人生の「役割」の負担を減らしてラクする

こんにちは!ラクです。

Raku
Raku
今回は「役割葛藤」についてのお話しです

大体管理職の仕事に就き始めるくらいの年頃に、色々な「役割」を負っている人も結構いらっしゃるかと思います。

例えば…

◆社員である
◆上司である
◆部下である
◆夫(あるいは妻)である
◆親である
◆子供である

…という感じでしょうか。

そして、働き盛りの年齢のころ、そういったあなたの「役割」に対して、色々と要求が入ります。

例えば…

◆上司
なぜ業績が他のチームに比べて悪いのか?何とかしろ

◆部下
課の残業が増えてて辛いです。何とかしてください

◆他部署の人
あなたの部署の対応が遅くて困ってるんだよねー

◆夫や妻
休日くらいもっと家事したら/子供の相手したら?

◆子供
休日は外に遊びに行きたい!

◆子供の通う、ボランティアのサッカー教室
コーチやってくれませんか…?

いかがでしょうか・・・?(笑)

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
ひーー・・・こ、これはもうヘンタイ・・・
・・・じゃなくて、「タイヘン」ですね
Raku
Raku

なんでこんなに忙しいんでしょうね。

特にマネジメントを始めて、部下を多く抱え、他の部署との摩擦も気にして、自分の上司も気にしてさらに週末も「親」の役割があり、休日まで地域行事に参加していれば…

頼ってくれているのはまぁいいことなのかなとは思いますが、それにしてもこうも四方八方を封じ込められると、さすがにストレスですね。

なるべく体も心も休めようとはしているのですが、やっぱり自分に負荷がかかっているのが良く分かります。

役割葛藤とは

まさにこういった状態を「役割葛藤」と言うそうです。

自分の抱える「役割」が多すぎたり、その役割自体が自分のパーソナリティとかけ離れていたりすると、その葛藤に苦しんでしまうような状態のことです。

この状態は特にマネージャーをしている人に多いです。

「誰かの面倒を見ないといけない」…そういう状態にある人と、そうでない人については、求められる役割が大きく違いますよね…

セルフマネージする必要性

まず、もう・・

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
ちょ・・・ちょっと一杯やるか
ダメです…トクコさんはお酒のセルフマネージもいりますね…
Raku
Raku

 

まぁそもそも、全部100%やるのは、無理・・・

出来るとすれば…

◆優先順位をつける
◆全部6割でいいと思う
◆笑い話にする

そんな感じです(笑)

一番大事なこととして・・・

Raku
Raku
あなたのことは、あなたが一番良く分かっている

…ということです。

極端な話、先に上げた上司や部下や・・・夫、妻、子供、自分の親にしてみても、あなたのことは部分的にしか分かりません。

当然ですよね。

そして、彼ら・彼女らに対して「自分のことを全て分かって欲しい!」なんていうのも、土台無理です。

彼らも彼らの人生を抱えています。

私の場合、仕事についてはかなり「捨てて」ます(笑)

捨てるというと聞こえは悪いですが、「やれることをやろう」というスタンスです。

逆に言うと、やれないことはやらない。それでいいんです。

もし行き詰まったら…

Raku
Raku
悩まずにすぐに相談してみましょう。
でも、相談なんてどこに?
Tokuko (why)
Tokuko (why)
Raku
Raku
オンラインでカウンセリングを行っているところもあります

いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング【cotree】

ここは日本最大級のオンラインカウンセリングなので、安心して利用できます。

私自身も、最初はカウンセリングなんてどうなのかなと思いましたが…

やっぱり相手はプロですね(笑)話すだけでもスッキリしました。

Tokuko
Tokuko
話を聞いてもらえるだけでも、ホッとするね!

Raku
Raku
以下リンクより、マガジンぺージをご覧ください

》ラクとトクコのマネジメント学校


管理職ランキング




3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です