上司だけが気づいてない!部下が反抗するたった1つの理由

こんにちは!ラクです。

「それって私の仕事なんですか?

なんで私がやるんですか?」

…などと部下に言われて、イラっと来ることありませんか?

特に優秀でデキる(と自分で思っている)部下ほど、このように食いかかってくることがあります。

 

しかし…

「誰がやる」と、白黒つくような仕事は、案外少なかったりします。

 

部下が効果的な提案や代案を出してきている場合はともかく、

ただ文句を言ってきている場合は、シンプルに交渉の余地なしです。

なぜなら、仕事を決めるのは上司だからです。

一方で…

部下は部下で、複雑なときがあります。

このブログを読んでいただくことで、そのフォローアップの仕方が分かるようになります!

ケーススタディ

ケーススタディ
顧客案件の対応を部下にお願いしようとしたら、「それ、ボクの仕事なんですか?」と言われた。そして拒否する理由や背景を延々と話された…

 

こういうときの部下の根本にある気持ちは、実はとてもシンプルです。

それは、上司は自分のことを分かってくれているのかという気持ちです。

仕事が面倒とか、やりたくないとか、それらは表面的です。

部下の状況として、以下のようなものが考えられます。

部下の状況として考えられるケース
  • 既に今の仕事でキャパオーバーだと感じている。
  • 新しく振られる仕事について、どう対応したらいいか分からない。
  • 自分が今やっている仕事との優先度が図れない
  • 単純に背景が分からない
  • 仕事以外の理由でモチベーション自体が下がっている。

 

つまり…

私のこういった状況、あなたは上司として分かっていますか?という気持ちが、

それ、ボクの仕事なんですか?」という言葉になっている可能性があります。

2つの不安…そして反抗

そのような状況で新しい仕事を抱えてしまうと、

自分の状況が脅かされるかも」と不安になります。

その不安とは、具体的には以下の2つを指します。

① 今の自分が否定されるかもしれない

② これからの自分が、対応できるか分からない

 

それぞれ例を挙げてみましょう。

① 今の自分が否定されるかも
  • 今やっている仕事に影響が出るのでは?
  • この仕事の背景を理解していないことをバカにされるのでは?
  • 自分の備えているスキルや経験では無理なのでは?

 

② 自分が対応できるか分からない
  • 残業が増えるのでは?
  • 成績を達成するのが大変なのでは?
  • 私生活への影響がでるのでは?

 

つまり、上司への反抗とは?

これらの「不安」が「恐怖」になります。

そういった恐怖に対しては、対応しなくてはなりません。

よって、「恐怖」が「反抗」という形で現れるわけです。

つまり…

不安から生まれた恐怖を取り除くために必死で抵抗する…

それが上司への反抗です。

こう聞くと、反抗してくること自体も、そこまでヘンではないことが分かります。

不安に感じる気持ちも、至極まっとうでしょう。

ただ、真面目で優秀な部下ほど、そういった「不安」を、

ストレートに表現することが苦手です。

上司としても気を付けないといけないのは、

部下が不安を表現できないような雰囲気を作りだしてしまっていないか…という点です。

失敗例

先ほどのケーススタディをもう一度見てみましょう。

ケーススタディ
顧客案件の対応を部下にお願いしようとしたら、「それ、ボクの仕事なんですか?」と言われた。そして拒否する理由や背景を延々と話された…

 

この場面で以下のように部下に伝えたとしたら、どうでしょうか?

NG例:「仕事なんだから、つべこべ言わずやってください!それでみんな、お給料もらってるんです!」

 

Gaaan
Gaaan
う…うーん…正論やけど…
「部下にとっての正論」では無いかもですね
Raku
Raku

部下はただイヤだから反抗しているというわけでは無いという可能性があります。

先ほどお伝えした、部下の抱える2つの不安を思い出してみましょう。

  • 今の自分が否定されるかもしれない
  • これからの自分が、対応できるか分からない

その気持ちを理解せず、「仕事なんだから、やれ」と押し付けてしまうと、相手は余計に反抗しますよね。

どうすればいい?

そこで、オススメはこの3つのステップ!

3つのステップ
① この仕事は「やるべきもの」と、まずはキッパリ伝える
② そのうえで「抱える不安」を代わりに言ってあげる
③ その「不安」を取り除く方法を、一緒に考える

 

部下の頭にあるのは、「今の自分が否定されるかもしれない」と「これからの自分が対応できるか分からない」の2点。

漠然とした不安があり、モヤモヤしているのも確かです。

そこで、こちらから「こういう不安があるよね」と代わりに言ってあげます。

そのうえで、一緒に考える姿勢も見せます。

以下のように返してみてはいかがでしょうか?

