Scene 3 ~部下に伝えにくいことを、伝える~

トクコ:「ラクさん!戻りました!」

ラク:「あぁ、はい…」

 

トクコ:「……………?」

 

 

(トクコ:なんかちょっと様子が…?

 

…あ、なるほど…)

 

トクコ:「大丈夫ですってぇ!」

ラク:「…え?…」

 

トクコ:「さっき見たこと、

誰にも言わへんようにしますから」

 

ラク:「…そうですか…」

 

(トクコ:恥ずかしいとか、

そういうことだけやなさそうやな

 

トクコ「そうそう!

ラクさんのお考えは、良く分かりました!

ありがとうございます。」

 

ラク:「…はい」

 

トクコ「笑いで何とかしようって…

ラクさんももしかしたら関西人やったりして??」

 

ラク:「……まぁ、関西のお笑いは、

キライじゃないですね。

あぁいう場面では、

笑いで終われるのなら、それでいいと思います。」

 

 

(トクコ:おぉ。意外やな!!

案外この人、笑いの引き出し持ってる!?)

 

トクコ「あーーー、でも、あたしがちょっと思ったのは…

今回の件に関して言えば、あの内容はちょっと当てはまってないかも」

 

ラク:「……そうですか?」

 

トクコ「確かに、気にしすぎない方がいいと思います。

イヤミなこととか、気に障ることを言う人はどうしても職場にはいますし。

そういう人を気にしてたら、キリがないですしね。

だから、ラクさんのは一般論として、あたしも分かるんです。

 

トクコ:「ただ…実は今回の件がある前に、

挨拶兼ねて2人とは別々に昨日話しまして…」

 

ラク:「……」

 

トクコ「それで、なんていうんでしょうね。

 

イヤミなこと言った先輩も、

そもそも話しているときも、ちょっと自信無さげっていうか…

 

何かにつけてちょっと強気なことは言うんですけど、

表情とかしぐさから、そんな風にも見えるですよね…

自分の意見じゃなく、誰かから借りてきてるのかなぁ、みたいな…」

ラク:「ふーん… そう…ですか。

まだリーダーになって2日目なのに、よく見てますね…」

 

トクコ「いえいえ、そんな…」

 

ラク:「…じゃあどうしましょうか…」

 

トクコ「2人と個別に話そうと思います。

先輩の方は鈍感すぎ。後輩の方は敏感すぎ。

もちろん単純にそう言えたものではないですけど、

とりあえず比較的そうだとは言えそうなので、

やんわり調整していこうかなと。」

 

ラク:「…はい。でも…

お互いがお互いにどう思ってるかなんて、

話さないほうがいいです

 

トクコ:「…え…?」

 

ラク:「…そんなことしたら、今後余計ギスギスしますよ。

それよりもトクコさんの言葉で、

私には、今あなたがこういう風に見えるんだけど、どう?』みたいに

聞いてみるのはいかがでしょう?」

 

トクコ:「…私には、あなたがこういう風に見える…?」

ラク:「さっきトクコさんが言ってたみたいに…

先輩は鈍感。後輩は敏感。

それをそのまま「私には、そう見えるよ」って伝えるんです。」

 

トクコ:「…ふむ…なるほど…」

 

ラク:「…あと、

最後に『どう?』って尋ねる感じで終わるのも大事です。

そうしないと、一方的に相手のことを決めつけてしまいます。

話している相手が弁解できるよう、隙間みたいなものを作るんです」

トクコ:「…な、なるほど…確かにそうしないと、

上司が決めつけてるみたいになっちゃいますもんね…」

 

ラク:「…はい、その通りですね…

でも、ハッキリと伝えることは大切です。

そうしないと部下も『自分がどう見られてるか』に気付けないんです。

そこに変な気遣いは不要です。」

 

トクコ:「…分かりました…!やってみます!」

 

ラク:「はい、頑張って下さい…

 

…あ…そうそう、

 

あなたがあっちに行ってる間に,

ハリセン作ってみました

 

(びゅんびゅん振り回すラク)

 

(トクコ:何この人!

ノリめっちゃええやん!

やっぱ40歳の子供は一味ちゃうなぁ!)

 

ラク:「…今…何か…バカにしました?」

 

トクコ:「は??いや、そんな、バカだなんて。

40歳のオジサマの子供はおもろいあなぁと…

あ、いえいえ。なんでもないです。

 

えーと、逆にさすがです!

 

(ラク:何の逆なんだ…)

 

Scene 4へ

————————————————-

新しいSceneが出来たときや、その他お知らせはTwitterから行っています。

フォローしてくださると嬉しいです!

ラク(@Raku40719883)さん / X (twitter.com)

上部へスクロール