トクコ:「はーちゃん、ただいまぁ」

植物のはーちゃん:「あ、トクコ、おかえりー」

トクコ:「あぁ、疲れた…」

植物のはーちゃん:「…初日だしね…」

 

トクコ:「まぁ、それもあるんやけど」

植物のはーちゃん:「…やっぱり色々見えすぎちゃって、疲れた??」

 

トクコ:「あーーー……

それで言うと、面白いものが見れたなぁ」

植物のはーちゃん:「…面白いもの?」

トクコ:「うん。朝ごはんカフェで食べてるときに、

なんか、子供が大人を叱っててん(笑)

 

植物のはーちゃん:「…は?

 

トクコ:「2人の男の人が仕事の話をしててんけど、

上司っぽい方がずっと怒っててさ…

でも驚いたことに、その子供が『いや、上司としての説明が悪い』って、

間から割って入ってん」

 

植物のはーちゃん:「…

トクコ:「あーーー… んで、

しかももっと驚いたことに、

今日人事と話してたら、

その人がなんかどうも私の次の上司っぽいわ…

奇縁やな…」

 

植物のはーちゃん:「…えええ??

じゃあ、トクコがリーダーになるとしたら…

 

…その子供が上司??

 

トクコ:「そうみたい。人事の人いわく、なんかワケありっぽい…

別に悪い人じゃないっぽいけど」

 

植物のはーちゃん:「…う、うーん… 子供が上司か…

 

で、トクコ、どうすんの?管理職、引き受けるの??」

 

トクコ:「………いや……どうしよかな…

どっちかって言うと、やっぱり断ろかなぁと思ってる。」

 

植物のはーちゃん:「……そう…か……

まぁ、そうだよね。

前の会社の人間関係、辛かったもんね」

 

トクコ:「………うん。

やっぱりあの時期のこと、思い出してしまって。

リーダーなんて、あぁいう人間の感情がまとまらないカンジを

何とかしていかないといけない仕事なんやろ?きっと」

植物のはーちゃん:「…そうだね…

 

…でもね、トクコ?」

 

トクコ:「……うん?」

 

植物のはーちゃん:「…そんなトクコだから、できることもあるかもね」

トクコ:「……え?」

 

植物のはーちゃん:「…そういう辛さや悲しみを知ってるトクコだからってこと。

それに、トクコの観察力は、よく知ってるしね…」

 

トクコ:「………………」

植物のはーちゃん:「……今はまだ、

もしかしたら少し早いのかもだけど…

ちょっとだけおせっかい。

 

…植物の枯れ葉は、いずれ落ちる。

それと同じように、過去も過ぎ去っていく」

 

トクコ:「………」

 

 

植物のはーちゃん「…で、その後で……

新しい葉が育つんだよね」

 

トクコ:「……せやな……

 

…ふー…

 

どうしたもんか。

 

とりあえず、一息つくか。

 

ちょお、キッチンいって紅茶入れるわ。

 

…はーちゃんも、飲む?

植物のはーちゃん:「枯れちゃうよ