(トクコ:な…なんか、すごい光景やったなぁ…

子供なのに堂々としてるというか。

ていうか、大人の2人組の方がずいぶん腰が引けてたな…

特別な子供なんやろか…

 

いずれにしても…

また無意識で、『観察』してもうたなぁ…

 

トクコ:「あ、確かオフィスはこの辺りかな…」

 

人事:「いやぁ~よく来てくれました!歓迎しますよ!」

トクコ:「どうもこんにちは!実際にお会いするの、初めてですね」

人事:「ずっとオンラインでしたからね(笑)」

トクコ:「そうですねー」

 

人事:「…さて、トクコさん、私たちはあなたが採用試験の際にお話になった

物事を良く観察し、注意力を向けることが得意』というスキルに、興味を持っていましてね。」

 

トクコ:「は、はぁ・・・」

人事: 「実は…以前少しお話させていただいたように、

ちょうどリーダーのポジションが空いているんです。

私たちはトクコさんが持つその観察力と注意力を活かして、

部署をリードしていただきたいと考えているんですよ。」

 

トクコ: 「え…… で、でも私はまだ新しい環境に馴染んでいなくて…」

 

人事: 「それがいいんです。新しい風を入れてくれる人が必要なんです。

トクコさんなら、経験を持たない分、新しいアイディアが出るのではないでしょうか。」

トクコ: 「で、でも、私、リーダーって……やったことがなくて…」

 

人事: 「そうですね。でも、管理職をやるときって、

みんなやったことが無い状態から始めるんです(笑)」

 

トクコ: 「……ちょ、ちょっと考えさせてもらえますか。

まずはその部署の方たちともお会いしたり、

この会社のことをもう少し知りたくて…」

 

人事: 「そうですね。分かりました。まだ少し時間はありますので、

ではゆっくり考えてみてください。

ちなみにあなたに色々教えてくれる上司の方は、ラクさんと言います。」

 

トクコ: 「え??あの…子供の方ですか!??」

 

人事: 「おや、もうお会いになられたのですか?」

 

トクコ: 「あ、いえ…そういうわけではないんですが…」

人事: 「そうですか。

少し彼には事情がありましてね…

まぁ、もしあなたがリーダー職に就くことになれば、

きっと彼と話をする機会もあるでしょう。

今日ぜひ家に帰って、ゆっくり考えてみてくださいね。」

 

トクコ: 「は…はぁ…すみません。ありがとうございます。」

 

(トクコ:はぁ…なんかまた、妙なことになったなぁ…

でもリーダーなんかやったら、きっとまた嫌な思いをする。

周りに迷惑もかけるし…

 

不安・不満・疲労…

孤独・挫折・無力感…

不公平感・緊張感…

 

たとえそれを周りが言葉にしなくても、

私はきっと過敏に感じてしまう。

職場なんて、こんなもんなんかなぁ…)

トクコ: 「………家に帰って、はーちゃんに相談してみるか…」