オンラインで人事考課を行う際に気を付けたい3つのポイント

こんにちは!ラクです。

 

在宅勤務の人も増えてきて…オンラインで行う人事考課が初めて!

…そんな方も多いのではないでしょうか?

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん・・・やっぱり直接会って話せないのがなぁ・・・

 

そうなんですよね。やっぱり微妙なしぐさとか表情とか・・・が、分かる方がいいですよね
Raku
Raku

コロナがこれだけ蔓延するまでは、直接会って話をしていたけれど…

オンラインで人事考課を行う場合は、どうしたらいいんだろう…

そんな風に思いませんか?

 

 

今回は、個人的な経験も踏まえて、気をつけたい3つのポイントについて、ご紹介しますね!

 

1. カメラをオンにする!

 

ぜひ、カメラをオンにしましょう!

 

やっぱり、お互いに表情を見ながら話す方が、

圧倒的にやっぱりカメラがオンの方が、気持ちが伝わるんです。

 

特に最近直接人に会うことが少なくなってきたからなのかも知れませんが(笑)

 

どれだけ言葉を並べて会話をするよりも、

相手の表情が見える方が、伝わる情報の質が高いというか…

やっぱり「表情」といったような「目に見えるもの」を人は優先する。

 

そこをぜひ、利用しましょう。

そしてカメラがオンの状態であれば、表情だけではなく、

自分の手の動きなども用いて相手に伝えることもできます。

自分の熱意を相手に伝えやすかったりします。

 

「頷き」も効果的!

これもカメラオンだから出来ることですね。

 

なぜ「頷き」が大事かと言うと…

 

会話のリズム感

これを大切にするため。

カメラがオンになっていないと、当然ですが音声だけになります。

そうすると…相手が話すたびに、「はい」、「そうですね」、「なるほど」など…

回線が少しでも遅かったりすると、少しの相槌もズレて入ってしまい、

相手とのコミュニケーションがスムーズにいかなかったりします。

 

人事考課といったセンシティブな会話場面では、

特にリズム感は大切にしたい。

 

普段のオンライン会議などではあまり重要視されない

「言葉以外の側面」についても人事考課では利用すべきなので、

ぜひ(恥ずかしがらずに)カメラはオンにしましょうね!

 

 

2. 相手に話をさせること!

 

これは……

特にオンラインの場合、要注意。

 

ついついマネージャーというものは「自分ばっかり話す」という状況に陥ってしまいがち。

 

これまで面と向かって面接をしていた頃は…

仮に自分がバーーーっと話過ぎてしまうと、

やっぱり「あ、私の話聞くの、そろそろ疲れてるな…」と、こちらも気づくことができます。

 

しかし・・・

オンラインでは相手の感情や考えてることが分かりづらい。

 

 

カメラをオンにしない限り、画面には何も映っていないか、

相手の名前(あるいはイニシャル)が移っているか、

相手の顔写真が映っているか・・・その程度のものですよね?

 

Gaaan
Gaaan
ま…まぁせやな…「私、聞くの疲れました」とか、やっぱり言葉では言えへんしな…

 

まぁ案外…そうやって言葉に出していかないと伝わりにくい世の中になってきているのかも知れませんが…
Raku
Raku

 

オンラインで会議するとき、カメラがオンになっていて相手の表情が読めれば、

「自分が話し過ぎている」…ということに、まだ気づきやすくなります。(笑)

 

人事考課のときは特に、相手に話をさせることが大切。

(これはオンラインに関わらず…基本ですね…)

 

感覚的には…7対3で、相手に話をさせる

それくらいの気持ちでいていいと思います。

 

3. 「感情」の送受信

これが最後のポイントで…

最もオンライン面接で大切なこと。

 

今までオフィスにいれば、

「自分が働いているところ」が人に見られていましたよね?

 

しかしこのコロナ禍において…

「自分が他人に見られる」ということが圧倒的に少なくなってきているんです。

 

もちろんこれは良い側面もあって、

他の人の目が無いだけ、ストレスフリーになるという良い点もあります。

 

しかし、例えば…あなたの上司や周りの同僚などが…

こんな声かけをしてくれていたこと、ありませんか?

 

「最近、あなた残業多いよね。大丈夫?」

「ちょっとこの頃、落ち着いてきたんじゃない?良かったよね」

「さっきのあの人との会話、結構面白そうだったね」

「ちょっとブルーな感じに見えたけど、飲みに行く?」

 

…など…

 

「自分のことを気にかけてくれている」ということは、

やっぱり心を満たしてくれていた

 

 

しかし…コロナ禍においてはそういうことも少なくなりました。

 

人事考課のタイミングは・・・

「上司」が、部下の人を「見てますよ」と伝える絶好の機会なので、

ぜひ「私はあなたを見ていますよ」というのを、

できればポジティブに伝えてあげましょう!

 

「あのときに、書類をまとめてくれたのが、私はホント助かってたよ」

「言わないのに気づいてやってくれるところが、私はxxxさんの良いとこだと思う」

「経験も知識もあなたはあるんだから、私はあなたが次のステップに行けると思う」

「他の人はあなたのことを短気と思う人も多いけど、私はそう思わない」

 

Tokuko
Tokuko
まさにこのブログのテーマ!独りじゃない!

 

そうですね。オンラインだからこそ、これまで以上に重要視したいところですよね。
Raku
Raku

 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

Follow me!