知らなきゃ損!部下が反抗的になるホントの理由と解決策

こんにちは!ラクです。

妙に部下が反抗的になってイライラしているのが伝わる…

話しかけにくいし、仕事も頼みづらい…

あぁ、もう面倒くさいなぁ…

 

そういう風に思うこと、ありますよね。

 

何故そんな風に部下が思ってしまうのか…

そのホントの理由と、話の方向性を念頭に置くだけで、驚くほどシンプルに問題を解決することができます!

 

よくあるケース

ケーススタディ
顧客の依頼を部下にお願いしようとしたら、「それ、ウチの会社の仕事なんですか?」と言われた。そして出来ない理由や背景を延々と話された…さて、どうしますか?

 

このような部下の心情、なかなか私は理解できませんでした。

会社から「やれ」と言われれば、理不尽でない限りは「やる」… そんな考えが当たり前だと思っていたからです。

 

Tokuko
Tokuko
あたしはどんなこともやるで!
ちなみにトクコさんの上司が、「君は来週から会計課だ!」って言われたらどうですか?
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
あ、あたしは数字はあかん!断固として抵抗する!

あら?(汗)
Raku
Raku

 

反抗とは、そもそも何か?

反抗されるとまず思うのが、「自分は部下に嫌われているのではないか」ということ。

「何か嫌われるようなこと、したかな…」と、ついつい思ってしまう。

でも…別にあなたのことを嫌っている訳では無いんです。

 

「反抗」というのは、平たく言うと「自分の存在が脅かされるとき」です。

自分の状況が危ないと思っているから、相手は反抗するんです。

 

つまり…上司であるあなたの存在が、部下自身の存在を脅かすと捉えられているということです。

Gaaan
Gaaan
えぇ!?じゃあやっぱり嫌われてるんちゃうん?
いえ。嫌っている訳ではありません。しかし部下自身も自分の気持ちをちゃんと分かっていない可能性があります。
Raku
Raku
Gaaan
Gaaan
??

 

大事な点は、存在を脅かすという点。

部下にとってみれば、これまでのやり方で会社組織の中で「生存」してきたにも関わらず、

新しい仕事を迫られたり、これまでの仕事のやり方を変えないといけなかったりすると、

変化を強いられる」ことになります。

 

変化を強いられることは、以下2つの不安を生み出します。

今までの自分が否定されるのではという不安

どういった労力が要るのかという不安

 

それぞれ例を挙げてみましょう。

自分が否定されるのではという不安
● 自分に本当にできるのか?
● 失敗したら迷惑をかけるのでは?
● できなければバカにされるのでは?

 

どういった労力が要るのかという不安
● 残業が増えるのでは…
● 成績を達成するのが大変なのでは…
● 私生活への影響がでるのでは…

 

これらの「不安」が「恐怖」になり、「恐怖」が「反抗」という形で現れるわけです。

つまり… 恐怖を取り除くために必死で抵抗する…それが上司への反抗です。

 

どうすればいい?

先ほどのケーススタディをもう一度見てみます。

ケーススタディ
顧客の依頼を部下にお願いしようとしたら、「それ、ウチの会社の仕事なんですか?」と言われた。そして出来ない理由や背景を延々と話された…さて、どうしますか?

 

この場面で以下のように部下に伝えたとしたら、どうでしょうか?

NG例:「仕事なんだから、つべこべ言わずやってください。それでみんな、お給料もらってるんです。」

 

Gaaan
Gaaan
う…うーん…正論やけど…
「部下にとっての正論」では無いかもですね
Raku
Raku

「めんどうくさいなぁ」という態度は表面的なもので、内心は「残業増えたら嫌だな」といった恐怖があります。

その気持ちを理解せず、「仕事なんだから、やれ」と押し付けてしまうと、相手は余計に反抗します。

こうなると余計面倒ですよね。

 

そこで、大事なポイントは3つ!

!ここがポイント
① 仕事は「やるべきもの」とキッパリ伝える
② 「不安」を代わりに言ってあげる
③ その「不安」を取り除く方法を、一緒に考える

 

部下は別に「ウチの会社の仕事かどうか」なんて気にしていません。

頭にあるのは、「①生き残れるか」と「②どういった労力がいるか」の、2点。

だからここは「やるべきもの」と、シンプルに伝えれば大丈夫です。(=ここで議論しない)

 

部下は漠然とした不安があり、モヤモヤしてるので、

こちらから「こういう不安があるよね」と代わりに言ってあげたうえで、さらに一緒に考える姿勢も見せます。

このように返してみてはいかがでしょうか?

OK例:「会社としてはお客さんに返す必要がありますね。でも全部一気に引き受けると仕事が増えて大変そうですよね。まずは部分的でもいいかと思いますが、何か思うことありますか?」

 

最後に「何か思うことありますか?」と聞くことには意味があります。

それは「ウチの会社の仕事かどうか?」という議論から頭を切り替えてもらうためです。

考える方向性を変えたうえで相手に考えさせると、意外と気持ちもすんなり切り替わります。

部下も内心は「結局やらなきゃいけない」ことは分かっているので、現実的な話をすることに利益を感じてくれるでしょう。

まとめ

大切なのは自分も部下も、一方的な意見の押し付け合いにならないようにすることです。

会社である以上、仕事をこなさないといけないのはお互い様。

そのうえで、どうすれば部下の不安を取り除くことができるか。

不安を取り除けば恐怖が消え、恐怖が消えると、反抗も無くなります。

Tokuko
Tokuko
シンプルやな!
結局は「不安」ってことですからね
Raku
Raku

今回はここまでです!

「仕事でラクしてトクしたいよね」…ってコンセプトでブログやってます。

ヒマがあれば、以下クリックして遊びに来てください。

Tokuko
Tokuko
ラクとトクコの応援は以下から!いつもありがとうございます!


管理職ランキング

買っちゃった本、おいしく売っちゃいたいなら…


 

そもそも本を読むのも面倒なら…


Follow me!