Scene 1 ~挨拶~

トクコ:「あの…ラクさん、でしょうか…?」

ラク:「はい、そうですが…」

 

トクコ:「は…初めまして、ラクさん。

私、トクコと申します。

今日から、あなたの部下に配属されました。

よろしくお願いします!」

 

ラク:「あ、初めまして…

あなたのこと、人事から聞いてます。

まぁ適当に座ってください。」

 

 

トクコ:「………………」

 

ラク:「………………」

 

トクコ:「……え……と……、あの…」

 

(トクコ:ほ、ほんまに…

これで40歳…??)

 

ラク:「まぁ…

おいおい、この姿の成り行きについては

お話ししますよ…色々ありましてね」

 

トクコ:「あ…そ、そうなんですね。

それにしても、どうしてあたしがここに…?

 

ここはマーケティング部門ですよね?

あたしはこれまで、動物の食べるものを調査する研究員やったのに…

 

しかもいきなりリーダー職ですよね?

ちょっと緊張しています…」

ラク:「研究職…

動物とのコミュニケーションの研究…ですよね?

興味深いです…」

 

トクコ:「はい!

あたし、昔から動物とか植物とかと、話が

あ、いえいえ!なんでもないです!

 

ラク:「…?はぁ…」

 

(トクコ: やばい!

怪しまれてんな

こうなったら…

無理にでも話題を変えんと!)

 

トクコ:「あの、えーっと、えーっと…

も…もしかしてラクさんって、

名探偵だったりするんですか?」

ラク:「………」

 

トクコ:「あるいはその…

黒い組織に狙われているとか…」

 

ラク:「…いえ、別に…」

 

トクコ:「そ、そうですか…」

 

(トクコ: あぁー!

違うんや!!

なんやろう、この…

ちょっと残念な気持ちは!)

 

ラク:「……………」

 

ラク:「まぁ…

あなたがここに配属されたのは、

『ある方』のお願いあってのことです。

それもおいおいお話ししますよ」

 

 

トクコ:「あ、そ、そうなんですね。

ありがとうございます。

 

あ、そういえば、

マーケティングご専門なんですよね?」

 

ラク:「まぁ、マーケティングというか…

たまたま僕は…」

 

トクコ:「…僕は…?」

 

ラク:「いや、まぁ、

僕はもうどちらかというとマネジメントの方ですね。

…なので相手は動物じゃなくて、人間ですね」

 

トクコ:「あ、そうなんですね!ぜひ色々教えていただきたいです!

これから私がリーダーになるなんて…

私に務まるのかなと思いますが…」

 

ラク:「大丈夫ですよ…

まぁ、これからよろしくお願いします。」

トクコ:「どうぞよろしくお願いします。」


 

(トクコがラクのオフィスを後にしたところ

近くにある植物たちに話しかけられた。)

 

植物A:「トクコトクコ、どうだった?ラクさんとの挨拶。」

 

トクコ:「うーん、

なんだか…ラクさんは物静かで…

ちょっと気難しい印象やったなぁ」

植物B:「そうなんだ。でも、ラクさんは

口数は少ないみたいだけど、

部下をしっかりサポートしてくれるらしいよ」

 

トクコ:「そうなんや…

でも、なんだか私と合わなさそうな気がして…

ちょっと心配やな…」

 

植物A:「大丈夫、初対面だし…

お互いに慣れていくと思うよ。

きっとトクコならラクさんと上手くやっていけるよ!」

 

トクコ:「ありがとう、励ましてくれて。

まぁ…最初やし、様子見てみよかな…」


 

ラク:「……これで、良かったんですか?」

??:「…あぁ。」

 

 

Scene 2へ

上部へスクロール