「やる気のない上司」が生まれる理由と、部下としての対策

こんにちは!ラクです。

「なんかあの人…やる気ないな。ホントにマネージャーかよ…

さっさと辞めればいいのに…」

…と思うこと、ありませんでしょうか…

Tokuko (why)
Tokuko (why)
せやなぁ…なんか全然会議に出てこなかったりするしなぁ…
ちょっとイラっときても、放っておくかって思うことは多いですよね
Raku
Raku

それでも、もし上司のやる気のなさが自分を不利にするようであれば、アクションは取らなくてはなりません。

大切なことは、どうすれば自分の立場が悪くならないか

そこから逆算して考えないと、感情的な行動は状況を悪化させます。

そこで今回は、「やる気のない上司」に対して…

キチンと計画的な行動が取れるような、準備の点も含めた対策の話をします!

実際あったケース

実際に私が体験したことのあるケースについて、少しお話しします。

ケーススタディ
顧客とトラブルがあった。でも顧客との会議にも出ず、今後の方向性も示してくれない。どう対応したらいいか分からない。

 

上司として、部下やチーム全体に対してキチンと指示をしないことがあります。

そういった曖昧な状況は、チームだけではなく関係者にも迷惑です。

例えばこのケースのように顧客との会議に出ないというようなことがあると、

会社自体への評判にも関わってしまうことがあります。

正直、「なんで管理職になれたの?」とすら思ってしまう…

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…なんか分かる気がするなぁ。
そうですね…管理職なのに逆に足引っ張ってますしね…
Raku
Raku

やる気のない上司の共通点

まず「①自分のことを最優先に考えてしまう人」

本来であれば、「会社やチームのことを優先に考える」のがリーダーの役割です。

時には自分がイヤだと思うことも、会社やチームのことを優先してやらないといけないこともあります。

それにも関わらず、自分がイヤだと思うことはやらなかったり、面倒ごとを避けたりするんですよね。

あともうひとつ多く見られるのは、「②頑張っても意味がない」と思う人。

これはもしかすると、ご本人だけのせいでは無いかもしれません。

つまり、これまで頑張ってきた(と本人は思っている)にも関わらず、会社や周囲に評価されなかった…

だからもう「頑張ってもしょうがない」という気持ちが先行し、やる気を失っている場合があります。

この①と②の二つが合わさると、「やる気のない上司が生まれます。

例えばこんな風に…

A) 顧客の対応なんて、営業に任せておけばいいんじゃない?

B) 業務の効率化なんてするほうが、逆に非効率じゃない?

C) ちょっとよく分からないから、適当にやっておいて。

 

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
うーーん…ミニマリスト…?
そういうこともあるかも知れませんが…あまりに消極的で考えもせず決断もしないと、チーム全体が停滞してしまいますね
Raku
Raku

やる気のない上司との付き合い方

もう一度ケーススタディを見てみましょう。

ケーススタディ
顧客とトラブルがあった。でも顧客との会議にも出ず、今後の方向性も示してくれない。どう対応したらいいか分からない。

 

ここでこんな風に返したら、どうなるでしょうか…

NG例:「上司として顧客に謝罪するのは当然じゃないですか?自分のチームをどう動かすのか指示をするのも、あなたの仕事ですよね!?」
Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…絶対、火に油…
そうですね…
Raku
Raku

そこで、大事なポイント3つ!

ここがポイント
① 上司の悪口を周りに言わない
② 上司を「直接」は動かそうとしない
③ 必要なら「会社の問題」に持っていく

①については、特に重要です。

意外とこういう人間ほど、社内のウワサなどには敏感だったりするからです。

少し会社の誰かに上司のことを愚痴ったりしただけで、ふとしたことで本人の耳に入ることがあります。

そうなると収拾がつかなくなり、何年にも渡ってメンドウな状況になります。

具体的な対応例

結論から言うと、上司自身を改善するようなことは諦めましょう。

しかし、「上司としての対応」を促すような質問を行い、記録に残します。

先ほどのケーススタデイについては、以下のようにまずはメールで上司に送りましょう。

(メールでなくてもいいですが、記録に残ることが大事です)

OK例:「今回の顧客クレームの件ですが、〇〇さん(上司の名前)もご出席いただけますか?可能でしたら、その後チーム内で改善プランについて話し合いが出来ればと思いますが、いかがでしょうか?」

 

これに対して、上司からやる気のない返事が来たら、それが証拠になります。

もし返事がタイムリーに来なかったりした場合、以下のようにこちらから続けて送りましょう。

OK例:「〇〇さん(上司の名前)からのお返事がありませんでしたので、取り急ぎ私が出席します。チーム内で改善プランについても、暫定的に私の方で対応します」

…という具合に。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
えーーーー…じゃあ上司の仕事のはずやのに、自分がやらないとアカンってこと…?
やらないとダメということはありませんが、まずはこういった記録を残すことが大事…ということです。
Raku
Raku
Gaaan
Gaaan
??

自分一人で上司に対して面と向かって正論をかざしたところで、逆効果です。

そこで、「縦の関係で見る」ことを逆手に取ります。

1対1で戦わず、「会社の問題」に持っていきましょう。

まとめ

「やる気のない上司」は、そんなに珍しくはありません。

しかし、そんなときに自分一人でどうこうしようとすることは避けましょう。

上司のさらに上司…あるいは人事などを自分の味方につけるんです。

そのためには、

本来上司が行うべき案件を、自分(あるいは他の誰か)が対応してきた」という事実を重ね、記録していくことです。

① 「上司が行いそうな仕事も、自らやらざるを得なかった」ことの記録を残す
② 記録を基に、信頼できるマネジメントや人事にメールを打つ

③ メール内容は「記録と事実にフォーカス」する

 

「この人は冷静に状況を見てる」と捉えてもらうことで、好印象を与えることができます。

つまり、大切なのは反抗」ではなく、「準備」。

いかに、そこにすぐに頭を切り替えられるかがカギです。

準備が整えば、上司に「勝てる人」で、かつ「それが本来の仕事」である、人事などの力を借りましょう。

一人で悩まないこと

自分だけでどうこうしようとすると、視野が狭くなりがちです。

もし、会社の誰かに相談できないのであれば、少しカウンセリングの方法も検討してみてはいかがでしょうか。

以下のUnlaceというオンラインカウンセリングでは、ほぼ30分以内にすぐに相談が開始できます。

登録は無料なので…準備だけでも今整えておくことをオススメします。