怒鳴る上司の末路を知れば、心の中でニヤリと笑える

こんにちは!ラクです。

「な、なんでいきなりキレるの??意味不明!

しかも皆の前でキレるとか、まるでこっちが悪いみたいで…

ムカつくんですけど!??

上司に怒鳴られたらカチンと来ますよね。管理能力のない上司ほど、論理的でない内容で怒ることも多いです。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
せやなぁ…いきなりキレられると返し方も戸惑うし…
どう対応したらいいか、すぐには分からないですよね。
Raku
Raku

でも…大切なことは、自分が優位なポジションにいるにはどうしたらいいか?

そこから逆算して考えると、怒鳴られたその場で戦うことは実は不毛です。

将来自分がおトクなポジションにいるための準備を、淡々と整えましょう!

そうすれば、今後怒鳴られたとしても…心の中で「ニヤリ」とできるようになります!

実際あったケース

実際に私が見たことのあるケースについて、少しお話ししますね。

これは上司が部下を叱責している場面でした。

ケーススタディ
「あのさ、あなたの仕事が遅いせいで他のみんなが迷惑してんの。どうなってんだよ!前に改善するって約束したよね?約束したよねッ!!?」

 

こういった「まくしたてる」ような形でのマネジメントを行われている方を時々見ます。

会議室から「うるせんだよ!」「余計なお世話だよ!」など、怒鳴り散らす声すら聞こえてくることも。

私自身も、そんな風に言われたことがありました…

正直、「なんでそんな怒るの?」と思うことばかり。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…なんか理不尽な気がするなぁ。
そうですね…怒る理由が謎ですね
Raku
Raku

怒る人たちの共通点

相手に対してすぐに不快感をあらわにしたり、怒鳴ったりする人の共通点があります。

まず、①縦の関係でしか人間関係を捉えられない人」

彼らは目上の人に対してはそういった態度を取りません。

しかし、単純に部下を見下すというだけであれば、そもそも「怒る必要」は無いんです。

成績を下げたり、降格させたりすればいいだけなので。

では一体、何が「怒る」という行為に繋がっているのか。

意外かもしれませんが、実は「②相手への期待」もあるんです。

この①と②の二つが合わさると、「目下への人間」への「勝手な期待」が生まれます。

例えばこんな風に…

A) 部下にもっと、自分(上司)のことを評価してほしい

B) 部下にもっと、自分(上司)の思うように行動してほしい

C) 部下にもっと、自分(上司)に感謝してほしい

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
えぇ!?むしろ逆じゃないん??相手が期待できないから怒るんやろ??
うーん・・・いや、相手に期待していないなら、そもそも怒る気すら起こらないです
Raku
Raku

怒鳴る上司の心理としては…

自分が目をかけてやっているのに、部下からの見返りが無い…

その不快感に耐えられなくなって、怒鳴る!

「このオレがこれだけやってあげてるのに!」

対応のポイント

もう一度ケーススタディを見てみましょう。

ケーススタディ
「あのさ、あなたの仕事が遅いせいで他のみんなが迷惑してんの。どうなってんだよ!前に改善するって約束したよね?約束したよねッ!!?」

 

ここでこんな風に返したら、どうなるでしょうか…

NG例:「そんな風に怒鳴られても困るんですけど!大体、この部署の仕事がうまく回っていないのはあなたの管理が下手だからなんじゃないですか!?」
Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…なんか火に油な気がするなぁ…
そうですね…
Raku
Raku

そこで、大事なポイント3つ!

!ここがポイント
① 表面的に付き合っていくことを念頭に置く
② 怒りの理由を聞いて、本人の前でメモを取る
③ 1対1で戦わず、「会社の問題」に持っていく

 

「怒鳴る上司をなんとかしてやりたい」…そんな気持ちも分かります。

しかしその気持ちは、上司と同じように「他人を変えようとしている」とも言えます。

何よりあなたの仕事でもありませんので、止めておきましょうね。

具体的な対応例

まずは、こんな風に返します。

OK例:「申し訳ありませんが、ちょっと怒鳴られる理由が分からないんでメモさせていただきます。私のどの仕事が、どれくらい遅れていて、誰にご迷惑をおかけしていますか?」

 

深く聞き出していき、それを冷静に記録にしていきます。

たとえ相手の論理に粗が見つかっても、このタイミングで反抗してはいけません。

いくらあなたがどれだけ正論をかざしたところで、逆効果なんです。

「縦の関係」で見る上司の傾向を、逆手に取ること。

つまり1対1で戦わず、「会社の問題」に持っていきましょう。

具体的には、上司に「勝てる人」で、かつ「それが本来の仕事」である、人事などの力を借りましょう。

手順は次の通り:

① 記録を終えたら速やかにその場を離れる。
② 信頼できるマネジメントや人事にメールを打つ

③ メール内容は「記録と事実にフォーカス」する

 

