「働かないオジサン」男性だけが標的になる理由と意外な背景

こんにちは!ラクです。

「働かないおじさんなんていう言葉があるけど…

いや、その気持ち分かるなぁ…」

…と思うこと、ありませんか?

Tokuko (shock)
Tokuko (shock)
えぇ!?働かないおじさんを糾弾するんじゃなく、逆に同情??
同情なんていうものではありませんが、世間で説明されていることに少し不足がある気はします(笑)
Raku
Raku

「働かないおじさん」問題は、現代の労働環境においてしばしば取り上げられます。

今回のブログでは、その「働かないおじさん」の意外な共通点について、お話ししていきます!

何が原因とされているのか?

巷で「働かないおじさん」について言われている原因について見てみましょう。

  • 成果と報酬が割に合っていない。
  • やりたい仕事ができない。
  • 時代の流れに追い付けない。
  • 能力と職種があっていない。

まぁ…そう言われてみれば、そうかなぁと思うものばかりですが…

合っているような、合っていないような、モヤモヤ感が拭えないんですよね。

その理由の一つとしては、別に若者だって同じなのでは?ということ。

「割に合わない」とか、「向いてない」とか、普通に思いますよね。

私自身も、別にそう言った気持ちは若いときからは変わっていません。

さらに言うなら、女性だって同じ気持ちを持っているはずです。

なぜ「おじさん」だけなのか?

「労働人口」というところで見た時に「おじさんが多いだけ」という可能性があります。

統計局ホームページの統計から「男女別割合」から、年齢階級別に計算してみました。

あくまでこのグラフから見れることですが、そこまで差はなさそうですね(笑)

統計局ホームページ/労働力調査年報 (stat.go.jp)

たとえば若者でも仕事への「やりがい」を失うことがあります。

新しい技術や知識に適応できても、経験やスキルが不足している場合などもそうですね。

女性も、家庭と仕事の両立に苦労したり、男性社会の不公平感は感じているでしょう。

それなのに…なぜ「おじさん」だけなのか…

いくつかの要因として考えられるのは以下です:

なぜ、「おじさん」だけなのか?

  • おじさんは「古い価値観」に固執するというイメージがある。
  • おじさんは、なんだかんだ会社の権力を握っていて、目立つ。
  • おじさんは、若者や女性を抑圧しているというイメージがある。
  • おじさんは、自分の都合を押し付けるというイメージがある。
  • おじさんは、自分の弱さや問題を認めないというイメージがある。
  • おじさんは、社会的な圧力から、弱さを認めづらいというイメージがある。

これが「正しいかどうか」という議論はさておき…

悪いイメージがかなり先行している気もしますね(笑)

「おじさんイメージ」の誕生

ハッキリ言って、「おじさん」への偏見が強いことが挙げられそうです(笑)

しかし、それもなんとなく納得してしまいますよね。

自分もその年齢に差し掛かっているので何となく分かりますが、

この「おじさんイメージ」の大きな原因と思われる2つをピックアップしました。

歴史的・社会的な背景
高度経済成長期からの社会構造の変化により、男性中心の社会が形成された。
男性は多くの責任を背負いつつもストレスやプレッシャーにさらされ、感情の抑制や他者とのつながりの欠如に繋がった。
そのため、「他人のことをあまり考えない」というイメージがついた。
世代間の価値観の変化
グローバル化やダイバーシティなどに伴い、最近は多様性や公正さを重視し、感情や意見を積極的に表現する。
一方で、中高年の男性は古い価値観にこだわり、世代間の価値観の違いが対立を生む原因となっている。
このため、「自分の都合を押し付ける」イメージがついた。

Tokuko (why)
Tokuko (why)
うーん…まぁ、なんかそういう背景も分かる気がするなぁ…
まぁ、だからといって働かないのは良くないんですけどね(笑)
Raku
Raku
Gaaan
Gaaan
厳しいな!

共通する1つの感情

世間で言われている「おじさん」のイメージと異なるところがあるとすれば、

それは「ストレスによる負担を避けるため」の共通した行動であるということが言えると思います。

おじさんの「ホント」

  • 古い価値観への執着は、新しいことを学ぶ負担を避けるため
  • 会社の権力に固執することで、余計な負担を避けられる
  • 若者や女性への抑圧は、他人を理解する負担を避ける
  • 自分の都合を押し付けるのも、負担を避けるため
  • 弱さや問題を認めないのも、負担を避けるため
Gaaan
Gaaan
えーー!なんか、究極のめんどくさがり屋なだけじゃない??
そうそう、そうなんだと思いますよ
Raku
Raku

おじさんとは?

寂しがりのめんどくさがり…?でも実のところ、ストレスやプレッシャーで疲れてる?

一方で、これも偏見や一般化しすぎていると言えます。

人によって異なるのは、若者や女性も同じのはずです。

ただ、こういったイメージに当てはまるなぁというオジサンがいたら、

その精神的な背景は「疲労や負担を避けるため」かも知れません。

おじさんのいいところ?

おじさんの使い方
  • 経験に基づいたアドバイスを頼られるのは好き。
  • 意外と無駄なお金は使わない趣味を持つ人も。遊びも学べるものがある。
  • 「答えのないケース」を知っていて、場を何とかしてくれる

ただ、この良いところも偏見で、人によって違いますね(笑)

「働かないおじさん」だけではなく、そもそも「おじさん」というカテゴリーには、様々な個性や事情を持つ人々が含まれています。

結局年齢を重ねれば、誰だって「おじさん」「おばさん」です。

今既におじさん&おばさんの人は、逆に「良い」とされている傾向のところを、ぜひ積極的に前面に出していけるといいのかなという気がします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村