と「締め切り」が必要な場合に有効
✅ マネージャーやリーダーの本気度を伝えることに繋がる
✅ いつまでに完了するのか&今日何をするのか…を毎日決める

 

 


 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!ラクとトクコの順位は以下から!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら10日間無料お試し…

 

Follow me!