決断のカタはこの4つで大丈夫。時間と労力を節約!

こんにちは!ラクです。

「あー…もう…またこれ自分が決めないといけないんだろな…イライラするなぁ」

…そんな風に思うことはありませんでしょうか?

Tokuko (why)
Tokuko (why)
これは…あるなぁ…ほんでまた、色々考えないといけなかったりするし…
そうですね。「何を考えなきゃいけないのかも分からない」ということも、時々あります
Raku
Raku

単純に「勇気が無いから」とか「責任を負いたくないから」とか…実はそういう問題だけではありません。

ある意味「カンペキな答えを出さないといけない」と思ってしまっているのかも知れません…

でも仕事の多くの場面では、カンペキな答えなんて無いことの方が多いです。

(だからこそ、悩むんですけどね)

 

そんなカンペキな答えが無い中で大事なのは、大きな方向性を決めること!

そうすることで、ぼんやりと進む先が見えてきます。

方向性さえ大きく間違わなければ、大きな失敗をすることもありません…

この考え方があれば、気持ちがラクになります!

こんなとき、どうする?

ケーススタディ
顧客に届けた商品に欠陥があり、顧客の方で数百万の損害が生じてしまった。約款では全額払わなくていいが、会社として全額補償すべきか分からない…

 

ちょっと難しいというか、イヤなケースですよね…(笑)

「本来であればそこまでしなくていいはずだけど、お客さんとの関係上対応した方がいいのかな…」というケースは…やっぱりあるものです。

そしてここが悩んでしまう理由で、「具体的な解決のシナリオ」を描いてしまいがち。

今、このお客さんとはこんな事情があって…とか、会社が大事な時期だから…とか、

そういうことを自分の中だけで悶々と考えがちになってしまいます。

そうなると、あれやこれやと考えすぎてしまい、決断がなかなかできない状況に陥ってしまいます。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…でもシナリオを描くのって大事じゃないん?
そうなんですが、まずゴールから考えてみるとスッキリします
Raku
Raku

結局、決断のストレスというのは「選択肢を多く考えすぎてしまうこと」が原因

実際には選択肢は本当は多くないかもしれないにも関わらず、あれもできるかも、これもできるかもと思い込みがちです。

そうやって…どんどん時間も労力も使って、疲れてしまう…さらにストレスが増えて悪循環…

だからこそ、ゴールから考えることが大事です。

決断の「カタ」

実際には仕事において何かを決断するとき、最終的に必ず行きつく最終的な判断のカタがあります。

問題が発生したとき…どれだけたくさん考えて時間をかけたとしても、結局はこのカタに実は落ち着きます。

それが以下の「4つのTのカタ」です!

Transfer (転任する)

Tolerate(耐える)

Terminate (絶つ)

Treat(対処する)

 

覚えやすいように、日本語でもうまく「T」で始まるように意訳してみました(笑)

まずはこの4つの類型のいずれかが取れないか、そこを柔軟に考えてみてください。

このように逆から考えるだけでも、選択肢が狭まるのでストレスが少なくなります。

オススメな方法として、この4つの選択肢を以下の2つの軸にして考えてみることです。

つまり、リスクの高さと、対処可能な度合いです。

図解すると以下のようになります。

すごくカンタンな例を出すと…

たとえば…リスクも高く、さらに対処可能度も低ければ、それはもう「諦める」しかないわけです。(左上の部分ですね)

よって、そんなときは、どうすれば上手く諦めたり、止めたり、お断りしたりするか…という選択肢が浮かびます。

このことが大きな方向性を決めるキッカケになります。

例が分かったところで、ひとつずつ見ていきましょう!

Transfer (転任する)

■対処可能度: 低

■リスクの高さ: 低

 

この方法がオススメなとき

■現時点でのリスクは低いが、自分達で対応するのも難しい

今、自分の持っている権限や、能力、マンパワーや時間などが、目的に対して不足している時など

(例:取引先の支払遅延について、会社として対応に行き詰った時に弁護士に代行を頼む…など)

 

Gaaan
Gaaan
て、転任って…?あんまり耳慣れないけど…
まぁシンプルに「他人に任せる」という風に捉えてもいいかなと思います
Raku
Raku

つまり、そのリスクを自分に代わって受けてくれる人は誰か…そこを考えてみることです。

「転任」する場合の例

■ 上司に相談してみる
■ 部下に任せる
■ 他の部署の適任者にお願いする
■ 派遣などを雇って対応する
■ その道のプロに任せる

 

Tolerate (耐える)

■対処可能度: 高

■リスクの高さ: 低

 

この方法がオススメなとき

■今の所そこまで影響は大きくなく、かつ対策についてももう少し様子を見たいといき

:取引先の支払遅延にがあっても、他の取引はちゃんと支払いしてくれているので様子見…など)

 

Tokuko
Tokuko
これは、あたし部下に言ってんで~「乗り越えろ!歯ぁ食いしばれ!」って
トクコさん、もう令和なのに昭和的な熱血っぷりですね…
Raku
Raku

「耐える」というとちょっと語弊があるかもしれませんが…どちらかというとまだ「静観」しておくような状況でしょうか。

つまり…まだ放っておいても、大きな問題は無いかな…とされている状態。

あるいは、今自分が何かせずとも、そのうち時間が経過すれば、解決の目途が立つもの…

しかし…時間の経過とともに、更に大きなリスクに転じないか…

その点については注意しておく必要があります。

Terminate(絶つ)

■対処可能度: 低

■リスクの高さ: 高

この方法がオススメなとき

■リスクを許容できず、直ちにリスク排除する必要があるとき

:取引先の支払遅延にがあって、それがどんどん嵩んでいっている)

 

このまま放っておくわけには行かない…というとき、単純にリスクを排除してしまう。

つまり、決断としては「やらない」「続けない」「引き受けない」など、リスクそのものから自分や自分の会社を遠ざけること。

シンプルなのですが、この決断は実はなかなか難しいことがあります。

例えば上述の「例」であるように、取引先に支払い遅延があり、それがどんどん遅延金額が溜まっていっている…

でもだからといって、即座に取引をストップしてしまうと、今後の商売上の関係に響いたりとか…

決断に迷ったときは、ぜひ以下のブログをご参照いただければと思います。

>[中上級者向け] モヤモヤ決断に迷ったらコレ!

Treat(対処する)

■対処可能度: 高

■リスクの高さ: 高

 

この方法がオススメなとき

■リスクが高い、あるいは高くなる危険性があるが、自力で対処することができる

(例:取引先の支払遅延にがあるが、こちらの買掛金と相殺できる)

 

これはある意味、最も正攻法ですね。自衛というか、対抗措置というか。

予め「リスクがこのレベルにきたらこの手段を取る」といったような計画を立てらえるのもメリットですね。

一方で、このTreatの手段を取るときには、ある程度自分に余裕があるので

「この手段がうまく行かなかった場合にはどうするか」

…という、代替案も考えておくことをオススメします。

 

まとめ

実際、どの方法がいいのかというのは、このカタに当てはめた後、より現状に合うように調整することが出来れば良いと思います。

例えば「リスクが高く、自分で対処可能」だからといって、必ずしも自分で対処しないといけないというわけではありません。

一方で…本当に危機が襲ってきているときは、取り得る手段はあまり多くない…

なので、瞬時の判断が必要… そんなときは是非この4つのT類型思い出してください!

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
分かりやすい!使ってみるわ
ファイトです!
Raku
Raku

 


今回はここまでです!

ご覧いただき、ありがとうございました!



Follow me!

決断のカタはこの4つで大丈夫。時間と労力を節約!” に対して3件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。