ウンザリする社内政治。ひろゆきに学ぶ「論破しない」コツ。

こんにちは!ラクです。

今回のブログは動画でもご覧いただけます!音声が流れますのでお気を付けください。

「あぁ~…社内政治が必要なのかなぁ…めんどくさいし、ウンザリするなぁ…」

…と思うこと、ありませんでしょうか…

 

例えば…現場は仕事量が多くて大変!

でも管理部門からは「成果を出せ」と言われる。

(仮にコトバにして言われなくても、そういう空気が伝わってくる)

そして…そんなとき、どう立ち回るのが正解なのか、誰も教えてくれない…

そんなとき…

ひろゆきさんの「論破力」が、社内政治に対して神がかった威力を発揮します!

 

「論破力

(朝日新書発行、ひろゆき著)

社内でよくある問題

私が体験した実例は以下のとおりです。

 

実践例
顧客からの注文件数が増加。自分の現場チームはてんてこまい。でも管理部門は「なぜ、さばけないのか、何とかしろ」と言う。

 

Raku
Raku
トクコさんなら、どうやって管理部門を説得します?
うーん…「現場が回ってません!注文全部取るのは無理です!」って言うかなぁ…
Tokuko (why)
Tokuko (why)
Raku
Raku
なるほど…それでは管理部門側は納得しないでしょうね…
えぇ!?なんで??
Gaaan
Gaaan

なぜ管理部門は理解しないのか…

それは、「見ているもの」が違うから。

以下の箱を見てみてください。

Aさん、Bさん、Cさんの3人が、この箱を見ているとします。

 

Aさんは「この箱は太陽のマークだ!」と強調している。

BさんとCさんは、そのことが理解できず、別のことを主張。

 

これと同じことが、社内でも起きています。

管理部門と現場が、この問題が「どう見えているか」…

まずはそこから理解することが大切です。

 

トクコさんのように、「自分の視点から見えているもの」だけを強調しすぎてしまうと、

相手の反感を買ってしまい、無駄な感情論になりかねません。

 

どう使う?ひろゆきさんの「論破力」

ひろゆきさんの本を読んでいる人はご存知かもですが、

大事なのは論破するテクニックではないそうです。

むしろ、論破することは、諸刃の剣」…だそうです!

これは社内政治にも同じことが言えます。大事なポイントは以下の3つです。

!ここがポイント
● 言い負かしてしまった「後のこと」を考える(p19)
● 意見を言わずに事実を言う (p20~)
● 当事者意識を持たずに判断する(p236)

 

ひとつずつ具体的に見ていきましょう。

◆言い負かした後のことを考える
社内では、たとえ「政治関係」があったとしても、「職場関係」は続きます。
「あなたとはもう話したくない」って思われることほど、怖いことはありません。

◆意見を言わず事実を言う
いくら職場関係が続くとは言え、言うべきことを言わないと、自分の立場が危うくなります。「ただただ相手に論破されない」ために、事実はきちんと伝えます。事実は相手に論破されようがありません。

◆当事者意識を持たずに判断する
「事実を言う」ことに似ていますが、異なる点は「自分に都合の良い事実ばかり集めすぎない」こと。しっかりと事実を言うためには、自分にとって不利な事実も考えることが大事です。

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
うーーむ…まさに「自分を守る」ことやなぁ…
そのとおりです。社内政治のコツは、論破するのではなく、論破され無いこと!
Raku
Raku

では、実践してみよう!

これまでの話を踏まえて、実例をもう一度見てみます。

実践例
顧客からの注文件数が増加。自分の現場チームはてんてこまい。でも管理部門は「なぜ、さばけないのか、何とかしろ」と言う。

 

次に、自分と相手の事実をまず把握してみます。

例えばこんな感じでしょうか…

●管理側の事実 = 今月のノルマを達成しないといけない。ノルマは前月比利益10%増。

●現場側の事実 = すべての注文をさばくのは無理。注文をさばくには人員の追加が2人分必要。

 

両方の事実が分かったところで、あることが見えてきませんか…?

そう… それは「2人の人員が追加されれば、ノルマ達成ができる」ということです。

また、お互いに「会社の利益を伸ばす」という「共通の目的」もあります。

もうここまでくれば、社内政治的にはOK

次に考えるべき課題は「2人の追加は、利益を生み出すことになるか?」という共通課題になるからです。

もし2人投入することで前月比利益10%増を達成するなら、「人、増やしてください」って数字を以て言える。

一方、逆に人件費がかさんで10%利益に貢献しないってことなら、「注文数、制限かけさせてください」って言える。

いずれも事実に基づいた意見であり、ここからは客観的な議論ができるはずです。

無駄な感情論を排除したうえで話をすることが出来るのが、何よりもいいですよね。

 

結論

社内政治はどう立ち回るのが正解か…

今後はシンプルにこの3つだけ抑えておきましょう!

まとめ
● 言い負かしてしまった「後のこと」を考える
● 意見を言わずに事実を言う
● 当事者意識を持たずに判断する

 

Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)
両方の事実ってのが、ポイントやな…
もし「相手の事実」が分からなければ、ストレートに聞けばいいですしね
Raku
Raku

今回は「マインドセット」に焦点を置きましたが‥‥

本書にはテクニカルな「論破力」も、もちろん掲載されています。

興味があったら読んでみてくださいね!

さらにオススメ

相手とイヤな話し合いをする際に避けたいのは、

自分が感情的になってしまうこと。

相手にあおられて、感情的になってしまうと、結局自分にとってもストレスです。

そこでオススメしたいのは「ミイダス」の「パーソナリティ診断」です。

無料で、しかもおよそ15分程度で、データに基づいた自己分析を行うことができます。

そもそも自分は上司に対してどのような振る舞いをしているのか…

あるいは自分のどういったところが強みで、相手に対抗できそうか…

自分のことを客観的に見て冷静になることができます。

私の診断をすごくカンタンにまとめると以下のようなものでした。

私のミイダス結果
全体:完璧主義で独裁的
長所:高い完成度と丁寧さ、繊細さ、正確さ、合理的な判断力が武器
短所:盲目的で全体が見えておらず、融通が利かないし人間関係がドライ
改善方法:内省を行い感情を管理し、他人の気持ちに配慮し、自然と繋がってみる

率直に言って、これは…

有料級な情報でした…

この診断方法では、データに照らし合わせて回答をはじき出してくれていて、

「無機質」に自分のことを分析してくれています(しかも無料)。

ミイダスのこの診断のおかげで、

「私の性格ってxxだったな…あ、だから今イヤな気分なんだな」

など、とても冷静に判断できるようになり、感情の処理に困らなくなりました。

╲以下画像をクリック!╱


ちなみに…クリックすると「転職者用だ!」と思ってドキっとするかもしれません。

しかし、そこは最初スルーして大丈夫!

まずは登録して、興味があればその際には転職情報も集め始めればいいので。

自分と向き合う…!

気になる所要時間と費用◆日本の人事部 HRアワード2019の部門別最優秀賞のコンピテンシー診断が無料で利用可能

オススメする理由
◆機械的に&客観的な自己診断ができる
◆転職情報もくれるので、さらに客観性が持てる
◆質問に答えるだけでいいので、登録に時間がかからない
◆転職別の年収データ(200万人以上)が利用できる
◆市場価値および「自分の個性診断」が含まれ、利用価値が高い

ミイダスについては、以下ブログでも実体験をご紹介しています!

他人に相談せずに、人間関係を15分で改善するコツ

╲以下画像をクリック!╱