(トクコなんやろう。この違和感は……

 

…分からへんな…

さすがにあの一瞬だけじゃ。

 

もうちょっと観察してみないことには…

でも…

昨日のカフェでの観察のように、

ざっくりしたものはともかく…

 

観察内容を「分析」するには、

もっと情報が要る。

あぁーー…

あと、人事への返答、どうしよ…)

 

 

???:「悩んでいるな…」

 

 

トクコ:「…え?」

 

 

???:「……無駄なことだ」

 

 

トクコ:「…無駄??」

 

トクコ:「

うぉ、

い、

え、

あ… 犬が… サングラス?」

 

???:「お嬢ちゃん、

なかなか斬新なリアクションだな。

…まぁいい。

 

しかし、やはりお嬢ちゃん、

ワシの言ってること、分かるのか?」

 

トクコ:「え……えぇ、まぁ…

ナイショにしてますが…

 

…分かります。

…動物の言ってること。

 

あと、植物も…」

 

???:「そうか…

なんとなく、そんな気がしたんだがな…

やっぱり、アンタか。」

 

 

トクコ:「…やっぱり…?アンタ?」

 

:「いや、気にしないでくれ。こっちの話だ。

…ワシの名は、バウじゃ。

見知りおけ…

かつてはこの辺りをシメてた、

伝統あるグループのリーダーだ…」

 

トクコ:「…シメてたって、…何…を??」

 

バウ:「そりゃあおめぇ、決まってんだろ…

この辺りの兄弟たちをだよ…」

 

トクコ:「あ、お、お兄さんなんだ

 

バウ:「ちげぇわ!

ワシはなぁ!

この辺りの族のヘッドだったんじゃ!

走り屋で名高い…

独愚風土』」っていうなぁ!

 

(トクコ…ドッグフードやん…)

 

バウ:「お嬢ちゃん、名前は?」

トクコ:「あ、トクコっていいます。」

 

バウ:「そうか… トクコか…

 

今時、

なんとなく古風だな」

 

トクコ:「…やかましいわ

トクコ:「で・・・

・・・

そのドッグフードのバウさんが、

何か私にご用でしょうか」

 

バウ:「独愚風土をカタカナにすなぁ!

犬のエサ売り歩いてるオジサンみたいになるだろが。

 

…まぁ、いい。

 

いや、悩んでるんだろう。

しかし、悩みなど不要だと言ってる」

 

トクコ:「なんでですか?」

 

バウ:「カンタンだ。

見ようとしていないからだ

 

トクコ:「…え…?」

 

バウ:「見ていないものが、見えるわけないだろ

 

トクコ:「………?」

 

バウ:「見ようとしていない。

見ていない。

それでいて、『見えない』と悩んでる。

…違うか…?」

 

 

トクコ:「……私が、見ようとしていない?」