Scene 5 ~論破する?~

トクコは今、管理部門の人たちと会議に出ています。

どうやら、顧客からの商品発注が相次ぎ…

自社の現場が追いついていないようです。

 

トクコ:「えぇーとですね、商品発注が増えたんは喜ばしいんですが…

現場がそれに追いつかないのは当然なワケで…」

 

 

偉い人:「何を言ってるんだ!だからこそ何とかすべきだろう。

そもそも君はもう今マーケの担当なんだろ!?

こっち側の人間じゃないのか!」

 

現場の人:「何とかしようとしてますよ!

何もしていないように言われるのは、心外です!」

 

偉い人:「…ちっ!じゃあ、いつになったら現場が追いつくんだよ!」

現場の人:「ぐっ…!」

 

(トクコ:同じ会社で同じ商品売ってるはずやのに…

なんだかなぁ…

 

ーーーそしてラクのデスクを訪れるトクコーーー

 

トクコ:「…ってなことがありましてですなぁ」

 

ラク:「…そうですか…」

(ラク:なんか、オヤジくさいな…)

 

トクコ:「みんな見てると、何かこう…

すんごい自分たちのこと、守ろうとしてるんですよねぇ…」

 

ラク:「……」

 

トクコ:「言葉はキツく聞こえるんですけど、

無理やり自分たちのことを、かったーい鎧で守ってるかのような。

絵にすると、なんかこんな感じですねぇ」

(ラク:うまい…!)

 

ラク:「……トクコさん、なんか美術関連もやってたんですか?」

 

トクコ:「え??…いやー…

あたし、花とか鳥とか子供のころから好きで。

ちょっと絵を高校のとき、やってたんですよー。

でも、人間はうまく描けなくて、こんなんですけどね(笑)」

 

ラク:「…十分、うまいと思いますけどね…

なんで、こんな鎧を着てるんでしょうね?」

 

トクコ:「うーーーん…

そりゃあやっぱり、攻撃されるのが怖いから…でしょうねぇ」

 

ラク:「…そうですね…

攻撃しなきゃいけないのは…

きっと、攻撃されてるって思ってるからでしょうね」

 

トクコ:「……???」

 

(ラク:トクコさんは、しっかり人を見る。

だけど…)

 

ラク:「……じゃあ、もしよかったら、またちょっと見に行ってきてくれますか?」

トクコ:「……マジカルゲート、ですね!」

 

ラク:「…もちろん、僕の考え方が正しいってワケじゃありません。

そうですね…じゃあ、ひろゆきさんの本などを交えてお話ししましょう…

…ここら辺にあったかな…持って行ってください」

 

トクコ:「……え???

ひ、ひろゆき???」

 

ラク:「面白そうじゃないですか。

そして、別に社内の人たちを論破しようってワケじゃないです。

むしろ、その逆です

 

トクコ:「???

 

ラク:「また良かったら、感想聞かせてください。

マジカルゲート・オープン!」

 

トクコ:「わ…分かりました!行ってきます!」

 

ぜひ下にあるマジカル・ゲートをクリックして、異世界への旅に出てください!

 

————————————————————

「マジカル・ゲートって何…?」という方は、このゲートはScene 2に登場しますので、

ぜひ以下のタイトルをクリックして、Episodeから読んでくださいね。

 

上部へスクロール