ラク:「おはようございます」

マナミ:「おはようございます」

ツトム:「先ほどはどうもありがとうございました。

…そちらの女性は?」

 

ラク:「え?…あぁ。昨日から入社した…」

トクコ:「あ、トクコといいます。どうぞ宜しくお願いします」

 

ツトム:「そうなんですね!

こちらこそ、宜しくお願いします。ツトムと言います。」

 

マナミ:「私はマナミと言います。

どうぞよろしくお願いします。」

 

トクコ:「…………」

(トクコ: …こうやって挨拶すると、

ちょっと我に返るなぁ…

 

ホントに何をやってるんや、私は。

 

観察をしたところで、

前の職場ではうまく行かへんかった…

 

周りのみんなのことを考えて、

どう接すればいいか悩んで…

 

でも…人の気持ちや考えは、

ある程度分かっても、

そのうち、ただただ鬱陶しくなった。

 

観察をして分かることは、

ネガティブなことばかりやったから。

 

結局他人のことなんて

気づいても無視する方が、

自分にとってはラクなんやろなって…

そう思い始めてたのに…)

 

 

???:「おやぁ!皆さん、おそろいで!

…なんかあったんスか?

ボクも混ぜてくださいよ!」

 

マナミ:「ケンジさん…

ちょっと遅刻じゃないですか?」

 

ケンジ:「ハハハ!

ま…まぁまぁ、マナミさん。」

 

ツトム:「まぁ、次から気を付けてってことで」

 

マナミ:「…それはラクさんが決めることです」

 

ラク:「明日からは…期待してますからね」

ケンジ:「了解です!」

 

マナミ:「……ヤレヤレ…」

 

ケンジ:「…って、あれ?

そちらの女性は…?」

 

ラク:「また後でご紹介しましょう。

まずは皆さん、会議室に行きましょうか。

…トクコさん、すみませんが隣の部屋で、

少し待機していただけますか?

すぐに行きますので」

 

トクコ:「あ、分かりました。

 

 

(なんかもう、

ぐったり疲れたぁ…

転職もラクやないなぁ…

はーちゃん、ヘルプ…)

 

ラク:「あ、トクコさん」

 

トクコ:「はい?」

 

ラク:「大丈夫。

一緒に考えましょう。

 

トクコ:「え…?」