台風時のマネジメントの基礎を知ってトクする!

こんにちは!ラクです。

今回は…台風時のマネジメントの基礎を知ってトクする!…です。

Gaaan
Gaaan
な…なんか今年台風多くない…?
まぁ何か毎年そういう声を聴きますよね…特に関西のオバサマ達から…
Raku
Raku
Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
誰が関西のオバサマやねん!

 

こういった災害の時の対応こそ・・・

結構管理者の真価が問われます(笑)

 

まず考えるべきこと

まず最初に考えるべきは…

 

仕事のこと!

 

・・・

 

・・・ではありません!

 

・・・

 

考えるべきは・・・

 

従業員の安全

 

これはもう絶対。

 

そのために前もって何をしておくべきか、

実際の台風時に従業員のために何ができるか・・・

 

そのうえで、対外的な情報開示や顧客への対応といった

通常業務に戻すためのアクションを考えていきます。

 

緊急連絡先の把握(前日まで)

 

まず、大事なことは・・・

緊急時の自分のチームの連絡先はちゃんと知っておくこと!

 

私の部署ではWhatsAppというアプリを使用しています。

https://www.whatsapp.com/?lang=ja

海外でも使用されているアプリで、

外国人従業員もいる場合、こちらの方がラインよりも

馴染みやすいかもしれません。

 

ちなみに私の部署では、当初ラインを連絡手段にしようとしたのですが・・・

いくつか反対意見が出ました・・・

 

主に若手から・・・(笑)

 

背景として、どうもラインはプライベートで使用しているもので・・・

ハンドルネーム(?)にニックネームっぽいものを使っていたり、

写真がちょっと会社の人に見られたくなかったり・・・とか(?)

 

逆にそこまで言われると気になりますが(笑)

 

まぁ深く追及はしませんでした。

 

別にWhatsAppでも全く問題ないので、

同じような状況でラインを使えない方は、WhatsAppがオススメ。

 

いずれにしても、緊急連絡先は把握しておくことが大切ですね。

 

パソコンの持ち帰り(前日まで)

 

これは会社によるでしょうね・・・

 

私の会社では、各自それぞれノートパソコンが割り当てられています。

なので、台風の影響を受けそうな前日には、必ず従業員に持って帰るように促しています。

 

ラクの失敗談
以前、本当にパソコンを持って帰らせるべきか悩み、部下の判断に委ねたケースがありました。しかし結局以て帰らない従業員がいて、台風で出勤できず、その部下だけ働けないという状況に… 会社が許可できるようであれば、必ず持って帰ってもらった方が良いです。

 

まぁ人によっては…

じゃあ通信費を会社が負担してくれるんですか」とか

そんな風に言ってくる人もいますが。

 

そこは人事や上司などとご相談ください・・・

(ちなみに私の会社では、「請求して良い」ということにしましたが)

 

出勤の必要性

 

当日は・・・

 

そもそも無理に出勤しないように

 

…ということを私は前もって部下に言っています。

 

パソコンを持って帰れるなら、なおさら。

自宅勤務すればいいんです。

 

例えば鉄道会社によっては、台風時には

計画運休」なんてこともしています。

 

・・・が・・・

 

それでもなぜか・・・

 

皆さん、駅に集まる!

そして出社しようとする・・・

 

 

きっとどんな状況でも・・・

会社に行かないといけないご事情はおありになるのでしょうけれど…

 

ただ、無理して電車に乗って、何時間もかけて会社に着いて・・・

それだけでもうヘトヘトですよね。

 

疲れるだけならまだしも、何時間も満員電車に乗っているのは

健康上も危険なのではと思ってしまいます・・・

 

当日の安否確認(実例)

実際には私は以下のような文面で部下に通達しました。

<台風前夜の連絡>

先ほどのニュースで、JR全線が明日午前8時まで運転を見合わせる旨の発表がありました。
普段利用されている電車の運休情報などを随時確認しておいてください。
明日は無理して出勤することは避け、安全を優先してください。
自宅勤務になりそうかどうかは、明朝また確認させてください。

 

<台風当日の連絡>

おはようございます。台風の影響で私が利用している電車も本日運転を見合わせているため、私は本日自宅勤務します。すみませんが皆様のご予定もお知らせいただけますか?安全を優先するためにも、自宅勤務が可能であればそちらを推奨します。くれぐれも無理はしないでください。

 

もちろんその他にも会社によって・・・あるいは状況によって、

伝えないといけないことや確認しないといけないことは異なると思います。

 

Tokuko (why)
Tokuko (why)
ただ、まずはチームの安否を確認することが大事やんね…
はい。なので、なるべく手短に・・・
Raku
Raku

従業員の安否が確認できたら・・・

その後は、自分の会社の状況について、顧客や関係者など対外的な情報開示も忘れずに…!

 


今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

◆部下にラクに将来像を描かせる
◆マネジメントにとって最も大事なことは!?(その1)
◆マネジメントにとって最も大事なことは!?(その2)
◆「失敗シミュレーター」を使って、気の重い予定をラクに!
◆社内接待をラクにする
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です