チームの団結力を1段階引き上げる方法を知ってトクする!

こんにちは!ラクです。

今回は…団結「させる」方法を知ってトクする!…です!

 

 

団結力が高まるときとは、どういうときでしょうか…?

共通の目的があるとき?

 

・・それもありますが・・

最も団結力が高まるのは・・・

 

苦境を共にするとき

 

・・・です!

 

そもそも今の世の中で…

 

人間関係が希薄だとか、

コミュニケーション能力が無いとか、

ご近所づきあいが面倒とか(笑)

それは当たり前なんでしょうね。

 

だって別にそれらが無くても、

自分が生きていく上での「安全」を

脅かされる状態にはならないから。

 

つまり・・

 

人間は苦境に無いと、

個々の主体性が強くなり、

繋がりが薄くなる。

 

そんな感じです。

 

つまり、安全が確保されていると団結は不要になり、

個々の主体性が活発になるんです。

 

今の時代がそうなのかも知れませんね。

 

しかし苦境を経験させるとは、どのようにすればいいのでしょうか?

 

 

マネージャーとして、何ができるか

 

基本的に人間にとって、

やっぱり団結とは煩わしいもの。

 

苦境に無いと、群れようとは基本思わない。

 

しかし・・・

団結しないと解決できない問題がある。

 

それが会社。

それが仕事。

 

基本、会社の仕事なんて、

一人でできることは本当に限られていますからね。

つまり逆に言えば、

 

苦境が無ければ、作り出す必要がある

 

Gaaan
Gaaan
な、なんかストイックになってきたで…

 

あ、確かに。でもメリットもちゃんとありますから(笑)
Raku
Raku

 

そもそも会社として、

 

「達成すべき目的が無い」

それは絶対あり得ませんよね。

 

なので、

 

その目的達成のための手段として、

敢えて自分たちを苦境に追い込む

 

そして、それを共有するんです。

 

具体的にはどのようにすればいいのでしょう・・・?

 

 

具体例その1

自分達を追い込む手段・・ですが、

自分達だけで自分達は追い込めません。

 

よって・・・

そこには必ず、「自分達を評価する人たち」の協力が必要。

 

自分達をこれまでとは違った目線で見てくれる人で、

かつ、自分達のパフォーマンスが影響する人に

自分達のしていることを見てもらう機会を作るんです。

 

具体例その1
自分の上司の上司レベルに、自分達のやっていることをプレゼンする機会を作る

 

例えば・・・顧客から苦情が良く来ている商品があるとする。

そしたら、その原因と対策、および将来的な防止策について検討するため・・・

 

毎日顧客にこちらから電話し、

毎日クレームをまとめ、

毎日それについてチーム考える時間を設け、

自分達なりの改善案を作成する。

 

そしてそれから、

自分の上司の上司・・・(あるいはもっと上でもいいんですが)

プレゼンをする。

 

より正確には「プレゼンを1か月後にしますから、予定を空けておいてください

…ということを予めその人に伝えておいて、チームに準備をさせましょう。

 

これはもう・・・チームとして団結せざるを得ません。

自分の上司ですら、協力してくれるでしょう・・・(笑)

 

具体例その2

 

先ほどの例と同じように、

自分達をこれまでとは違った目線で見てくれる人で、

かつ、自分達のパフォーマンスが影響する人に

自分達のしていることを見てもらう機会を作る」…

 

これはもうひとつ方法があります。

 

具体例その2
自分の顧客に、自分達のことをプレゼンする機会を作る

 

これは別にプレゼン形式でなくてもいいのですが、

要は一番自分達の関わっている顧客(複数でも構いません)に、

 

自分達が一体その顧客に対して普段どういうことを行っているのか

 

・・・それをプレゼンや、1~2枚程度の資料にしたり、

あるいはメールの形式にしてみたりして、伝える機会を作ります。

 

もっというのであれば、

自分達がその顧客に対して行っていることが、

いかにその顧客のパフォーマンス向上につながっているのか。

 

実はこれ、ちゃんとできている会社や部署はほとんどありません。

 

どんないい商品やいいサービスを売っていても、

自分達が相手のどういったところで役に立っているのか・・・

そのことは定期的にやっぱりアピールする必要があるんです。

 

 

メリット

 

これのメリットは…

もちろん方向性がしっかりしていれば、

当然実績を上げることにも繋がります。

 

しかしそれ以上に、

たとえうまく行かなくとも、

 

この試みを続けている間の部下の挑戦や、

部下がしっかり頑張っている姿を

マネージャーが承認しやすくなる。

つまり、将来的なモチベーションアップや、

部下自身のスキルアップにも、大きく繋がります。

 

 

困難な状況にあってこそ、人は強くなり、

団結も強くなり、乗り越えていけるもの。

 

こう聞くとガチガチの体育会系のように聞こえるかもですが(笑)

もともと日本人はそういった「協調性」が大好きなので、

その点を考慮した方法とも言えます。

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
ちょ…ちょっと勇気がいる行動やけど、確実にレベルアップするな

 

そうです(笑)高度な技ですが、自分自身の成長にも繋がりますよ
Raku
Raku

 

★今回のポイント★
✅ チームの団結力を1段階引き上げるには、自分達をこれまでとは違った目線で見てくれる人で、かつ、自分達のパフォーマンスが影響する人に自分達のしていることを見てもらう機会を作ること。

 


 

今回はここまでです!

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

カテゴリ別の記事は以下から!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

やってみて良かった!マネジメントの勉強!

今なら無料お試しアリ…!

おもしろい!マネジメントの勉強。やって良かった「グロービス学び放題」!

 

Follow me!

チームの団結力を1段階引き上げる方法を知ってトクする!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です