上司に怒鳴られたときに行うのは、「反抗」ではなく、「準備」。

いかに、そこにすぐに頭を切り替えられるかがカギです。

負の経験こそ「バネ」に

上司に怒鳴られるという経験は、誰しもが心を痛めるものです。

ただただ悔しい思いを抱え込み、どう対処していいのかわからずに苦しむこともあります。

そのまま心が疲弊しきってしまうことも少なくありません。

こうした状況の中で、心理学を学ぶことは中長期的にも自己防衛手段になります。

特にアドラー心理学では、「劣等感」や「対人関係の悩み」に焦点を当て、私たちがどのようにして自己受容を深めることができます。

  • 上司に怒鳴られる経験は、私たちの内面に潜む「劣等感」を刺激するかもしれない。このような劣等感を乗り越え、自己肯定感を高める方法が学べる。
  • 「課題の分離」という考え方を通じて、自分の責任と他人の責任を区別し、不必要な負担を自分から解放する方法も教えてくれる。
  • 「勇気づけ」は、周りの人々をも前向きにサポートしてくれる。上司との関係においても、この「勇気づけ」の精神を活かすし、コミュニケーションを築くことが可能になる。

このような考え方を身につけるには、≫【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座が役立ちます。

講座の特徴

  • オンライン講座なので、いつでも受講可
  • 期間は最大3か月間
  • 日本統合医学協会が監修する講座
  • 受講料50,000円のところ、Web申込だと19,800円!(2024年2月現在)

大切なのは、この負の経験を利用して、バネにして、強くなることです。

心理学を学ぶ方法~Part 2~

心理学を学ぶのであれば「米国NLP協会認定NLP資格者」を目指すのもひとつです。

同資格者の排出数が国内No.1 であり、かつ受講生満足度も98%と非常に高いのは、ヒューマンアカデミーだそうです。

同じ「心理学」であってもコースは多岐にわたりますが、一例を以下に載せておきます。

  • 米国NLP協会™認定 NLPプラクティショナー講座 月々8,800円から
  • TA(交流分析)カウンセラー養成講座 月々3,000円から
  • マインドフルネス講座 月々3,400円から

でも…

普段忙しいし、お金もかかるし…

すぐに申し込むのは躊躇しますよね…

そういう人のため、まず無料デジタルパンフレットがあります。

申し込むと以下のようなメールがすぐに届いて、中身を見られるようになります。

 

私も申し込んだところ、以下のようなデジタルパンフレットがすぐに届きました。

内容はここには掲載できませんが、受講生が授業を受けている様子が楽しそうでした!

大人になってからの学び直しは、ちょっと学生気分を味わえそうでワクワクしそうです(笑)

(ちなみに、無料デジタルパンフレットや無料セミナーは以下から。)

ヒューマンアカデミー

やっぱりこうやって調べてみないと、分からないことも多いですね…!

自分の強さと弱さを知ろう

実際に上司と対談するとき、すべてがうまくいくとは限りません。

むしろ、うまくいかないと思っておく方が良いでしょう。

そうなったとき、結局頼れるのは自分だけです。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

 

私は ミイダス という転職サイトを利用して、無料の「コンピテンシー診断」を受けました。

以下が結果内容です。1枚のPDF形式で、データと数字で示してくれています。

本紙には丁寧に説明文もあり、この結果から以下が分かります。

この表から読み取れることの例

  • 私はどうも人当たりとチームワークが弱いらしい。上司がピリピリするような態度を私の方で取っているかもしれない。
  • 私は問題解決力とオーガナイズ能力は強いらしい。キチンと筋道を立てれば、話し合いを有利に運べるかもしれない。

結局のところ、他人に目が行ってしまうがあまり、自分のことを知ることが疎かになっていたんです。

自分の好き嫌い、得手不得手、自分の立場、考え方…

自己理解があれば、困難な状況を切り抜け、難しい人をうまく扱うようにできるようになります。

自己認識によって、難局を切り抜ける

そのまさに実例とも言えるケースが、コンピテンシー診断の使用例13個と口コミを見ても同様に見受けられたりします…!

Tokuko
Tokuko
ぜひ今できること、試してみてね!
頑張ってください!
Raku
Raku

怒鳴っていた上司の末路は…

私が知る限り、怒鳴る上司の末路は次のようなものです。

a) 部下全員に出社拒否される

b) 部下が弁護士を雇い、会社に訴状が届く

c) パワハラだと人事から通告され、厳重注意を受ける

d) 部下が全社員宛てにメールを送り、内容を晒される

e) 「管理能力不足」と判断され、マネージャーを外される。

Tokuko (wonder)
Tokuko (wonder)
うーん…やっぱ良いコトないな…
強く他人に当たれば、強く反発もあって当然ですからね…
Raku
Raku

ちなみに厚生労働省が掲げる「パワーハラスメントの定義」についての資料の中では、以下のように紹介されています。

パワーハラスメントの概念
①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村