トクコ:「……分かりました!

 

 

トクコ:「…あ…

でもその場合…

 

後でラクさんにも、

手伝ってもらいますからね?

 

ラク:「え?」

 

トクコ:「え?」

 

ラク:「………なんか、嫌だなぁ…」

 

トクコ:何か言いました?

ラク:「……いえ、別に」

 

トクコ:「…繰り返しになりますが、

短時間だと、

かなり簡易的になりますので!」

 

ラク:「はい。問題ありません。」

 

 

 

トクコ:「……

 

…イスパイアル…!

 

 

トクコ:「……!

 

…!!

 

…!!!

トクコ:「(早口で)…男性の身長は 180センチ前後 黒っぽい茶色のジャケットとグレーのTシャツ 黒髪で黒いあごひげ 口ひげ髭は整っている 眉は一般より太い 視線は後ろを見るか見ないかの範囲 歯を見せて笑っている 左側にやや口角が上がっている 目は少し開き気味 髪は短いが一部立っていてスタイリングされているように見える 特に耳飾りなどは無し 皮膚はやや白め…」

 

(ラク: …これは…!)

 

トクコ:「(早口で)女性は…身長は165センチ前後 黄色いTシャツ黒のボブヘア 真ん中分け前髪は眉にかかるくらい 眼鏡をかけていて黒い淵に透明のフレームレンズ 髪の具合からやや左下に顔が傾いているか 眼の色素が薄めで黄色がかっている 視線は男性に向けられている 前髪は眉にかかるほどの長さ 眉はやや外側が下がり気味 耳は髪に隠れていて耳飾りやピアスは無し 口元は笑っていない 肌の色は白い」

 

ラク:「………!!」

 

トクコ:「…ふーーーー…

 

 

…まずは第一段階の『観察』は、

これくらいにして…

 

本来であれば、

もっと時間をかけるべきですけどね。

 

私は『観察』を

常人の約5分の1のスピードで行えます。

 

つまり、普通の人なら5秒かかる観察を、

私は1秒でできます。

もちろん、より時間をかければ、

より多くの情報が入ります。

 

…ここからは、第二段階の…」

 

トクコ:しまった!)

 

 

(ラク:

この技法は…想像以上だ!

 

…観察だけじゃない!

常人にも出来なくはないが、

訓練が必要だ…

そもそも限りある注意力を、

ここまで1点に集中することは難しい。

 

脳の前頭前皮質における処理能力を使い、

細部、関係性、パターン…

普通なら理解するのに、もっと時間が必要だ。

 

ましてや、現代人は

スマホやタブレットなどの影響で、

ひどく注意力が散漫になっている。

 

何より驚きなのが…

あれだけ高速で情報を処理したにも関わらず…

 

バイアスがほとんどかかっていない。

普通なら、

「きれい」「気持ち悪い」「変」「良い」など、

もう少し主観的な表現が入りそうだ。

 

「知らない人間」を対象にしているから…?

 

あるいは脳が処理した内容を『伝える』際に、

主観的表現を意図的に

抑制して伝えている…?

イスパイアル…

古い英語表現で『観察』の意味か。

 

トクコ:「あ、あの…」

 

(トクコ:

あー…

やってもーた…

 

何をマジメにやってるんやろ、私は。

めっちゃ何か考えてはる…)

 

 

ツトム「…あれ?ラクさん?」

 

 

(トクコ: …おっとぉ…?)