【実践!ビジネス書】仕事のことが頭から離れないときに、自分に問いかけたいこと

こんにちは!ラクです。

 

あなたもやっぱり…仕事をラクにして、トクしたい?

話題のビジネス書を実際に使ってみたので、どんな感じだったかを教えるよ~!

今回は、とっても心が軽くなる本ですよ!

「もうちょっと『雑』に生きてみないか

(株式会社波乗社発行、和田秀樹著)

カンタンな自己紹介

端的には、顧客のためにマニュアルやKPIを組んで、オペレーションを回す役割。

私自身はプレイイングマネージャ―。直属の部下が3人(日本人・中国人・ベトナム人)でも実際に動かしているのは100人規模。

欧米含め色々な国のオペレーションをまとめて、貿易関係のパフォーマンス管理をしてる。

 

この本を買った理由

本当のこと言うと…

 

覚えてない

 

…ごめんよ…

買ったのが、かなり昔だったから…

何がきっかけで、しかもどこで買ったんだろう。

 

でもこの本、何度読んでも心が軽くなる。

知らず知らずのうちに「頑張らないといけない」っていう思い込みがある人にオススメ。

……いや、多分その表現も正しくないなぁ。

多分、「自分が頑張り過ぎている」ということに気付いてすらいない人に、オススメ。

そしてそのことはきっと…読まないと分からない。

 

私に当てはまる本だ!…って思って買うというよりは、

読んでみて、「あ、これ私だ!」って思う感じ。

 

本書(p20)や色んなところに書いてあるけど、

自分のことを雑だと思っている人ほど、雑でなく生きている

 

この言葉は結構深くて。

 

どういうことかって言うと、周りから「あの人雑だな」と言われる人ほど、

本人は「別にこんなもんでしょ」とか、「普通でしょ」って思ってる。

 

逆に…「自分はまだまだ雑だ」って思う人ほど、

「もっと自分はできるはずだ」って…思ってしまっていることになる。

 

Tokuko
Tokuko
あたしは雑やで!
あ…それはきっとそうでしょうね…
Raku
Raku
Gaaan
Gaaan
なんでやねん!

 

どうやって実践する??

正直…どうやって雑になればいいのか…分からない。

自分がどの程度雑なのかも、分かんない(笑)

そこらへんの基準って、無いよね~~~~

 

まぁいっかって…自分で「思う」くらいにはしてるんだけど。

 

正直、色々自分で抱えてしまっているなという感じはいつもするし、

「ここは外せない!」って思うタイミングは結構頻繁にある。

マネージャーなんだから、ここはしっかりやっとかないと!とか。

 

ただ、最近さすがに年齢も上がってきていることもあるのか、

他者の評価はそこまで気にならなくなった(笑)

 

あなたがどう思おうが、あなたの勝手

そう考えている自分は既にもう結構図太いし、雑に生きてるのかなぁ…w

 

ただ、他の人がどう考えているかは気にならなくなったものの、

ここは自分が何とかしないとって思うことは、未だ良くある。

 

本書の中では、この辺りについて「それは自分が何とか出来るっていう自惚れです」って書いてある。

確かにその通りだと思う。

 

でも、逆に自分がやらないと、誰もやらないんじゃないかとか、

部下に「それは上司の仕事でしょ」って思われたりとか。

 

うーん?やっぱりまだ他者(部下)の目を気にしていることになるのか??

 

もしかして…?

そもそも…

「どうやれば雑に生きられるか」なんて考えている時点で、

雑じゃないのでは…

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
た…確かに!
でもなんかそしたら堂々巡りですよね(笑)
Raku
Raku

「もっと雑に!」って思ってても、「どうやったら雑に?」になる。

そもそも雑に生きようと思って雑に生きられるなら、苦労はないよって思うかも。

 

本書が読書にずっと問いかけてるのは…

何ごとも「負けてはいけない」と思っていませんか?

何ごとも「やればできる」と思っていませんか?

何ごとも「いまがすべて」と思っていませんか?

 

…ということ。

 

今、そもそも守ってるものとか…

今、自分が所属している団体とか…

今、自分が持っている有形・無形のもの全部…

 

本当にそれって必要なのかな…

 

例えば…顧客からムチャな依頼が来て、今日中に終われと言われたら…

こんな風に考えてみてもいいと思う。

◆ そもそも断ったらどういう影響がありそうか?
◆ 断らないにしても、目的に沿うとどの部分だけ最低限できていれば良さそうか?
◆ どの部分なら端折っても(捨てても)良さそうか?
◆ やるにしても、条件を付けて制限を付けられないか?(完璧にやるならあと3日は必要など)

 

逆に言うと、そういう依頼が来るたびに、

「やればできる」って考えるのは、マジで危ない

そんな馬車馬のような働き方をしていたら、いつか心身共に壊れてしまう。

 

なので考え方を変えよう。

最低限守るものが分かれば、あとは全部捨てられると思う。

 

「負けてはいけない」「やればできる」「いまがすべて」…じゃなくて、

「負けてもいいのでは?できなくてもいいのでは?今じゃなくてもいいのでは…って自分に問いかけてみよう。

 

それがまぁ、雑に生きるってことにそのうち繋がるんじゃないかな~


今回はここまでです!

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

他の最新記事・人気記事もぜひご覧ください!

》ホームへ

大人も楽しみながら頭を鍛えられる!



買っちゃった本、おいしく売っちゃいたいなら…


そもそも本を読むのも面倒なら…


 

 

Follow me!