50代半ばに入った部下の方々と一緒に働く

こんにちは!ラクです。

今回は…50代半ばに入った部下の方々と一緒に働くということについて。

 

50代半ばくらいになってくると…

当然、以前よりも仕事の勢いが落ちてきますね。

 

個人的な感覚ですが、

本当にちょうどこの頃から、

 

今までベテランで、グイグイ会社を引っ張っていってくれていた人たちも、

勢いというか、力強さが無くなってくる。

 

そんな感じがしています。

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん。まぁ一概には言えないんやろうけど…
そうですね。今回お話しするのは、あくまで「傾向」としての話です
Raku
Raku

 

今回お話しするのは主に以下の内容:

✅ モチベーションを下げている主な3つの理由
✅ マネージャーとして、どう向き合っていけばいいか

 

ひとつずつ見ていきましょう。

何がモチベーションを下げるか

Raku
Raku
私自身も、半数以上が50代の方というチームに何度も属したことがあります。

 

そうなんや。でも最近では結構そういうのも珍しくないやんね
Tokuko
Tokuko
Raku
Raku
そうなんです。ただ、「比較的若者が多い部署」と、「シニアが比較的多い部署」は、やはり違います
うーん。そうやんね。何が違うん?
Tokuko (question)
Tokuko (question)
Raku
Raku
説明しますね

 

シニアが多い部署では…

以下の3つが、モチベーションの低さに繋がっていることが多いように見受けられます:

◆体力の衰え
かつての働き方と違う方法を強いられる
自分がもう会社の「主流」ではない

[体力の衰え]

私のチームの方の中には…

Gentle old lady
Gentle old lady
もう新しい仕事を覚えるのは疲れるし、何より体も頭も年齢とともに衰えを感じ始める…

…と仰る方も実際いらっしゃいました。

 

物覚えが悪くなったとか、夕方になるとパソコンの画面を見るのが辛いとか…

これはもう本当に仕方ありませんよね。

 

マネージャーとしてまず出来ることは…

そういったコメントについて、同調してあげること。

 

それは辛いですね」とか

無理はしないでくださいね」など。

 

大切なのは、「無理に働かせない」こと。

 

無理に働いて体を壊したら、

それこそ本人も辛いですし、管理職側の責任も問われます。

 


[かつての働き方と違う方法を強いられる]

このご年齢に達した方は…

 

そもそも事務的・実務的な処理能力の向上は難しいことが多いです。

 

特に事務職の場合…

パソコンのスキルそのものが業務能力に直結することも多いはずです。

そうすると若いうちからパソコンに触っていた世代に比べると、当然差が出ます。

単純なタイピングのスピード…

エクセルの知識…

パワーポイントを使うこと…

 

とても簡単なのですが、

今まで使ったことが無く、ご本人に抵抗感があれば、

慣れるのにはどうしても時間がかかってしまいますね。

 

そんな場合、マネージャーとしては残念ですが…

ある程度諦めた方がよいと思います。

すぐには出来るようにはなりません。

 

もしどうしても使ってもらう必要性があるようであれば、

ゆっくりでもいいから…

ひとつずつ学んでいってもらう。

それくらいの気持ちで。


[自分はもう会社の「主流」ではない]

仕事一筋で頑張ってきた人ほど…

ご年齢がある程度のレベルに達すると、

ある程度、「先」が見えます。

 

つまり…

これ以上頑張っても、会社から認められうことは難しいだろうということです。

 

そうすると…

「自己実現」の機会が失われたような感覚に陥りがちです。

 

それは…

まるで今まで自分が行ってきたことが否定され、

自分はもう会社の「主流」ではない…

そんな気持ちにさせてしまいます。

 

なので、仕事をしていても、どこかでそれが他人事のように感じられ…

身も入らなくなってきます。

 

マネージャーとして出来ることは…

 

自分もコツコツと「新しいことに挑戦している」姿勢を見せること。

 

それから、

その人の知識や経験も頼れそうなことがあれば、

その人に声をかけてみること。

 

つまり…

 

「私もまだ、半人前です」

「まだまだあなたの助けが要ります」

 

 

…ということを、分かってもらえるといいですね。

最後に・・・

Raku
Raku
本当に相手が辛そうであれば、それを言ってあげることも大切です
ん?どういうこと・・・?
Tokuko (question)
Tokuko (question)
Raku
Raku
仕事が辛そうですが、大丈夫ですか?」などという感じですね。
うーん・・・
Tokuko (why)
Tokuko (why)
Raku
Raku
マネージャーとして常に大事なのは、実績です。無理して仕事する人がいても、その当人にとってもプレッシャーで、お互いに良くありません
き、厳しいな・・・でもまぁ、確かにそうか・・・
Gaaan
Gaaan
Raku
Raku
退路の道も示唆してあげる方が、ご本人にとっても気持ちが軽くなることがありますよ

 


今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

ドラゴンボールから「習慣化の大切さ」を学んでトクする!
◆部下の眠る力を引き起こす方法を知ってトクする…!
◆「自分の部署を守りたい症候群」について
◆1日24時間じゃ足りないときは、4Tを考えよう
◆プレゼンで大事なのは「見せること」よりも「遮断」!
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




 

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です