仕事を振られない状況はラッキーではなくリスキー!原因と対策

こんにちは!ラクです。

「あーその仕事、私がやっとくからいいよ」

…と先輩や上司に言われ、なかなか自分に仕事が振られない…

そんな経験はありませんでしょうか…?

Gaaan
Gaaan
な、なんかそういう人、確かにいるなぁ…
ラッキー!って思いがちなんですが、上司や先輩がそんな感じだと少し危険なんですよね…
Raku
Raku

 

結論から言うと、この状況は100%上司の責任と言えます。

仕事は一人だけで処理できないから、チームがあるんです。

そしてチームがあるのに、部下に仕事を振らない…

それは「上司」としての仕事ができていないと言えます。

私の14年間のマネジメントの体験と失敗から、この状況の分析と解決方法をお話します!

Yahoo知恵袋ベストアンサー

Yahoo知恵袋でのご相談について、このブログの内容でお答えさせていただき…

ベストアンサーをいただきました!

 

詳しくは ≫こちら から

ケーススタディ(NG例)

まず職場の雰囲気をイメージするため、会話例を見てみましょう。

以下は上司のトクコさんと部下のマナコさんが話している様子です。

Manako
Manako
あ、トクコさん、例の顧客からの問い合わせなんですが…
あー!あれか、もうあたしがやったで。大丈夫!
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
あ、どうもありがとうございます。ちなみに明日の会計処理の件ですけど…
あー!あれか。ええよええよ。あたしやっとくから!
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
………はぁ。ありがとうございます……

なぜ仕事が振られないか

冒頭でも少し触れましたが、この状況は100%上司の責任と言えます。

その背景を知るために、「なぜ仕事が振られないか」について理由を考えてみましょう。

端的には、以下3つの理由が考えられます。

(A)上司があなたを信頼していない
(B)部下のあなたに気遣いすぎてしまっている
(C)上司が「自分でやった方が早い」と思う

 

実はこれら3つの状況すべてにおいて、「上司がラクをしたがっている」と言えます。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
「信頼してない」ことも、「気遣っている」ことも、上司がラクしてるって言えるん??
はい…実は、そうなんです…
Raku
Raku

「信頼していない」ことも「気遣っている」ことも、

なぜ上司がラクをしたがっていると言えるのか…

上司としての本来の責任は、部下に仕事をさせるべきであるにもかかわらず、

それを怠って、自分で仕事を処理してしまっているからです。

仕事が振られないという状況

部下としては、自分が信頼されていないのではと感じてしまいます。

そしてそれ以上に、「自分に仕事が振られない」ということは、仕事の評価が下がる可能性もあります。

「コイツ仕事してねぇな」と思われるかもしれない…ということです。

また、仕事が振られないということは、成長の機会も失っていることになります。

色々な仕事を適度にこなすからこそ、仕事ができるようになり、あなたが評価されるようになります。

そして、あなたが評価されることにより、またあなたに仕事が振られるようになります。

仕事がのっけから振られないということは、この循環が絶たれているということになります。

Gaaan
Gaaan
えぇー!なんかそれって、怖くない??っていうか、危なくない??
仕事を振られていないから仕事ができないのに、勝手に評価を悪くつけられる…確かに怖いし、危ないですよね
Raku
Raku

上司が「悪い」のか?

そもそも、上司の役割とは何でしょうか?

それは、チームを使って会社から求められている結果を出すことです。

個人で仕事を完結することを会社が望むのであれば、上司という役割でなくてもいいんです。

一方で…

その上司が「悪い」かというと、それは分かりません。

その上司があまりにも忙殺されていて部下に手が回らなかったり、

まずは他の経験を積ませようとしている意図があったりするかもしれません。

よって「上司の責任」ではありますが、「上司が悪い」という結論にすぐ飛びつくことは避けましょう。

仮に、部下の仕事の能力が低いと上司が考えているようであれば、

上司が本来行うべきことは、部下へのコーチングやトレーニングです。

そうやって、成長の機会を作ることです。

上司が自分でばかり仕事をしていまっているのであれば、

「上司が悪い」というよりは、「上司として未熟」

…ということは、言えるでしょう。

部下としては、どうすればいいか?

ここまでのことをまとめると、以下のようになります。

仕事を振られないことの背景と影響
  • 部下に仕事を振るのは、上司の責任。仕事を振らないのは、上司の未熟さゆえ。
  • 仕事が振られない状況が続くと、自分の評価が下がる可能性がある。
  • 短期的にはラクだが、中長期的なことを考えると自分の成長につながらない。

 

この状況は上司が作り出しているものです。

しかし、黙っていては自分の身が危うくなりかねません。

今のラクな状況に甘んじていたい気持ちも分かりますが、ちょっとここは勇気を出しましょう!

