部下の「それって自分の仕事ですか?」の反抗に対処するコツ

こんにちは!ラクです。

妙に部下が反抗的になってイライラしているのが伝わる…

話しかけにくいし、仕事も頼みづらい…

あぁ、もう面倒くさいなぁ…

…と思うこと、ありませんか?

なぜそんな風に部下が思ってしまうのか…

その理由のメカニズムを知ることができれば、シンプルに問題を解決することができます!

 

よくあるケース

ケーススタディ
顧客の依頼を部下にお願いしようとしたら、「それ、ボクの仕事なんですか?」と言われた。そしてその理由や背景を延々と話された…

 

このような部下の心情は…まぁ分からなくはないですよね。

Tokuko
Tokuko
あたしはどんなこともやるで!
じゃあ「君は来週から会計課だ!」って言われたらどうですか?
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
あ、あたしは数字はあかん!断固として抵抗する!

あら?(汗)
Raku
Raku

 

反抗とは、そもそも何か?

反抗されるとちょっと思うのが、「自分のことを嫌っているのかな?」ということ。

でも…

別にあなたのことを嫌っている訳では無いんです。

では、なぜ反抗的な態度になってしまうのか…

それは、このような場合の「反抗」というのは、「自分の状況が脅かされるとき」だからです。

自分の状況が危ないと思っているから、相手は反抗するんです。

 

つまり…

上司であるあなたの存在が、

部下自身の状況を脅かすと捉えられている…ということです。

Gaaan
Gaaan
えぇ!?じゃあやっぱり嫌われてるんちゃうん?
いえ。嫌っている訳ではありません。しかし部下自身も自分の気持ちをちゃんと分かっていない可能性があります。
Raku
Raku
Gaaan
Gaaan
え??どういうこと??

 

大事な点は、状況を脅かすという点。

部下にとってみれば、これまでのやり方で仕事をやってこれたわけです。

そこで新しい仕事を迫られたり、これまでの仕事のやり方を変えないといけなかったりすると…

変化を強いられる」ことになります。

変化を強いられることは、以下2つの不安を生み出します。

今までの自分が否定されるかもしれない…

どれくらい労力が要るのか分からない…

 

それぞれ例を挙げてみましょう。

自分が否定されるのではという不安
● 自分に本当にできるのか?
● 失敗したら迷惑をかけるのでは?
● できなければバカにされるのでは?

 

どれくらい労力が要るのか分からないという不安
● 残業が増えるのでは…
● 成績を達成するのが大変なのでは…
● 私生活への影響がでるのでは…

 

これらの「不安」が「恐怖」になります。

そして、「恐怖」が「反抗」という形で現れるわけです。

つまり…

不安から生まれた恐怖を取り除くために必死で抵抗する…それが上司への反抗です。

どうすればいい?

先ほどのケーススタディをもう一度見てみます。

ケーススタディ
顧客の依頼を部下にお願いしようとしたら、「それ、ウチの会社の仕事なんですか?」と言われた。そして出来ない理由や背景を延々と話された…

 

この場面で以下のように部下に伝えたとしたら、どうでしょうか?

NG例:「仕事なんだから、つべこべ言わずやってください!それでみんな、お給料もらってるんです!」

 

Gaaan
Gaaan
う…うーん…正論やけど…
「部下にとっての正論」では無いかもですね
Raku
Raku

部下の反抗的な態度は表面的なもので、

内心は「残業増えたら嫌だな」と思っていたり、

仕事が変わって自分がついていけなかったら嫌だな」といった

不安から生まれた恐怖」が根幹にあります。

 

その気持ちを理解せず…

「仕事なんだから、やれ」と押し付けてしまうと、相手は余計に反抗します。

自分を守るために取っている反応なので、当たり前ですよね。

そこで、大事なポイントは3つ!

!ここがポイント
① 仕事は「やるべきもの」とまずはキッパリ伝える
② 「不安」を代わりに言ってあげる
③ その「不安」を取り除く方法を、一緒に考える

 

部下の頭にあるのは、「①自分がちゃんとできるか」と「②どういった仕事をする必要があるのか」の、2点。

部下は漠然とした不安があり、モヤモヤしているのも確かです。

そこで、こちらから「こういう不安があるよね」と代わりに言ってあげたうえで、さらに一緒に考える姿勢も見せます。

このように返してみてはいかがでしょうか?

OK例:「確かに依頼を全部一気に引き受けると仕事が増えて大変そうですよね…。まずは部分的に受けるという方向でもいいと思いますが、どう思いますか?」

 

このように、最後に「どう思いますか?」「どんなふうに感じますか?」と聞くことにはとても良い効果があります。

それは…どうすればこの仕事をできるようになるのか?」という議論へ、頭を切り替えてもらうことが出来るからです。

考える方向性を変えたうえで相手に考えさせると、意外と気持ちもすんなり切り替わります。

部下も内心は「結局仕事なんだから、やらなきゃいけない」ことは分かっているます。

現実的な話をすることに利益を感じてくれるでしょう。

まとめ

大切なのは…会社である以上、仕事をこなさないといけないのはお互い様。

そのうえで、どうすれば部下の不安を取り除くことができるか。

そこを考えることが大切です。

そうすうrことで、

不安を取り除かれて恐怖が消え、

恐怖が消えると、反抗も無くなります。

Tokuko
Tokuko
シンプルやな!
結局は「不安」ってことですからね
Raku
Raku

オススメのツール

相手と話しにくいことを話す際にできるだけ避けたいのは、

自分が感情的になってしまうこと。

相手にあおられて感情的になってしまうと、結局自分にとってもストレスです。

そこでオススメしたいのは「ミイダス」の「パーソナリティ診断」です。

無料で、しかもおよそ15分程度で、データに基づいた自己分析を行うことができます。

そもそも自分は相手に対してどのような振る舞いをしているのか…

あるいは自分のどういったところが強みで、優位に立てそうか…

自分のことを客観的に見て冷静になることができます。

私の診断をすごくカンタンにまとめると以下のようなものでした。

私のミイダス結果
全体:完璧主義で独裁的
長所:高い完成度と丁寧さ、繊細さ、正確さ、合理的な判断力が武器
短所:盲目的で全体が見えておらず、融通が利かないし人間関係がドライ
改善方法:内省を行い感情を管理し、他人の気持ちに配慮し、自然と繋がってみる

率直に言って、これは…

有料級な情報でした…

この診断方法では、データに照らし合わせて回答をはじき出してくれていて、

「無機質」に自分のことを分析してくれています(しかも無料)。

ミイダスのこの診断のおかげで、

「私の性格ってxxだったな…あ、だから今イヤな気分なんだな」

など、とても冷静に判断できるようになり、感情の処理に困らなくなりました。

╲以下画像をクリック!╱


ちなみに…クリックすると「転職者用だ!」と思ってドキっとするかもしれません。

しかし、そこは最初スルーして大丈夫!

まずは登録して、興味があればその際には転職情報も集め始めればいいので。

自分と向き合う…!

気になる所要時間と費用◆日本の人事部 HRアワード2019の部門別最優秀賞のコンピテンシー診断が無料で利用可能

オススメする理由
◆機械的に&客観的な自己診断ができる
◆転職情報もくれるので、さらに客観性が持てる
◆質問に答えるだけでいいので、登録に時間がかからない
◆転職別の年収データ(200万人以上)が利用できる
◆市場価値および「自分の個性診断」が含まれ、利用価値が高い

ミイダスについては、以下ブログでも実体験をご紹介しています!

他人に相談せずに、人間関係を15分で改善するスキル

╲以下画像をクリック!╱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。