「仕事の頼み方」のカギは、「伝え方」じゃない理由

こんにちは!ラクです。

「どうやったら、気持ちよく仕事を引き受けてもらえるのかなぁ…」

…と思うこと、ありませんでしょうか…

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
せやなぁ…なんかお願いする方法とかも、イチイチ考えるのもメンドくさいしな…

そうなんですよね。気遣い過ぎて、結局何が言いたいのか伝わりにくくなったり…
Raku
Raku

ネットを検索すると、仕事の理由を伝えましょうとか、

指名の理由を伝えましょうとか…もっともらしいことが書いてあります。

しかし…

最も大事なことはあなた」と「あの人という、二人の間での合意形成であるということ。

「伝え方」といった「言葉」は、二の次なんです。

どうすればいいか?

なぜ「言葉」は二の次のなのかというと、

仕事をお願いするにあたって、大切になってくるのは、以下2つの要素だからです。

①あなたへの信頼度
②当人の仕事意識の高さ(責任感や主体性など)

 

逆に言えば、いくら「お願いの仕方」がウマくとも、これらを無視していると意味がありません。

むしろ薄っぺらい言葉と捉えられる可能性があり、逆効果にもなり得ます。

この①あなたへの信頼度、と、②当人の仕事意識の高さ…の、二つの組み合わせをまとめると、

以下のように4つのタイプなります。成功率は、感覚的な「うまく行く確率」ですなので、あくまでご参考まで。

(便宜上「部下」と書いていますが、「後輩」「同僚」などと読み換えていただいてもOK!

まずは何となくでもいいので、このタイプに分けてみましょう!

タイプA

部下自身の意識も高く、あなたへの信頼度も高い部下ですね。

(ここに当てはまる部下は、そもそも最も仕事を引き受けてくれやすいはずですが、念のため)

仕事をお願いするときは、部下の意識やあなたへの信頼度を考えるより、

その部下を応援するような形で、かつ簡潔に仕事を伝えてあげるといいです。

:xx月○○日までに顧客先にこの商品を紹介する資料を作ってください。相談事あったら、いつでも言ってくださいね。

 

タイプB

部下自身の意識は高いけど、あなたへの信頼度は低い部下です。

ちょっと残念ですが…信頼は中長期的な時間をかけて熟成していくこともあるので、仕方ありません。

「距離感」としては、相手に距離感を取らせるようなイメージでいいと思います。

:○○さんにこの商品を紹介する資料を作っていただきたいのですが、ご協力お願いできますか?自分の方ではxxxの部分を担当しますが、いかがでしょうか?

そもそも「あなたのことを信頼していない」ので、仕事を頼まれることすらイヤなんです。

「お前は何もしないのかよ」と思われるのを避けるためにも、「自分はここをやる」を強調しましょう。

意識は高いので、ちゃんと「自分もやる」を強調すれば従ってくれる確率は上がります。

タイプC

部下自身の意識は低いけど、あなたへの信頼度は高い部下です。

あなたへの信頼度が高いのは良いことですが、仕事自体への意識が低いことが問題です。

ここはタイプCとは逆に、自分が距離感を取るようなイメージでいいと思います。

一方、仕事の指示はクリアにする必要があります。

:○○さんにこの商品を紹介する資料を作っていただけますか?作り方はxxxを意識して、3ページ程度に。関係者は●●●さん達なので、事前に打ち合わせもしてくださいね。

「これはあなたの仕事だよ」という考えを強調し、やるべきことをクリアにしましょう。

タイプD

部下自身の意識が低いうえに、あなたへの信頼度も低い部下です。

ぶっちゃけ、この部下にはなるべく仕事を頼まない方がベターです。

別の問題が起こる危険性すらあるので、できることなら仕事を頼むことすら避けましょう。

「何を言ってもダメ」長期に改善しない部下の対処

 

ここまでのまとめ

もう一度こちらの図を見てください。

そもそも論になりますが…

中長期的に考えると、部下の「信頼度合」と、部下の「意識レベル」を高めることは、

将来的に自分の仕事をラクにしてくれることを意味します。

実はここが何よりも大事です。

しかし、意識についてはそうそう変わるものではありません…

Tokuko
Tokuko
うーん…私が部下やったらすぐやったげるのにな。
トクコさんが部下だったら、上司は怖がって仕事振らないんじゃ…
Raku
Raku
Tokuko
Tokuko
あん??
な、なんでもないです…
Raku
Raku

意識については以下ブログでも紹介していますので、良かったらご覧ください!

http://managerbeginner.com/people-development/

 

あなたの信頼を向上させるには?

ここまでは「自分以外の人の意識や認識を変え、動いてもらう」ことについてお話してきました。

しかし…

あなた自身に対する信頼を向上してもらう」ことも大事な点です。

そのためには、まず自分で自分のタイプを認識すること。

誰かを変えようと躍起になっていると、案外自分自身のことが見えづらくなっているものです。

意外と思われるかも知れませんが、

相手を変えたいと思うとき、自分のアプローチを変えることが

最もシンプルで効果が大きいです。

 

つまり、「そもそも自分はどういう思考のクセを持っているのか」を知れば、

当人へのアプローチはもっと良いものになります。

自分を客観的に知る方法

ひとつの方法は、ミイダスのパーソナリティ診断など無料のツールを使い、

自分自身をまず客観的に見てみることです。

ちなみに、私の診断をカンタンにまとめると以下のようなものでした。

私のミイダス結果
全体:完璧主義で独裁的
長所:高い完成度と丁寧さ、繊細さ、正確さ、合理的な判断力が武器
短所:盲目的で全体が見えておらず、融通が利かないし人間関係がドライ
改善方法:内省を行い感情を管理し、他人の気持ちに配慮し、自然と繋がってみる

これらはある意味…「思考のクセ」とも言えます。

相手との会話の最中「あ、全体が見えていないな」「あ、細部にこだわりすぎてるな」など…

自分自身の冷静な分析を会話中に行えるようになったことが、大きなメリットでした。

これは正直、かなり強いです。

╲以下をクリックして、早速使ってみよう!╱


ちなみにクリックするとあ、これ転職者用だ!」と思ってドキっとするかもしれません。

しかし、そこは最初スルーして大丈夫!

まずは登録してパーソナル診断のみ利用し、興味があればその際には転職情報も集め始めればOK。

なお、登録から自己診断の結果まで、15分あれば十分です。

(以下ブログでも実体験を詳しくご紹介しています。)

他人に相談せずに、人間関係を15分で改善するコツ

他人の信頼を得るためには、まず自分を知ることが不可欠です。

そのためには、必ずパーソナル診断を受けてくださいね!