部下の「やる気スイッチ」の入れ方を知ってトクする!

こんにちは!ラクです。

今回は、部下の「やる気スイッチ」の入れ方について!

 

部下のやる気を引き出すことは、

まさにマネージャーの醍醐味の一つ!

 

Tokuko
Tokuko
お!ええやん。あたしそういうの得意やで!

 

君は部下のやる気を引き出して、引っこ抜きそうな気もするな・・・
Bow wow
Bow wow

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
うっさい!そんなことないわ!

 

ズバリ結論から言います!

こんな感じ!

 

部下のやる気を引き出す方法

1.本人が困っていることを見出す。(無ければ困ることを作る!)
2.本人が好きで、得意で、素質があるものを利用する
3.困っていることが、「2」で解決できそうであれば、それをさせてみる

 

もっとすごく簡単に言ってしまうと、

その部下自身が持っている強みに焦点を置いて、

それを基に問題を解決させる!

 

そうすることが自信に繋がり、結果、やる気を引き起こすことにも繋がります。

 

…と、まぁ、コンセプトはそうなんですが…(笑)

 

実際日々仕事を行っている中で、

そのコンセプトをどう現場で利用していくか・・・

そこが大事ですね。

 

では早速見ていきましょう!

 

部下が学ぶ瞬間はいつか

まず、誰でもそうなんですが、

 

学ぶ瞬間とは困っているとき…です。

これはもう間違いありません。

 

逆に言いますと、成功ってあんまり学べないんです。

 

なぜかというと…成功してしまうと、そこでもう「なぜ成功したか」ってあまり考えないから(笑)

結果だけ見て、喜んでしまうんですよね。

 

また、成功というのは…

もちろん時と場合によりますが、「運」の影響がある場合も多いです。

 

逆に「失敗」の場合には、ちゃんと見直していけば、「おそらくここが悪かったんだろう」ということが分かり、

「次からどうしよう」と、再現性のある方法論を考えていくことが出来ます。

 

それは「運」による成功よりも、実はよっぽど価値が高いですね。

一発だけの運任せの成功では無いので。

 

なので、やる気を出させるためには、

まずは「困っている状態」を作り出す必要があります。

これが大前提。

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
えー・・・でも、無理に「困ってる」状態なんて作れないことない??
無理に困らせる必要はありませんが、部署にとっての「課題」なんて、きっとどこも山ほどありますよね?
Raku
Raku

 

Gaaan
Gaaan
は、はい・・・ありますあります・・・残業とかノルマとか顧客のクレームとか・・・

 

もし当人に「困ったこと」が無ければ、部署として「困っていること」をしてもらってもいいと思いますよ
Raku
Raku

 

部下の能力を使う

まず、その部下の「性質」をちゃんと知っている必要があります。

 

当たり前ですが、人間嫌いな人に営業をさせても‥‥それはきっと無理があります。

でも、例えば、同じ営業部に居たとしても、データ管理などであれば得意かも知れない。

 

まとめますと、

本人が、①好きで、②やってみたくて、かつその③性質がある。

この3点が揃えば一番いいですが、部分的にでもOK!

 

では、是非トクコさんとその部下のマナコさんに実演してもらいましょう!

設定としては…マナコさんは残業が減らなくて困ってます。

 

Manako
Manako
トクコさん…私、なかなか残業が減らなくて…

 

そうやねーいつも遅くまでいるよね。何が原因やと思う?
Tokuko
Tokuko

 

Manako
Manako
そもそもの処理量が多いのと…でもまぁ、全体像が見えてないから多く感じるのかも…

 

そうなんや… あ、ところで、データ処理とか好きやんね?
Tokuko
Tokuko

 

Manako
Manako
あ、はい。そうですね。まとめていくのは好きです

 

そうやんね…じゃあ一回さ、フローチャートみたいなん作ってみてくれへん?すっごく簡単でいいから
Tokuko
Tokuko

 

Manako
Manako
あ、はい。分かりました。やってみますね

 

・・・という具合に。

 

このトクコさんとマナコさんの状況をまとめると・・・

1.本人は残業が増えていて困っている
2.本人はデータ処理が好きで、得意。その性質もある。
3.自分でやらせてみて、可視化することに成功!

…ということになりますね。

 

ここで大事なことは、マナコさんのやる気が引き出されているのは…

トクコさんのここの一言!

 

そうなんや… あ、ところで、データ処理とか好きやんね?

 

Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
分かった!やっぱり関西弁が親しみやすくて部下の人もやる気でるんやろ!?
関西弁は・・・関係ないですね・・・
Raku
Raku

このトクコさんの一言が出るまで、部下は「困った状態」に居たはずでした。

 

しかし、トクコさんのこの一言で、

見失っていた自分の強みを再認識できた

…ということが言えます。

 

誰しもそうですが・・・

困っている状況にあると、まず一旦自分を見失ってしまうんです。

 

しかし、

上司自身が知っている部下の強みや素質を敢えて言語にする。

そしてそれをキチンと部下に伝える。

そうすることで、部下自身は「自分なら乗り越えられるかも」と、勇気が湧いてくる。

 

これがやる気の源泉になります。

 

「あ、…私って…そういえばそんなこと出来たんだった。

上司もそれを見てくれていた。ちょっとやってみたいかも!」

…そう思ってくれるようになりますよ!

 

あわせて読みたい

 

 

★今回のまとめ★
1.本人が困っていることを見出す。(無ければ困ることを作る!)
2.本人が好きで、得意で、素質があるものを利用する
3.困っていることが、「2」で解決できそうであれば、それをさせてみる

 


今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

カテゴリ別の記事は以下から!

 

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です