まずは以下のように、上司への声掛けからスタートしてみましょう。

★声のかけ方の例★
「もし良かったら、ポイントを教えていただければ自分がやりますが…」
「分かりました。では他に今私が何かできることはありませんか?」
「ではこちらの仕事の方は僕の方で対応しようと思いますが、いかがでしょうか?」

 

よほどヘンな上司でない限り、こういった声掛けは上司の立場からは嬉しいものです。

仮に部下のことを見下していたとしても、積極性はありがたいでしょう。

ケーススタディ(OK例)

では、もう一度トクコさんとマナコさんに話してもらいましょう!

Manako
Manako
あ、トクコさん、例の顧客からの問い合わせなんですが…
あー!あれか、うん、うん、やっとくからいいよ
Tokuko
Tokuko
Manako
Manako
あ、いえ、もし良ければポイントを教えてくださいませんか?私、対応しますので…
なるほど!じゃあ何から考えていこうか…
Tokuko
Tokuko

それでもうまくいかない場合…

もし、この方法でうまくいかなかったり、

あるいは上司が仕事を振らない理由を教えてくれない…

そんな状況が続くようであれば、声掛けの後で以下のようなメールも打ってみましょう。

「先ほどお話ししたように、今後何かあれば私の方で対応します。
必要に応じてアドバイスなどいただければ嬉しいです」

そしてそれを証拠として持っておき、その上司の上司や、信頼できる人事などに相談してみましょう。

★相談の例★
「上司の〇〇さんが、自分に全然仕事を振ってくれません。私の方から何度かお声がけして、自分に振ってくださいとお話ししているのですが…こういったメールも打っているのですが…」

口頭で上司とやり取りするだけではなく、メールのような形で記録に残すことが望ましいです。

負の経験こそ「バネ」に

「仕事が振られない」…そんな時期も、実は隠されたチャンスです。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

つまり…

仕事を振られない状況を、自己成長の機会に変える

それができれば、新たなスキルを身につけ、自らの価値を高めることができます!

キャリアアップのための資格取得や、就転職を目指す人のため、ヒューマンアカデミーという学校なら、800以上の講座を提供しています。

リスキリングにおすすめ

プログラミング / DXエンジニア
ITパスポート
OFFICE
CAD・BIM
WEBデザイナー
動画クリエイター
キャリアコンサルタント
心理カウンセラー
簿記検定講座2・3級
社労士
行政書士
MBAプログラム
(…他にも、まだまだ…)

もしも「そういえば、最近成長が止まってるな…」と少しでも思うのであれば、それはもしかしたら、1ステップ踏み込まないでいるからかもしれません。

でも、すぐに申し込むのも躊躇しますよね…

そういう人のため、まず無料デジタルパンフレットがあります。

申し込むと以下のようなメールがすぐに届いて、中身を見られるようになります。

 

私の場合は、心理カウンセラーに興味があったので申し込んだところ、以下のようなデジタルパンフレットが届きました。

内容はここには掲載できませんが、受講生が授業を受けている様子が楽しそうでした!

大人になってからの学び直しは、ちょっと学生気分を味わえそうでワクワクしそうです(笑)

(ちなみに、無料デジタルパンフレットや無料セミナーは以下から。)

ヒューマンアカデミー

自分の強さと弱さを知ろう

実際に上司と対談するとき、すべてがうまくいくとは限りません。

むしろ、うまくいかないと思っておく方が良いでしょう。

そうなったとき、結局頼れるのは自分だけです。

(ラクとトクコのいる職場~ストーリー編より)

私は ミイダス という転職サイトを利用して、無料の「コンピテンシー診断」を受けました。

以下が結果内容です。1枚のPDF形式で、データと数字で示してくれています。

本紙には丁寧に説明文もあり、この結果から以下が分かります。

この表から読み取れることの例

  • 私はどうも人当たりとチームワークが弱いらしい。上司がピリピリするような態度を私の方で取っているかもしれない。
  • 私は問題解決力とオーガナイズ能力は強いらしい。キチンと筋道を立てれば、話し合いを有利に運べるかもしれない。

結局のところ、他人に目が行ってしまうがあまり、自分のことを知ることが疎かになっていたんです。

自分の好き嫌い、得手不得手、自分の立場、考え方…

自己理解があれば、困難な状況を切り抜け、難しい人をうまく扱うようにできるようになります。

自己認識によって、難局を切り抜ける

そのまさに実例とも言えるケースが、コンピテンシー診断の使用例13個と口コミを見ても同様に見受けられたりします…!

Tokuko
Tokuko
ぜひ今できること、試してみてね!
頑張ってください!
Raku
Raku

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村