ラクに「会議を支配する」方法を知ってトクする!

こんにちは!ラクです。

今回はラクに「会議を支配する」方法を知ってトクする!…話です!

 

ちなみにここで言う会議とは…

特に会社の場合だけではなく、

家で家族と話したり、PTAで話したり、町内会で話したり…

色々なところで応用できるはずです。

 

今日お話しする主なポイントは3つ!

会議の3大要素
1.目的と自分の立ち位置
2.会議の参加者
3.会議の流れ

さっそく一つずつ見ていきましょう!

1.会議の目的と自分の立ち位置

 

例えば今回の会議の目的が

今後の防犯体制について

だったとします。

 

その会議に自分が出席するにあたって、「自分にどういった発言が求められているか

 

・・・言い換えると、

あなただからこそできる発言は何か・・・

 

そこがとても大事です。

 

逆に言うと、あなただからこその発言を、みんなが待っている可能性があります。

ただただボーっと座っていると、会議自体もいい方向に進まず、停滞してしまいます。

 

例えば…

あなたが実際に犯罪の被害者になったことがあったとする。

そうすると、あなたに求めらえる発言は、「過去の体験を通じて思ったこと」です。

 

目的に照らし合せた自分の立ち位置を理解し、

積極的にその観点からの発言をしていく…

 

それが何より大切!

 

 

2.会議の参加者

これは会議の前に把握できていればベターですが、

もし会議中にしか分からなければ、会議中に把握していきます。

 

まとめると、特にこの4点が大事!

① 最終的な決定権は誰にあるか?
② 高い発言力は誰が持っているか?
③ 自分の意見の賛同者は誰か?
④ 自分の意見の反対者は誰か?

これらを会議前あるいは会議中にしっかり意識します。

 

この4者の意見を否定することは基本NGです。

厳密に言うと、真っ向からの否定はNG

 

そうしないと、うまく自分の思う方向へ会議が進まないことがあります。

 

自分が違う意見を持っている時でも、以下のように言いましょう:

Raku
Raku
なるほど。それもアリかも知れませんね。ただ今回の目的はxxxなので、例えばxxxのような案はどうでしょう?

…という具合に。

 

一旦相手の意見を受けたうえで、「例えばこれはどうか」という風に言うと、

ブレインストーム的な雰囲気に切り替えることが出来ます。

 

Gaaan
Gaaan
ま、まぁ自分が相手より論理的な考えを持っていたとしても、言い方は気を付けないとな…
そうそう。相手の自尊心や感情には、細心の注意を払う必要がありますね…
Raku
Raku

そうすることで初めて、自分の発言も聞き入れてもらえるようになりますしね

3.会議の流れ

これは・・・

結構使えるテクニックだと思います(笑)

 

まとめはこちら!

① 目的
② 
広い話 ~ 狭い話

③ 理想的な話 ~ 現実的な話
 客観的な話 ~ 主観的な話
⑤ 決めること ~ 決めないこと

①の「目的」は、当たり前ですが大事ですね。

今回の会議の目的ですね。

 

②以降ですが・・・

 

要は、ひとつの話をする際、

「反対にある気持ち」に配慮するということです。

 

そうすることで、バランスが取れてきます。

 

先ほどの「防犯対策」の例をここでも使ってみましょう!

カンタンにまとめるとこんな感じ・・・

 

●広い話:ニュースでも奇怪な犯罪が多い
●狭い話:自分たちも、組織的対策が要る

●理想論:犯罪対策を沢山採れれば良い
●現実論:多数な対策は非現実的

●客観的:現時点で対策可能なのは40人
●主観的:総数としては十分

●決める:対策に充てる人数
●決めない:対策の「方法」(次回話す)

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
確かに。短く表裏両方の話をしてるから、説得力あるな
会議は色んな人いますから。両方の話は大事。でも短めに…(笑)
Raku
Raku

今回のまとめ!

★らくマネAdvice★
✅ あなただからこそ発信できるメッセージは何か?
✅ 会議において「4者」には、特に注意を配る
✅ 発言する際には、「反対の気持ち」に配慮する

今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

◆初心者マネージャーが勘違いしがちな3つのポイント
◆自分が出来ることを先に示すとラクに前に進む
◆お先真っ暗なときにチームを動かすコトバ
◆ファイル名ひとつで、チームに一体感を出せてトクする…!
◆したいことを必ず成し遂げるための強力なツール!
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です