OK例:「この仕事はあなたにやっていただく仕事です。でも、確かに全部一気に引き受けると仕事が増えて大変ですよね…。段階的に始められればと思いますが、いかがでしょうか?まず始められそうなところって、どういうところでしょう?」

 

このように、相手にもどうすればこの仕事をできるようになるのか?を考えてもらいます。

そうすることで、当事者意識を持つようになるからです。

また、上司が部下に仕事を丸投げにしているわけではないという姿勢も伝わります。

自分を見る

実際に部下と対談するとき、すべてがうまくいくとは限りません。

むしろ、うまくいかないと思っておく方が良いでしょう。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

そうなったとき、実は拠り所になるのは自己認識です。

私は ミイダス という転職サイトを利用して、無料の「コンピテンシー診断」を受けました。

以下が結果内容です。

本紙には丁寧に説明文もあり、この結果から以下が分かります。

この表から読み取れることの例

  • 私はどうも人当たりとチームワークが弱いらしい。部下がピリピリするような態度を私の方で取っているかもしれない。
  • 私は問題解決力とオーガナイズ能力は強いらしい。キチンと筋道を立てれば、話し合いを有利に運べるかもしれない。

結局のところ、他人に目が行ってしまうがあまり、自分のことを知ることが疎かになっていたんです。

自分の好き嫌い、得手不得手、自分の立場、考え方…

自己理解があれば、困難な状況を切り抜け、難しい人をうまく扱うようにできるようになります。

自己認識によって、難局を切り抜ける

そのまさに実例とも言えるケースが、コンピテンシー診断の使用例13個と口コミを見ても同様に見受けられます。

心を知る

部下の方としても、どうせ自分が話したって…」という風に、

少しネガティブになることもありますよね。

現代社会の複雑さにより、心と体のバランスを崩し、ストレスを抱える人が増えています。

部下自身の心が安定しない場合も、多いでしょう。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

これは、私たちがどのように他者と関わるか、そして自分自身をどう理解しているかに大きく関わっています。

たとえばアドラー心理学では、「所属感」や「重要感」という概念が重要視されていますが、それを知ることで以下のようなアクションを取ることができます。

  • 個人的な課題を聞くことで、彼らが組織内での自分の位置づけや貢献をよりよく理解し、価値を感じられるようにする。
  • 部下の仕事に対する具体的なフィードバックを提供し、彼らの成果や努力を認識し、評価することで、彼らの「重要感」を高める。
  • チームミーティングや意思決定プロセスにおいて、すべてのメンバーの意見やアイデアを求めることで、彼らの「所属感」を高める。

このような考え方を身につけるには、≫【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座が役立ちます。

講座の特徴

  • オンライン講座なので、いつでも受講可
  • 期間は最大3か月間
  • 日本統合医学協会が監修する講座
  • 受講料50,000円のところ、Web申込だと19,800円!(2024年2月現在)

大切なのは、上司側もしっかりと学び、適切なマインドを持っていることですね。

心理学を学ぶ方法~Part 2~

心理学を学ぶのであれば「米国NLP協会認定NLP資格者」を目指すのもひとつです。

同資格者の排出数が国内No.1 であり、かつ受講生満足度も98%と非常に高いのは、ヒューマンアカデミーだそうです。

同じ「心理学」であってもコースは多岐にわたりますが、一例を以下に載せておきます。

  • 米国NLP協会™認定 NLPプラクティショナー講座 月々8,800円から
  • TA(交流分析)カウンセラー養成講座 月々3,000円から
  • マインドフルネス講座 月々3,400円から

でも…

普段忙しいし、お金もかかるし…

すぐに申し込むのは躊躇しますよね…

そういう人のため、まず無料デジタルパンフレットがあります。

申し込むと以下のようなメールがすぐに届いて、中身を見られるようになります。

 

私も申し込んだところ、以下のようなデジタルパンフレットがすぐに届きました。

内容はここには掲載できませんが、受講生が授業を受けている様子が楽しそうでした!

大人になってからの学び直しは、ちょっと学生気分を味わえそうでワクワクしそうです(笑)

(ちなみに、無料デジタルパンフレットや無料セミナーは以下から。)

ヒューマンアカデミー

やっぱりこうやって調べてみないと、分からないことも多いですね…!

まとめ

「それって私の仕事なんですか?」なんて部下に言われたら、カチンと来ますよね。

でも部下の方に、言葉を選ぶ余裕が無いのかもしれません。

そう捉えて、上司がキチンと部下に対応することで、

部下の不安は取り除かれて恐怖が消え、

恐怖が消えると、反抗も無くなります。

Tokuko
Tokuko
今できること、色々試してみてね!
結局は「不安」ってことですからね。いかにそこを取り除いてあげるかが、反抗を無くすカギです
Raku
Raku

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村