在宅勤務(テレワーク)の問題点とユニークな解決策

こんにちは!ラクです。

今回は在宅勤務についての弊害と、その解決策についてです。

 

今の時代…

もうネットとパソコン環境さえ整えば、どこでも仕事ができてしまう・・・

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
そうやねん。いい表現。仕事が「できてしまう」…
便利だけど窮屈ですよね(笑)
Raku
Raku

ファイルなどもクラウドに保存して、簡単に共有できて…

電話会議も・・・

メールも・・・

もうわざわざ嫌な思いをして人ごみの激しい通勤電車に乗ってもいいし…

 

さらに…

優秀な従業員を確保しておくためにも魅力的な制度。

Tokuko
Tokuko
おぉ!シティダイバーのこともあるしな!
「ダイバーシティ」ですね。街に潜ったらダメですよ…
Raku
Raku

 

また、「業務継続計画(BCP)」の観点・・・

つまり、自然災害などで通常業務が行えなくなったりした場合・・・

 

テレワークできる環境を整えておく必要もあります。

 

なんかいいことばかりなような気がしますよね(笑)

 

しかし、実際にはそうでもありません。

私の会社でも以前テレワークについて話し合いが行われました。

 

そこで、大きく分けて以下3つの懸念事項が取り上げられました。

◆情報の共有がしにくい
◆部下の管理が難しい
◆不公平感が出ないかという懸念

 

情報の共有がしにくい

完全に独立して一人で業務がこなせる職種であれば…

在宅勤務は魅力的です!

 

でも…例えばコールセンターや販売・接客などといった部門だと、

その場に居合わせないと全体の動向が掴みにくいことがあります。

 

常に目の前の(あるいは電話の先の)顧客相手にしているんですから当然ですよね。

例えば商品の欠陥についてクレームが入った際に…

 

Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
この商品、こんなクレームが入りましたよ!

 

…などというように、その場で叫んで周りに注意喚起できるとか…

同じ職場にいると、そういうこともできますよね。

 

部下の管理が難しい

 

在宅勤務になると・・・

結局誰にも見られていない環境での仕事が可能です。

 

つまり…極端に言えばにサボることも可能になってしまいます。

 

しかし結局そうやって…

…というような疑惑を生んでしまうと、色々後が面倒です(笑)

Tokuko (Surprised)
Tokuko (Surprised)
あ、じゃあ監視カメラ設置するか!
犯罪ですね・・・
Raku
Raku

結局・・・

「信用できないからやっぱりテレワークは止めよう」

・・・なんていうような悲しい結論にもなりかねません。

 

また、残業を仮に在宅勤務で行った場合、いつまで本当に勤務時間だったのかの確認が困難です。

ほぼ「自己申告」にならざるを得ません。

 

 

不公平感が出ないかという懸念

 

部署によって自由に在宅勤務できるような制度にしている場合・・・

不公平感が生まれる可能性があります。

 

例えば…

Gentle old guy
Gentle old guy
あの部署はいつも全員在宅勤務。同じ会社で勤めているのに不公平では無いか?

…といったような意見が出てくることも考えられます。

 

どうしても「現場」に居合わせないといけない部門に関しては、

無理にテレワークを導入してしまうことで、逆に効率が落ちてしまう可能性もあります。

 

そうすると、在宅が不可能な部門にとってみれば、自分の部門だけが不当に扱われているような気分にもなります。

余計に不公平感を募らせてしまいかねません。

Gaaan
Gaaan
な、なんかもうじゃあ在宅とかボツなアイディアなんじゃ…
まぁまだ結論には早いですよ(笑)
Raku
Raku

 

在宅勤務の「前提条件」

 

まず、在宅勤務の前提条件として…

◆インフラ整備(ノートPC供給など)
◆社員の自律性と責任感、問題解決能力

…が、備わっている必要があります。

 

インフラの整備について

これは必須ですよね。これはもう議論の余地はありません。

 

社員の自律性・責任感・問題解決能力

これが一番の弊害になりうるのではないかとすら思います。

 

よって、意識がそもそも低い社員や・・・

まだ入社して間もない社員には・・・

在宅勤務は不向きであると言えます。

 

Raku
Raku
実は私の部署でも、ここがネックになっています…

 

うーん。残念な話やなぁ・・・
Tokuko (wonder)
Tokuko (wonder)

今、対策として検討されているのは、1人1人順番に在宅勤務を実施してもらうような制度を作る。

そして時々サボってないかなどをBusiness Skypeなどを通じて確認することです。

 

でもじゃあ今度は、部下を「監視」するマネージャーの業務が増えます。

 

いいんだか悪いんだか・・・(笑)

 


ユニークな解決策として、Sococoという会社が提供している「アバターによるテレワーク」があります。

 

まさにバーチャルリアリティ!

 

また、総務省がテレワークの導入モデルをいくつか分かりやすく紹介してくれています。

実際に職場環境は会社や部署によって違います。

 

こういった形でベストプラクティスをシェアしていただけるのはとても参考になりますね。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000558431.pdf

これに併せてバーチャルオフィスを構えれば…

現代の制度に沿いつつ、近未来的な会社の形にもできそうです!

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
なるほど!こういうのはいいやん
ホントに「新しい働き方」ですよね!
Raku
Raku

 

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしこのブログが少しでもお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

皆さまのお役に立てるブログを配信していきたいと思っています!コメントもお待ちしております!
Raku
Raku

》コメントはこちら

Bow wow
Bow wow
以下から他のコンテンツも…見てね
◆自分の「売り」をチョコレート戦略から考える
◆今こそ小学校の道徳に学んで、職場をラクにする
◆外見の魅力がマネジメントをラクにする
◆出世したら人生バラ色ですか?
3種類の会議を知っておいてトクする
◆最新記事の一覧へ




2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です