部下の眠る力を引き起こす方法を知ってトクする…!

こんにちは!ラクです。

今回は、マネージャーが部下の眠る力を引き起こす!…話です。

 

マネージャーの醍醐味の一つ!

 

Tokuko
Tokuko
お!ええやん。あたしそういうの得意やで!
・・・・・・
Bow wow
Bow wow
Gaaan
Gaaan
またこの人事のバウさんの登場かい。何かしゃべりーや…いつもラク先生に代弁させて…
「君は確かに他の人の眠ってる力を叩き起こしそうだ」…だそうです
Raku
Raku
Tokuko
Tokuko
・・・(ちょっと今回はこっちが黙ってみよ)・・・
バウさん、トクコさんが「うっさい!」って言ってます
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
思ってないわ!

 

結論から言います!

 

部下の眠る力を引き出す方法とは…

 

1.本人が困っていること(あるいは本人が解決したいこと)を見出す

 

2.本人が好きで、得意で、性質があるものを把握する

 

3.困っていることが、「2」で解決できそうであれば、それをさせてみる

…です!

 

一つずつ見ていきましょう!

 

1.部下が学ぶ瞬間はいつか

これは私の個人的な経験になりますが…

 

部下が学ぶ瞬間とは

困っているとき

…です。

 

顧客に怒られたとき。

何か失敗したとき。

残業が減らないとき。

周りについていけないとき。

 

ちなみに・・・中にはそこで「なぜ自分だけがこんな目に…」みたいに、

卑屈というか、被害者意識が出る人がいますが。

 

理不尽な扱いを受けていないにもかかわらず、

悲劇のヒーロー・ヒロインを気取ってる人が居れば。

それは怒ってください。(それが成長させるべき部下であれば)

誰にだってこういう場面は来る。乗り越えれば糧になる。甘えてても成長しない。あなたのためにならない。」と。

 

まぁもし、そもそも能力の低い部下であれば…

やる気も能力もない部下ってことになるので、

指導に時間をかけすぎず、悪い評価を付けるだけでいいんですけどね…

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…そうやな。マネージャーの私も、時間限られてるしな…
はい。そこは部下には敢えて不公平でいいと、私は思います。育てる部下に注力すべきなので。
Raku
Raku

2.どう声をかけるか

 

さて!

本題に戻り…

 

部下の眠る力を引き起こす!

 

これはその部下の「性質」をちゃんと知っている必要があります。

 

当たり前ですが、

人間嫌いな人に営業をさせても‥‥

それはきっと無理があります。

 

でも、例えば、同じ営業部に居たとしても、

データ管理などであれば、得意かも知れない。

本人もきっと、得意だったら好きなはずなんですよね。

 

本人が、①好きで、②やってみたくて、かつその③性質がある。

 

この3点が揃えば一番いいですが、部分的にでもOK。

3.具体例

 

ここは是非トクコさんと、その部下のマナコさんに実演してもらいましょう!

設定としては…マナコさんは残業が減らなくて困ってます。

 

Manako
Manako
トクコさん…私、なかなか残業が減らなくて…
そうやねーいつも遅くまでいるよね。何が原因やと思う?
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
そもそもの処理量が多いのと…でもまぁ、全体像が見えてないから多く感じるのかも…
そうなんや… あ、ところで、データ処理とか好きやんね?
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
あ、はい。そうですね。まとめていくのは好きです
そうやんね…じゃあ一回さ、フローチャートみたいなん作ってみてくれへん?すっごく簡単でいいから
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
あ、はい。分かりました。やってみますね

まとめると・・・

1.本人は残業が増えていて困っている

2.本人はデータ処理が好きで、得意。その性質もある。

3.自分でやらせてみて、可視化することに成功!

…ということになります。

うまくいけば、かなりモチベーションも上がります。

さらに、仕事の効率化も進むので・・・

 

まさに一石二鳥!

 

これは…

逆に言えば…

 

部下を成長させるには、困ったことをまず与える

 

…これが実は一番大事ですね…

 

試練が無ければ、やっぱり成長しないんですよね…

 

本人も最初は辛くとも、言葉にせずとも、

きっとそのうち気付くはず。

 

辛いときでも、上司がちゃんと人間味を持って接していれば、

「あのときあれを乗り越えて良かった」

 

…そう思ってくれるようになりますよ。

 

今回のまとめ!

★らくマネAdvice★
✅ 本人が困っていること(あるいは本人が解決したいこと)を見出す
✅ 本人が好きで、得意で、性質があるものを把握する
✅ 困っていることが、「2」で解決できそうであれば、それをさせてみる

 


今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

ドラゴンボールから「習慣化の大切さ」を学んでトクする!
◆職場で「笑いを取れる一言」ベスト3
◆コーチングがラクになる4つの要素(GROWモデル)
◆1日24時間じゃ足りないときは、4Tを考えよう
◆感情と行動を切り離す方法を知ってトクする
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です