コーチングがラクになる4つの要素(GROWモデル)

こんにちは!ラクです。

今回は、コーチングの話です!

でもそもそも、

コーチングとは何でしょうか…?

 

Tokuko (Hmm)
Tokuko (Hmm)
うーん。なんか分からんことあったら、教えてあげること?
それは厳密には「ティーチング」ですね。コーチングは、こちらから質問することによって、相手に考えさせ、答えを本人に出させるためのサポートです
Raku
Raku

今回ご紹介するのは…

 

「GROWモデル」と呼ばれる手法。

 

コーチングを円滑に行う方法として、多くのグローバル企業に取り入れられています。

 

これは…

 

Goal

Reality

Option

Will

 

の頭文字を取ったものです。

 

つまり・・

Goalで、まず目的を明らかにする
Realityで、現実の状態を確認する
Optionで、選択肢を考える
Willで、これからの予定を立てる

…という順番で話をすることです。

これでコーチングが行いやすくなります。


 

Raku
Raku
ここから、コーチングのサンプルをお見せします
おぉ!楽しみやな!
Tokuko
Tokuko
Raku
Raku
今回は、「残業を減らす必要のある部下へのコーチング」です!

GROWモデルをどのように使うのか・・・

さっそく見ていきましょう!

 

あ、今回は、ラク(上司役)がトクコさん(部下役)をコーチングするという設定にしますね。

Goal(目的)

まず「Goal」の段階では…

その部下の目的を明らかにすることです。

 

質問例としては…

◆何を達成したいですか?
どういう変化があればいいですか?
最終的なゴールを目指すために、中間目標はどこでしょう?

 

今回の「残業を減らす」という題材について…

質問の幅を狭めた方が相手も答えやすそうですね。

なので、例えば…

Raku
Raku
残業を3割減らすため、あと3ヶ月で達成したいことは何ですか?
うーん…まずは自分が良く対応する案件の、簡素化でしょうか…
Tokuko (question)
Tokuko (question)

…という風に。

Reality(現実)

そして次に「Reality」の段階です。

この段階では、その人が現時点での実態を再確認したり…

状況の事実に気付いていることを確認します。

そうすることで、その方の思い込みや印象などといった、一方的な観点から距離を置いて客観的に見ることが出来ます。

コーチングの質問例としては…

現在既に何か行っていることはありますか?
目的を達成するため、何があればいいでしょう?
目的の達成には、どういった障害がありそうでしょうか?


先程の「Goal」(目的)の段階では…

部下は残業を削減する方法として「よくある案件の簡素化」を提案してきました。

 

これを踏まえて「Reality」(現実)の話をします。

Raku
Raku
なるほど。ちなみに簡素化については、今既に行われていることはありますか?
そうですね。私の場合は良く使う定型文をリストアップしています。
Tokuko (Kirari)
Tokuko (Kirari)

…という具合に。

Option(選択肢)

次に「Option」(選択肢)の段階です。

これを考える段階では、部下がより注意深く考えていくことを促します。

既に考えていたことだけではなく、他の方向性で考えられないかということも、質問を通じて考えられると良いです。

聞き方としては…

◆他に何か選択肢がありそうですか?
どうすれば今の状況を変えられそうですか?
◆あなたはどの選択肢が好みですか?
先程の「Reality」(現実)の確認で、既に部下が「定型文のリストアップをしている」ことが分かりました。
これを踏まえて「Option」(選択肢)の話をします。
Raku
Raku
他に何か選択肢はありそうですか?
ちょっとタイピングの練習をしてみようかなと思います
Tokuko
Tokuko

…というように。

Will (意欲)

最後に「Will」の段階です。

ここでは、計画通りにちゃんと行動を取れるような後押しをしてあげることです。

聞き方としては…

◆では、まず何から取り掛かりますか?
次のステップは何でしょう?
◆私の方でサポートできることはありますか?
…など。
先程の「Option」(選択肢)の話で、「タイピングの練習」の話が出てきました。
これを踏まえて「Will」(意欲)の話をします。
Raku
Raku
では、まず何から取り掛かりますか?
そうですね…まずは今のタイピングのスピードを測ってみようと思います。
Tokuko
Tokuko
このように…
本人が「残業の削減のために今は定型文のリストアップをして既に作業効率を図っており、これからはタイピングの練習を行うことでより効率を上げていく」と、過去⇒現在⇒未来…の筋のある流れをつかむことができます。

最後に…

繰り返しになりますが、

 

コーチングでは相手に話をさせることが大事です。

 

人間誰でも、誰かに指示されてやらされるのって嫌ですよね(笑)

 

だから、言わせるんです。

相手に。

今何をしたくて、どういう現状で、どんな選択肢があって、何をしていくのか。

 

ぜーーんぶ、言わせるんです。

 

でも、変な方向にはいかないように。

 

変な方向に行きそうになったら、そこもまた質問する。

例えば、

「それだとお客様に迷惑になりませんか?」
「そうすると、xxxさんは困りませんか?」
「それは現実的に可能そうでしょうか?」
「その方法だとどれくらい時間はかかりそうですか?」

…などなど。

「それはダメ。あれもダメ」って言うのではなく、

本人に「あ、それってダメそうだな」って気づいてもらえればベストです!

今回の話はここまでです!他の記事もぜひご覧ください!

◆自分の意見が通りやすくなる!英語会議での3つのコツ!
◆ラクに「会議を支配する」方法を知ってトクする!
◆お先真っ暗なときにチームを動かすコトバ
◆ファイル名ひとつで、チームに一体感を出せてトクする…!
◆したいことを必ず成し遂げるための強力なツール!
◆最新記事の一覧へ

このブログの読者の皆様へ

Tokuko
Tokuko
ご覧いただきありがとうございました!もしお役に立てたようでしたら、以下のクリックをお願いします!


管理職ランキング

》この記事へのコメントはこちらから!




1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です