管理職の働き方改革は、自分自身のメンタルヘルスから!

こんにちは!ラクです。

今回は「管理職の働き方改革はメンタルヘルスから!」…です!

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん。あたしも今の仕事が向いてるかとか、悩むことあるなぁ…
トクコさんは向いてると思いますよ、リーダーの仕事
Raku
Raku

 

Tokuko
Tokuko
え?ホンマ?どんなところが??
え・・・?うーん・・・
Raku
Raku

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
そこはサッと答えてーや!

 

特に慌ただしくてバタバタした毎日だと、

自分で悩んでいる時間も持てなかったり。

 

マネージャーをやっていると、

人のことばかり考えないといけなくて、

つい自分のことや、自分のストレスのことを疎かにしがち…

 

ただ、

自分だけでは結論を出せなかったり、

身体的な症状が出たり

あるいは、会社に行く気すら無くしてしまった場合…

 

そんなときに

やってはいけないこと・・

 

 

それは・・・

 

 

一人で悩むこと!

 

そして、必ず、

 

感情と行動は切り離す…!

(過去の記事はこちら 》感情と行動を切り離す方法を知ってトクする

 

そのためには・・・

 

心理カウンセラーに相談することをオススメします。

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…なんかでも、カウンセラーって信用できる…?
そう思われるのはよく分かります。ただ、カウンセラーの言うことを信じるか信じないかは、自分で決めればいいんです
Raku
Raku

 

実は私もカウンセリングを受けたことがあります。

 

私の場合、顧客からの要望が多すぎて応えられず、

適応障害の疑いがあると言われました。

 

厚生労働省のHPには、このように載っています。

 

適応障害とは?
適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。

 

私の場合は、呼吸が苦しくなるという症状が出ました。

 

自分でも正直ビックリして、

その日は会社を早退し、その後数日休みました。

 

そのときに丁度カウンセリングを受けて、

ちょっとした質疑応答をした後で、

適応障害の疑いがあると言われました。

 

 

しかし!

 

以下が私の思ったこと(笑)

 

率直に思ったこと
適応障害とか、何でもかんでも病名をつければいいってもんじゃない。今はまだ自分は自分で客観的に見れている。会社に相談してみて、ちょっと様子を見てみたい

 

ただ実際のところ…

カウンセリングの後で思ったのですが、

 

「適応障害」と言う風に、敢えてそういった病名っぽいところに

落としどころをつけてくれたことで、妙に心が軽くなった気もします。

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
な、なるほど。妙に納得・・・
ですよね?(笑)
Raku
Raku

 

 

あと、印象に残ったカウンセラーの言葉があります。

 

それは・・・

 

もし長期に復帰できないといったことになると

それこそ会社は助けてくれなくなる。

だから今、休みなさい

 

・・・ということでした。

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
な、なるほど。妙に納得・・・
ですよね?(笑)
Raku
Raku

 

実際、私の部下が同じように職場に適応できなくなったことがあり、

私は彼の上司として、彼の復帰するポジションについて悩みました。

 

なので、

 

自分が同じような状態になった今、

自分の上司がどういう対応をするか、

それも何となく分かりました。

 

まぁ見捨てるということは無いのですが、

上司は確かに復帰後のポジションは悩むんですよね。

 

 

まぁ・・・

会社がどういう対応をするかどうかは置いておいて、

 

・・・まずは自分の体のこと。

 

似たような経験をしている人はたくさんいるので、

自分だけで何とかできるなどと思わず(自惚れず!?)

類似のケースをよく担当しているだろうカウンセラーに聞いてみる。

 

ただ、高いので・・・(汗)

 

1回50分で1万円以上とか・・・

 

結構ザラにあったりします。

 

なので、

電話でのカウンセリングをまずはお勧めします。

 

こちらなら、45分5,000円。(半額以下!)


オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

利用件数が11000件以上で、満足度90%のようです。

 

 

5000円と聞くと、それでも高いと思ってしまうかもしれませんが…

以下のようなことが分かります。

 

●プロのカウンセラーは、類似のケースにはどう対応しているのか

●自分が次にどう動けばいいのか

●自分がどういうアクションを取るのが「損しない」のか

 

 

そういったことが見えてくるので、

一人で悶々と悩んでいるのに比べると、

その程度のお金で解決できるのなら安いものです。

 

 

ましてや、そういった貴重な情報なので、

逆に聞かないで、悶々と悩む時間の方が、よっぽど損している…と、

私は考えています。

 

 

マネージャーやリーダーなど、管理職をしているのであれば余計に、

定期的なカウンセリングは必須だと、私は思います。

 

仮にあなたが管理職でなくても、

あなたのマネージャーに相談できないことを話せます。

 


Tokuko (why)
Tokuko (why)
せやな。あんまり管理職の辛さって、分かってくれる人は周りにいないしな…
はい。そういう人は多いはず。管理職こそカウンセリングは必要だと思います
Raku
Raku

 

今回の話はここまでです!

ご覧いただきまして、ありがとうございました!

他の記事もぜひご覧ください!

◆【動画付き】ポストイットでチームを変える!
◆なぜあの人は何回説明しても理解できないのか…?
◆会議中にメモを取るときのたったひとつのコツ!
◆変化への挑戦!(前編)なぜ人は変化を嫌うか?
◆変化への挑戦!(後編)実は変化に必要なのは「安心・安全・安定」
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

このラクとトクコでお話ししていることは、私の失敗談に基づいています。

もし、「しっかりしたビジネススキルを勉強したい!」と思っていらっしゃって、

「でも忙しくて時間がない」場合は、今の時代スマホひとつで学べます。

パパっと必要なスキルだけを空いた時間で見ることが出来るので、

ラクしてトクしたい方は、無料トライアルを試してみてください!

まずは10日間無料トライアル!

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です